トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風18号 気になる進路

中島 俊夫中島 俊夫
気象予報士

台風18号 気になる進路

   2014年10月1日 23時10分

台風18号は今後も発達しながら北西へ進み、4日(土)には沖縄地方へ接近する可能性があります。その後は次第に進路を北よりに変え、来週の前半は本州に接近する恐れも。
台風18号は1日午後9時現在、マリアナ諸島にあって
1時間に25キロの速度で西へ進んでいます。

今後も海面水温の高い領域を進むため、
発達をしながら、北西に進む見込みです。

2日(木)から3日(金)には日本の南海上を進み、
4日(土)には非常に強い勢力で大東島地方へ接近する恐れがあります。

◆小笠原諸島と沖縄地方は荒れた天気に

2日(木)は小笠原諸島で次第に風が強まり、海上はしける見込みです。
強風と高波に注意してください。
大東島地方の沿岸の海域でも次第にうねりを伴って波が高まるでしょう。

3日(金)は大東島地方で風が強まり、海は大しけになる見込みです。

4日(土)には沖縄地方で雨や風が強まり、大荒れの天気になる恐れもあります。
海上や海岸付近では高波に対して警戒してください。
その後も影響を受ける可能性もあります。

◆本州への影響

西よりに進んでいた台風は5日(日)以降、
次第に北よりにコースを変える見込みです。

5日(日)は沖縄本島地方に接近し、
早ければ、九州南部に接近することも考えられます。

6日(月)以降は西日本や東日本に接近する恐れがあるでしょう。
まだ進路にはブレがあるため、今後も台風の動きには注意が必要です。

台風と前線

気になるのは台風の北上に伴い、
本州付近で前線が顕在化し、
活動が活発化する恐れがあることです。

5日(日)は西日本と東日本の太平洋側で、
6日(月)は九州から東北地方の広い範囲で雨が予想されています。(下図参照)
太平洋側の地域を中心に大雨になる可能性もあります。

最新の情報を今のうちからこまめにチェックして、
早め早めの対策を心掛けてください。

(2014年10月1日 23時10分)

最新の5件

記録的短時間大雨情報発表 北海道 NEW!

7月31日 14時16分

31日、北海道帯広市付近では午後1時30分までの1時間に約90ミリの雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表されました。  [詳細を見る]
図をクリックすると豪雨レーダーへジャンプ!

都知事選の東京 局地的な雨に注意! NEW!

7月31日 11時37分

関東地方、鉛色の黒い雲が広がってきました。午後は局地的な雨や雷雨に注意が必要です。  [詳細を見る]
31日(日)の天気ポイント

天気急変 激しい雨に注意

7月31日 8時33分

31日は全国で大気の状態が不安定。晴れていても天気急変で激しい雨の恐れ。落雷の恐れ。突風の恐れ。1日は関東や東北南部で更に不安定。都心もザッ...  [詳細を見る]
宮城県気仙沼市

7月最終日 東北の夏空続かず曇りや雨

7月30日 21時9分

夏空はいったんお休みです。きょう30日は日差しの強さを感じられた東北も、あす31日は曇りや雨の天気となる見込みです。  [詳細を見る]
気になる今後の進路は?

台風4号「ニーダ」発生

7月30日 19時38分

30日18時、フィリピンの東で台風4号が発生しました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持
    • 持田 浩
    • 持田 浩
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士
    • 筒井幸雄
    • 筒井幸雄
    • [日本気象協会関西支社]気象予報士

今日の天気(全国)

31日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ