トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風18号 気になる進路

台風18号 気になる進路

2014年10月1日 23時10分

中島 俊夫中島 俊夫
気象予報士

台風18号は今後も発達しながら北西へ進み、4日(土)には沖縄地方へ接近する可能性があります。その後は次第に進路を北よりに変え、来週の前半は本州に接近する恐れも。
台風18号は1日午後9時現在、マリアナ諸島にあって
1時間に25キロの速度で西へ進んでいます。

今後も海面水温の高い領域を進むため、
発達をしながら、北西に進む見込みです。

2日(木)から3日(金)には日本の南海上を進み、
4日(土)には非常に強い勢力で大東島地方へ接近する恐れがあります。

◆小笠原諸島と沖縄地方は荒れた天気に

2日(木)は小笠原諸島で次第に風が強まり、海上はしける見込みです。
強風と高波に注意してください。
大東島地方の沿岸の海域でも次第にうねりを伴って波が高まるでしょう。

3日(金)は大東島地方で風が強まり、海は大しけになる見込みです。

4日(土)には沖縄地方で雨や風が強まり、大荒れの天気になる恐れもあります。
海上や海岸付近では高波に対して警戒してください。
その後も影響を受ける可能性もあります。

◆本州への影響

西よりに進んでいた台風は5日(日)以降、
次第に北よりにコースを変える見込みです。

5日(日)は沖縄本島地方に接近し、
早ければ、九州南部に接近することも考えられます。

6日(月)以降は西日本や東日本に接近する恐れがあるでしょう。
まだ進路にはブレがあるため、今後も台風の動きには注意が必要です。

台風と前線

気になるのは台風の北上に伴い、
本州付近で前線が顕在化し、
活動が活発化する恐れがあることです。

5日(日)は西日本と東日本の太平洋側で、
6日(月)は九州から東北地方の広い範囲で雨が予想されています。(下図参照)
太平洋側の地域を中心に大雨になる可能性もあります。

最新の情報を今のうちからこまめにチェックして、
早め早めの対策を心掛けてください。

(2014年10月1日 23時10分)

最新の5件

強い台風5号に9号も 動き要注意 NEW!

7月26日 16時35分

強い台風5号は今後、西よりに進み、小笠原諸島へ接近。週末以降の進路は定まっておらず、本州付近への高波の影響が長引きそう。また、フィリピンの東...  [詳細を見る]

九州 秋にかけて高温傾向 NEW!

7月26日 15時30分

最新の長期予報によると、九州は8月から10月にかけて気温が高い傾向が続きます。8月は猛暑、そして秋の前半は残暑が厳しい見込みです。  [詳細を見る]
午後2時頃の札幌中心部の様子 撮影:北海道支社 田嶌 恵

これぞ北海道!カラッと暑い!

7月26日 14時37分

今日(26日)の道内は各地で晴れて青空が広がっています。午後1時までの最小湿度は札幌と函館で41%、帯広で28%、など、北海道らしいカラッと...  [詳細を見る]

都心は雨で涼しく お昼に25度以下

7月26日 14時11分

きょう(26日)は、山梨県甲府市で気温が35度を超えて猛暑日となった一方で、東京都心は25度を下回り涼しくなっています。  [詳細を見る]

台風9号ネサット発生 7月7個目

7月26日 13時48分

本日(26日)12時、フィリピンの東で台風9号「ネサット」が発生しました。今後、やや発達しながら北よりへ進む見込みです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

26日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ