トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風18号 気になる進路

台風18号 気になる進路

2014年10月1日 23時10分

中島 俊夫中島 俊夫
気象予報士

台風18号は今後も発達しながら北西へ進み、4日(土)には沖縄地方へ接近する可能性があります。その後は次第に進路を北よりに変え、来週の前半は本州に接近する恐れも。
台風18号は1日午後9時現在、マリアナ諸島にあって
1時間に25キロの速度で西へ進んでいます。

今後も海面水温の高い領域を進むため、
発達をしながら、北西に進む見込みです。

2日(木)から3日(金)には日本の南海上を進み、
4日(土)には非常に強い勢力で大東島地方へ接近する恐れがあります。

◆小笠原諸島と沖縄地方は荒れた天気に

2日(木)は小笠原諸島で次第に風が強まり、海上はしける見込みです。
強風と高波に注意してください。
大東島地方の沿岸の海域でも次第にうねりを伴って波が高まるでしょう。

3日(金)は大東島地方で風が強まり、海は大しけになる見込みです。

4日(土)には沖縄地方で雨や風が強まり、大荒れの天気になる恐れもあります。
海上や海岸付近では高波に対して警戒してください。
その後も影響を受ける可能性もあります。

◆本州への影響

西よりに進んでいた台風は5日(日)以降、
次第に北よりにコースを変える見込みです。

5日(日)は沖縄本島地方に接近し、
早ければ、九州南部に接近することも考えられます。

6日(月)以降は西日本や東日本に接近する恐れがあるでしょう。
まだ進路にはブレがあるため、今後も台風の動きには注意が必要です。

台風と前線

気になるのは台風の北上に伴い、
本州付近で前線が顕在化し、
活動が活発化する恐れがあることです。

5日(日)は西日本と東日本の太平洋側で、
6日(月)は九州から東北地方の広い範囲で雨が予想されています。(下図参照)
太平洋側の地域を中心に大雨になる可能性もあります。

最新の情報を今のうちからこまめにチェックして、
早め早めの対策を心掛けてください。

(2014年10月1日 23時10分)

最新の5件

アラスカでM8.2の地震

1月23日 19時20分

23日18時32分ごろ、アラスカで規模の大きな地震がありました。  [詳細を見る]

一日で降雪100センチ 交通障害警戒

1月23日 18時44分

過去最強クラスの寒波が襲来。日本海側は広く雪で、大雪の恐れ。特に北陸地方では、たった1日で降雪が100センチに達する所も。その後もさらなるド...  [詳細を見る]

九州 あす(24日)は厳しい寒さ

1月23日 18時5分

九州は今夜からあす(24日)にかけて西高東低の冬型気圧配置が強まり、強い寒気が流れ込むでしょう。あすの九州各地の最高気温は福岡市1度、熊本市...  [詳細を見る]

宇宙から見た関東地方の大雪

1月23日 17時46分

22日、4年ぶりの大雪に見舞われた関東地方。銀世界となった関東地方の様子を衛星画像でとらえました。  [詳細を見る]

過去最強クラスの寒波襲来 酷寒週間に

1月23日 16時47分

あす24日(水)から日本列島に強烈な寒気が流れ込みます。過去最強クラスで、真冬でもあまりないような強烈な冷え込みや厳しい寒さとなる恐れがあり...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

23日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ