トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 長引く雪や雨 週末は都心も雪の可能性

長引く雪や雨 週末は都心も雪の可能性

2016年1月28日 15時28分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士

30日(日)の予想天気図

30日(日)の予想天気図

週末は南岸低気圧の影響で、広く雪や雨に。今回は降る時間が長く、降る量が多いのが特徴です。関東の平野部は明日の降り始めは雨の所が多いですが、次第に雪に変わる可能性も。最新の情報をお伝えします。

今回の南岸低気圧の特徴

西から前線や低気圧が近づき、九州や中国地方など西日本では雨が降り始めています。

これから週末にかけて、低気圧が本州の南岸沿いを進み、広く天気が崩れるでしょう。
今回は、前線上を二つの低気圧が次々進むため、降る時間が長引く見込みです。
関東では明日の昼ごろから日曜日の午前中にかけて断続的に雪や雨が降るでしょう。
長く降るため、降る量が多くなる見込みです。

雪か? 雨か?

東海から西では、気温は高めで、平地では雨の所はほとんどでしょう。

今回、雨になるのか雪になるのか難しいのが首都圏です。
南岸低気圧による雪か雨かの予想は、低気圧の発達具合や進路、気温のちょっとした違いによって、大きく変わってきます。
まだ、雪か雨かの予想に幅のある状況です。
今のところの予想では、関東の平野部では明日の降り始めは雨の所が多いでしょう。
気温の下がる明日の夜からは内陸部を中心に雪に変わる所もある見込みです。
30日(土)から31日(日)の午前中にかけても雪や雨が続き、内陸部では積もる所もあるでしょう。
山間部では降り始めから雪が続く所が多く、大雪の恐れがあります。

東京都心周辺は、雪か雨かの境目で、さらに予想が難しくなっています。
都心も明日の降り始めは、(雪になるには)気温は高めで、雨で降りだすでしょう。
心配なのが、30日(土)と31日(日)です。
特に朝は都心でも気温が3度前後まで下がるため、30日(土)からは都心でも雪の降る可能性があります。
今回は、降る時間が長く、降水量が多いため、雪で降り続けば、積もる恐れもあります。

関東の雪か雨かの予想にはまだ幅がありますが、今回は降る量が多く、雪で降れば積雪となる可能性がありますので、最新の情報に注意が必要です。

(2016年1月28日 15時28分)

最新の5件

9年ぶりの観測!! 釧路で流氷初日 NEW!

3月23日 13時56分

釧路に、9年ぶりに流氷がやって来ました!!釧路での流氷初日は2008年以来のことです。  [詳細を見る]
      

週間天気 まだ冬服の出番あり

3月23日 11時39分

この先しばらく、春本番の陽気はない見込み。特に土曜日から月曜日、関東から西は曇りや雨でヒンヤリ。昼間の外出も、冬の上着が必要になりそう。  [詳細を見る]
            

23日の天気 北は雪 東と西も一部雨

3月23日 6時48分

23日は、北海道と東北は日本海側を中心に雪やふぶき。北陸は雨や雷雨。関東から西も雲が多めでスッキリせず、弱い雨の降る所も。  [詳細を見る]
今日の釧路市内の様子

北海道は春の大雪 今後の注意必要?

3月22日 20時53分

北海道は低気圧の通過に伴い、昨日(21日)の夜から今日(22日)にかけて雪が強まり、今日の午後6時までの24時間で釧路空港40センチ、十勝地...  [詳細を見る]

春本番の暖かさは、しばらくおあずけ

3月22日 19時27分

今日(22日)は太平洋側では広い範囲で晴れましたが、冷たい北寄りの風が強まりました。あす(23日)も北風の続く所があり、さらに今日より日差し...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 福嶋真理子
    • 福嶋真理子
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士 栃木県防災会議委員 酒々楽大使
    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士

今日の天気(全国)

23日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ