トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 週の中頃 再び 東京都心で雪か

週の中頃 再び 東京都心で雪か

2015年2月1日 13時56分

福冨 りか福冨 りか
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

週間予報

週間予報

この先は、5日木曜に東京都心で再び雪の予想。東京の雪日数はひと冬に平年10日で、2月が4日と一番多い。この冬はこれまでに雪日数は6日なので、まだまだ雪には注意が必要。

東京の雪日数 2月が一番多い

先日1月30日(金)は東京都心は雪で、この冬はじめて積雪となりました。(積雪3センチ)
ホッとしたのも束の間。週の中頃、2月5日(木)には再び東京都心で雪の予想となっています。関東に雪を降らせるのは南岸低気圧。4日(水)くらいに九州付近で低気圧が発生し、次第に東へ進む見込み。(南岸だけでなく、日本海にも低気圧が発生するかも)まだ発達具合い、コースなど不確定要素も多いですが、2月は東京の雪日数はひと冬で一番多いので注意が必要です。

東京の雪日数はひと冬に平年10日で、2月が4日くらいで一番多くなっています。この冬はこれまでに雪日数は6日なので、まだまだ雪には注意が必要です。(みぞれでも雪としてカウントします。東京は1月30日は3センチの積雪ですが、あとの5回はみぞれやにわか雪でした)

関東甲信 昨年2月は2週連続で大雪に

昨年、2014年は関東甲信地方は2週連続で大雪となりました。普段あまり雪が降らない、関東地方の南部平野部でも雪がみるみる積もり、千葉市では最深積雪を30年ぶりに更新する大雪となりました。8日~9日の大雪でまだ道路脇には残雪がある中、その一週間後、関東甲信地方を中心に更に上回る記録的な大雪に見舞われました。特に、甲府市では、それまでの最深積雪の2倍以上!114センチを記録。道路は寸断され、一時的に陸の孤島状態となる集落が続出しました。

予報士泣かせの南岸低気圧

関東の雪の予想は本当に難しく、予報士泣かせと言われています。
昔からの経験則で、低気圧が八丈島の北を通ると雨、南を通ると雪、もっと南を通ると降水域自体がかからないため何も降らないというのがあります。でも、昨年の2週連続の大雪では、どちらも八丈島の北を通りましたが、結果、雨ではなく雪で大雪に。(降り始めは雪で、次第に雨に変わるとみていました)
これは降る量が多く、寒気を引きづり込み地上付近がヒエヒエに冷えきってしまったため、低気圧が暖気を持ち込んでも雪から雨に変わりませんでした。
つまり、低気圧のコースも重要ですが、地上付近の温度状態がさらに重要。その予想が難しい・・・。
湿度や地上の気温がわずか0.5度違うだけでもガラッと状況が変わってしまいます。


雪に慣れていない東京では、わずかな雪でもスリップ事故が発生するなど、影響が出ることが多いです。まだ不確定要素も多いので、週間予報をこまめにチェック。日直予報士でも随時、アップしていきます。

(2015年2月1日 13時56分)

最新の5件

1か月予報 残暑ついに終わりか

9月21日 19時55分

9月も下旬ですが、気温が高めの日が多く、まだまだ半袖を着る機会が多い今日この頃。最新の1か月予報によりますと、2週目は気温が平年よりも低くな...  [詳細を見る]
北海道の1か月の天気傾向

北海道1か月 急に寒く!初冠雪も?!

9月21日 19時9分

21日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。向こう1か月の気温は、平年並みか低くなるでしょう。9月は気温が高めの日が多いですが、9月の...  [詳細を見る]

22日 木星と細い月が接近

9月21日 18時5分

あす22日は木星と月が接近します。北海道と東北、北陸、そして沖縄は晴れて、見える可能性が高いでしょう。ただ、その他の地域は前線の影響で天気が...  [詳細を見る]

九州南部 非常に激しい雨の恐れ

9月21日 17時26分

秋雨前線が九州の南で活動を強め、種子島・屋久島地方など九州南部に活発な雨雲が流れ込み始めています。今夜からあす朝にかけて、九州南部は局地的に...  [詳細を見る]

関東 金曜朝は所々で雨 夜ザーザーも

9月21日 16時45分

あす22日(金)の関東地方は朝の通勤・通学の時間帯に雨の降る所がありそうです。夜遅くなるほど広い範囲に雨雲がかかりやすくなり、局地的にザーザ...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ