トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 強い台風11号 各地の警戒期間は

吉田 友海吉田 友海
気象予報士

強い台風11号 各地の警戒期間は

   2014年8月7日 14時47分

台風11号の各地の警戒期間

台風11号の各地の警戒期間

台風11号は土曜日には西日本に近づき、日本付近を縦断の予想。今週末は広く影響がでて、先日、記録的な大雨となった四国で再び大雨の恐れ。各地の警戒期間をまとめました。

各地の警戒が必要な期間は?

強い台風11号は大東島を暴風域に巻き込みながら、北上中です。
台風11号は今夜、大東島にかなり接近し、明日(8日)は奄美地方に近づく見込みです。
土曜日(9日)以降は、西日本に近づき、その後、火曜日(12日)にかけて、日本付近を縦断の恐れがあります。

上の図の各地の警戒期間をご覧下さい。

【沖縄や奄美】
土曜日の朝にかけて、大荒れの天気が続く見込みです。
動きが遅いため、影響が長引く恐れがあります。
暴風や高波に警戒して下さい。

【九州~近畿】
台風接近前から台風周辺の湿った空気が流れ込み、活発な雨雲がかかる見込みです。
特に九州や四国では記録的な大雨となる恐れがあります。
風も強まり、荒れた天気となるでしょう。

【関東・東海・北陸】
日曜日から月曜日の午前中にかけて影響を受けて、まとまった雨となる恐れもあります。
沿岸部を中心に風も強まり、横なぐりの雨となることもあるでしょう。

【東北・北海道】
日曜日の午後から火曜日にかけて、影響を受ける恐れがあります。
前線の影響で大雨となったばかりですが、再びまとまった雨量となる恐れもあり、注意が必要です。

※台風が接近前の地域では早めの備えを行ってください。
帰省や旅行などで、移動の多い時期ですが、広く交通機関に影響を与える恐れもあります。
最新の台風情報に加えて、交通情報にもご注意下さい。

1300ミリ以上の雨量を記録した四国で 再び記録的大雨の恐れ

先日、四国では台風12号の湿った空気の流れ込みが続き、1300ミリを超す記録的な大雨となったばかりですが、今回も再び雨量が500ミリを越すような大雨となる恐れがあります。
ひと月に、ここまでの雨量となるのはめったにないことです。

これまでの大雨で地盤がゆるんでいる所に、再び大雨となり、土砂災害への危険がいっそう高まります。
自治体から出される避難情報に注意し、危険な斜面には近づかないようにして下さい。
台風11号の予想進路図

台風11号の予想進路図

(2014年8月7日 14時47分)

最新の5件

あす朝9時の予想天気図

5月最終日 東北・北海道で激しい雨

5月30日 19時35分

30日は秋田県内でひょうが降ったり激しい雨が降るなど局地的に不安定な天気となりました。5月は比較的安定した晴れが続いていましたが、最終日とな...  [詳細を見る]
最新の雨雲レーダーをチェック!

秋田県内でひょう 交通に影響も

5月30日 16時51分

東北北部で大気の状態がかなり不安定となっていて、秋田県内ではひょうが降り、東北道が一時チェーン規制となりました。午後4時50分現在は解除され...  [詳細を見る]

福岡 光化学スモッグ注意報発表

5月30日 16時34分

きょう(30日)午後3時30分、福岡県北九州市若松区に光化学スモッグ注意報が発表されました。福岡県ではことし初めてです。 九州北部は今夜はじ...  [詳細を見る]

日本気象協会発表 梅雨の天気傾向

5月30日 14時39分

日本気象協会は「2016年の梅雨時期の天気傾向」を発表。「梅雨入りや梅雨明けは?」、「雨は多い?少ない?」、「梅雨寒?蒸し暑い?」など、気に...  [詳細を見る]
関東地方の雨雲レーダー

東京 正午の気温17度台

5月30日 12時55分

東京は厚い雲に覆われて、風が冷たく上着が欲しくなるほどヒンヤリ。きょう正午の気温が17度3分。きのうの正午に比べると、8.7度も低くなってい...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

今日の天気(全国)

30日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ