トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 広島で集中豪雨 局地的な大雨に警戒を

広島で集中豪雨 局地的な大雨に警戒を

2014年8月20日 16時44分

吉田 友海吉田 友海
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員

◆午前2時                ◆午前3時               ◆午前4時

◆午前2時                ◆午前3時               ◆午前4時

広島県で集中豪雨により、大規模な土砂災害が発生。広島市安佐北区三入では3時間で8月ひと月分の雨量の約1.5倍の雨が一気に降りました。今週末にかけても、日本付近は湿った空気の流れ込みが続くため、局地的な激しい雨に警戒が必要です。
広島県で集中豪雨が発生し、大規模な土砂災害が発生しました。

上の雨雲レーダーをご覧下さい。豪雨が発生した時間帯の雨雲の動きです。
活発なライン状の雨雲はゆっくり南下はしますが、動きはゆっくりで、
同じような位置にかかり続けている様子が分かります。

衛星の画像でも、山口県と広島県の県境付近で積乱雲(白く輝く雲)が発達し、
ゆっくりと南東へ進む様子が分かります。
午前3時30分には広島市安佐北区付近で約120ミリ、
安佐北区上原で114ミリの雨が降ったと見られ「記録的短時間大雨情報」がだされました。

下のグラフは広島市安佐北区三入の雨量です。
午前2時頃から急激に雨脚が強まり、午前4時頃にかけて猛烈な雨が続きました。
広島市安佐北区三入では午前4時半までの3時間雨量が217.5ミリに達しました。
たった3時間で8月ひと月分の雨量の約1.5倍の雨が一気に降ったことになります。
広島市安佐北区三入の雨量

広島市安佐北区三入の雨量

週末にかけても局地的な大雨に警戒を

今週末にかけても日本列島に湿った空気が流れ込みやすい状態が続き、
大気の不安定な状態続くでしょう。
どこでも、このような局地的な豪雨が起こる恐れがあります。
週末にかけて、局地的な大雨による土砂災害に警戒が必要です。

土砂災害から身を守るためには
①大雨が起こる前に、住んでいる場所が「土砂災害危険箇所」かどうか確認しましょう。
自治体からでているハザードマップなども事前に確認するようにしましょう。
②雨が降り出したら警報や注意報、土砂災害警戒情報に注意して下さい。
③土砂災害警戒情報が発表されたら早めに避難するようにしましょう。
④避難が困難になってしまった場合は、斜面からできるだけ離れた部屋に避難するようにして下さい。

(2014年8月20日 16時44分)

最新の5件

札幌の気温 1月下旬に記録的急降下 NEW!

1月21日 17時30分

今月の札幌は気温が高めで経過しており、1月上旬と中旬の平均最高気温はいずれも平年より高くなりました。 しかし、今日(21日)は午後3時までの...  [詳細を見る]

日曜は3月並み 月曜は冷蔵庫の中 NEW!

1月21日 16時46分

21日(日)は関東から西は晴れた所が多く、日中は3月並みの所が多くなりました。ただ、あすは全国的に雨や雪で、関東から西では10度を下回り一桁...  [詳細を見る]
週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影) 注:この写真は霜柱です

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ