トップ > 日直予報士 > 記事概要 > この先の寒さは? 1か月予報

この先の寒さは? 1か月予報

2016年12月23日 13時34分

徳田 留美徳田 留美
[日本気象協会本社]気象予報士

12月は寒暖の変化が大きくなっていますが、この先はどうなるでしょうか?22日、気象庁より最新の1か月予報が発表されました。

北は厳しい寒さの日が多く、東・西も1月は次第に寒気南下

この先1か月は、北日本は気温の変化が大きくなる時期もありますが、厳しい寒さの日が多くなりそうです。関東など東日本はあす24日から各地で年末らしい寒さになるでしょう。年が明けるといったん寒さが少し緩みますが、中旬になるとグッと寒くなりそうです。西日本は寒気の南下が弱く、1月の上旬まで平年より暖かい日が多いでしょう。1月中旬ごろから強い寒気が入りやすく、真冬らしい寒さになりそうです。

降雪量は北日本の日本海側でほぼ平年並み。東・西日本の日本海側で平年並みか少ない予想です。

週別の天候

【1週目(12月24日~30日)】北日本には寒気が居座り、日本海側は雪の降る日が多いでしょう。特に北海道ではあす(24日)にかけてと、28日以降はまとまった雪になる所がありそうです。太平洋側は晴れる日が多い見込みです。東日本は、気温は平年並みの日が多く、極端に寒い日はなさそうです。西日本は平年並みか高くなる日もあるでしょう。ただ、日本海側は平年に比べ雪や雨の日が多く、太平洋側も晴れの日は少ないでしょう。

【2週目(12月31日~1月6日)】北日本の日本海側は雪の降る日が多く、厳しい寒さが続きそうです。太平洋側は晴れる日が多いでしょう。東・西日本は、気温は平年より高い傾向で、平年より日本海側の雪や雨の日は少ない見込みです。太平洋側は晴れの日が多いでしょう。

【3~4週目(1月7日~20日)】寒気が西日本まで南下しやすく、気温は全国的に真冬らしい寒さの日が多くなるでしょう。北日本の日本海側は雪の日が多く、東・西日本の日本海側も雪または雨の日が多いでしょう。太平洋側は晴れの日が多い見込みです。

(2016年12月23日 13時34分)

最新の5件

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か NEW!

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

冬将軍 週明けにまた襲来

1月21日 16時36分

22日(日)に低気圧や前線が日本列島を通過したあと、強い寒気が流れ込むでしょう。また冬の嵐になりそうです。  [詳細を見る]

関東 強い北風 都心19.8メートル

1月21日 16時9分

関東地方は北よりの風が強まっており、都心は午後1時過ぎに最大瞬間風速19.8メートルを観測しました。午後6時頃にかけて強い風に注意が必要です...  [詳細を見る]

長野周辺はドカ雪 群馬北部にも雪雲

1月21日 14時9分

長野県の小谷村では、わずか半日で50センチ近い雪が積もりました。また、菅平高原の正午の積雪は122センチと、1月の最深積雪の記録を更新。群馬...  [詳細を見る]

東北の太平洋沿岸部 積雪が急増

1月21日 12時38分

岩手県では沿岸部で積雪が一気に増えています。久慈市や岩泉町ではわずか半日で約20センチの雪が積もりました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

21日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ