トップ > 日直予報士 > 小野聡子

  • 小野聡子
  • 小野聡子
  • [日本気象協会本社]気象予報士  熱中症予防指導員
  • 福島県伊達市(旧伊達町)出身。桃畑に囲まれて育ちました。
    大学卒業後、はとバスでバスガイドを務め、都内や関東近郊の観光案内をしていました。その後、NHK福島放送局へ。NHK福島放送局では、地域情報番組のキャスターとリポーターを務め、県内各地、自らカメラを持って取材に行くことも。構成や編集など制作全般も行っていました。2006年に気象予報士を取得。その後は子育ての傍ら、司会業を中心に、ブライダルプランナーや教材販売の営業などの仕事も経験。2016年に日本気象協会へ。

    趣味は落語と着物。
    アマチュア落語家として地元福島や都内近郊で活動中。(高座名:鹿鳴家おそら)
    語りや朗読の活動も行っています。
    現在、12歳、9歳、6歳の2男1女の、子育て真っ最中のママ気象予報士です。

小野聡子が書いた最新の記事(10件)

週間 春の暖かさ一時的 強い寒気再び

2018年2月14日 11時47分

あす15日は、関東から西では3月から4月並みの春の気温に。春がきたのかと思いきや、まだまだ油断はできません。週末以降、太平洋側に雨や雪を降らせる南岸低気圧や強い寒気が再びやってきます。日本海側では荒れた天気、太平洋側では雪への備えを。また気温の急な変化にもご注意ください。  [詳細を見る]

14日 バレンタインは気温上昇

2018年2月14日 6時35分

14日はバレンタイン。全国的にきのうよりも気温が上昇。チョコレートが溶けてしまうほどの気温ではありませんが、太平洋側では日差しが心地よく感じられて、ほっと一息できそう。一方、北海道と東北では夜にかけて雪や雨が強まる見込み。北陸など大雪になった所では、雪どけが進むため、雪崩や屋根からの落雪にご注意ください。  [詳細を見る]

週間 天気と気温の変化大きい

2018年2月13日 12時25分

この1週間は天気と気温の変化が大きくなりそうです。日本海側では雪がいったんおさまっても、再び雪が降るでしょう。太平洋側では雨や雪の日が繰り返しやってきそうです。気温の変化も大きく、暖かくなったと思ったら翌日は寒くなったり、また暖かくなったりと、体が追い付かないでしょう。体調管理にはご注意ください。  [詳細を見る]

13日 積雪一気に増加 大雪警戒続く

2018年2月13日 6時27分

13日は日本列島の上空に強い寒気が残ります。北陸周辺や東北の日本海側は大雪に警戒が必要です。そして、全国的に体にこたえる厳しい寒さが続くでしょう。  [詳細を見る]

週間 寒さから抜け出せるのはいつ?

2018年2月12日 11時41分

12日の最高気温は11日よりも大幅ダウン。13日も全国的に厳しい寒さに。関東など寒さが緩んだ土日から比べると、ぐっと寒さを感じるでしょう。本格的な春が待ち遠しい今日この頃。いつになったら寒さから抜け出せるのでしょうか。  [詳細を見る]

12日 北陸など 更なる大雪に警戒を

2018年2月12日 6時21分

12日、日本付近は気圧の谷や強い寒気の影響を受けるでしょう。先週の大雪の影響が残る北陸を中心に日本海側で大雪となるおそれがあります。交通への影響や屋根から落ちる雪、ナダレにお気をつけ下さい。また、太平洋側でも雪雲の流れ込む所があるでしょう。  [詳細を見る]

春はいつやってくる?1か月予報

2018年2月8日 18時40分

8日、宮古島ではヒカンザクラが満開に。そんな中、日本海側では大雪、晴れている太平洋側でも低温が続いています。立春を迎えても春の兆しはまだ見えず。この先1か月の天気と気温はどうなるでしょうか。  [詳細を見る]

三連休 気温差 天気の変化に要注意

2018年2月8日 15時36分

9日(金)は晴れる所が多いでしょう。三連休は前半と後半では気温と天気の変化が大きくなりそう。前半は気温が高めで全国的に雨ですが、後半は再び強い寒気が南下して日本海側を中心に雪となるでしょう。三連休は、お出かけ先の天気と気温の変化をあらかじめチェックして。  [詳細を見る]

週間 三連休は雨雪 気温上昇は一時的

2018年2月7日 11時33分

日本海側の雪は9日(金)にかけて次第に小康状態に。ただ、三連休は全国的に天気が崩れるでしょう。南からは暖気が入り、全国的に気温が上昇。しばらく最高気温が10度に届かなかった所でもようやく厳しい寒さから解放されそう。しかし、これも一時的。その後、厳しい寒さが戻るでしょう。  [詳細を見る]

7日 豪雪続く 交通障害に警戒

2018年2月7日 6時33分

7日も本州付近に強い寒気が居座ります。低気圧が北海道の東へ進み、日本付近は冬型の気圧配置が強まる見込みです。北陸を中心に大雪に厳重に警戒してください。北陸では記録的な大雪になっている所もあり、交通機関の乱れに警戒が必要です。  [詳細を見る]

最新の5件

月~火曜は「南岸低気圧」 雪の影響は

2月18日 19時8分

19日(月)~20日(火)、低気圧が本州の南岸を東へ進む見込み。太平洋側でも雪の降る所がありそう。20日(火)朝の通勤通学時は路面凍結に要注...

札幌の寒さ 5年ぶりの厳しさに

2月18日 18時16分

今日(18日)の北海道付近は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で気温が上がらず、午後3時までの最高気温は道内全地点が氷点下となっています。 札幌...

今週の天気 太平洋側も晴れは少ない

2月18日 15時8分

19日(月)から20日(火)は本州の南を低気圧が東へ進むため、九州から関東の太平洋側を中心に広く雨や雪。この先は太平洋側も雲の広がる日が多く...

各地で真冬の寒さ 北は猛吹雪

2月18日 7時38分

今日も北海道や東北、北陸は荒れた天気。その他は晴れるが空気は冷たい。きのうの日中寒さが和らいだ関東も、真冬並みに。

全国で極寒 猛吹雪・暴風・高波に警戒

2月17日 18時40分

18日(日)は強い冬型の気圧配置となり、北日本の上空に強烈な寒気が居座る。関東の上空にも寒気が流れ込み、全国の広い範囲で厳しい寒さ。北日本や...

今日の天気(全国)

19日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ

/