トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 連休明けは 今季最強の寒波襲来

連休明けは 今季最強の寒波襲来

2017年1月6日 19時10分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

日曜日から月曜日に本州の南を低気圧が進むでしょう。この低気圧が進んだあと、今季最強の寒波が流れ込んできそうです。

◆3連休は所々で雨や雪

土曜日は晴れる所が多くなりますが、日曜日から月曜日にかけては本州の南を低気圧が進むでしょう。日曜日から月曜日の午前中にかけて天気の崩れる所が多くなりそうです。沖縄や九州から関東の平地では雨の降る所が多い見込みですが、関東甲信の山沿いや東北では雪の降る所がありそうです。最新の気象情報にご注意下さい。

◆来週は今季最強寒波が襲来

低気圧が進んだ後は、強い寒波が襲来するでしょう。日本付近は冬型の気圧配置が強まり、日本海側を中心に荒れた天気となりそうです。北海道や東北は大荒れの天気で、猛吹雪や大雪となる恐れがあります。

これまで北海道では札幌などでドカ雪となり、交通機関に大きな影響がでました。一方、東北の日本海側や北陸などではこの冬は平年に比べ雪の降る量が少なく、現在の積雪は平年の半分以下という所が多くなっています。

来週は強い寒波が比較的長く居座るため、東北の日本海側などでも雪の量が多くなる可能性があります。気象庁から東北の日本海側や長野県北部、群馬県北部、岐阜県の山間部に大雪に関する異常天候早期警戒情報もでています。来週の火曜日からの1週間は降雪量が平年よりかなり多くなる確率が30%以上と見込まれています。来週はこれまで雪の少なかった地域でも一気に雪の量が増える恐れがあり、注意が必要です。

晴れる太平洋側の地域も、来週は冷たい北風が吹きつけ、厳しい寒さが続きそうです。これまで比較的気温の高い日が多かった西日本でも、最高気温が一桁の値が続く所が多くなるでしょう。

来週は今季最強の冬将軍の到来で、日本海側は大雪、太平洋側も真冬の寒さに注意が必要です。

(2017年1月6日 19時10分)

最新の5件

北海道1か月の天気傾向

北海道1か月 冬将軍・下旬は一休み NEW!

12月14日 19時13分

14日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。12月中旬を中心に寒気の影響を受けるため、気温は平年より低いでしょう。12月中旬はまだ厳し...  [詳細を見る]

寒さと雪はどうなる? 1か月予報 NEW!

12月14日 18時43分

最新の1か月予報が発表されました。クリスマスなどイベントも多くなってきますが、引き続き、厳しい寒さや雪に注意が必要です。  [詳細を見る]
14日の星空指数(14日12時発表)

ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

12月14日 14時41分

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。月明かりの影響は少なく、観察しやすいでしょう。また、あす15日(金)の...  [詳細を見る]

週間天気 日曜日は再び寒波

12月14日 11時49分

寒波が17日(日)に再び襲来。日本海側は広く雪で、北陸から北では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。  [詳細を見る]

台風26号「カイタク」発生

12月14日 10時33分

14日午前9時、フィリピンの東で台風26号「カイタク」が発生しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

14日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ