トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風 月曜の通勤時間帯 首都圏を直撃

台風 月曜の通勤時間帯 首都圏を直撃

2014年10月5日 14時12分

福冨 りか福冨 りか
[日本気象協会本社]気象予報士

大型で強い台風18号、九州の南までは自転車並みの速度でノロノロ。ただ、その後はジェット気流にのりスピードアップ。日本列島に沿うように進み、6日月曜の朝は首都圏の通勤に大打撃の恐れ。

台風18号スピードアップ 6日通勤時間帯 東海・関東を直撃か

大型で強い台風18号、5日午後1時 種子島の南東の海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいます。今夜からは、東よりに向きを変え上空の強い西風(偏西風)にのり、スピードアップ。6日未明には四国から近畿の南の海上、6日の朝には東海から関東へ接近・上陸する恐れがあります。

<首都圏の暴風>
首都圏は6日、日付が変わる頃から南よりの風が次第に強まり、6日朝から昼頃までは風速25メートルから30メートルの暴風の恐れ。ちょうど朝の通勤・通学の時間帯にあたります。風速25~30メートルというのは、歩行はもちろん、車は通常の速度で運転するのが困難。道路標識が傾いたり、看板が飛んだり、外にいるのは危険な風です。瞬間的にはこの風の1.5倍から2倍の風が吹くこともあるため警戒が必要です。

<首都圏の雨>
首都圏の雨のピークは朝8時くらい~昼頃。1時間に50ミリ前後の激しい雨の恐れ。50ミリというのは滝のようにゴーゴーと降る雨で、傘はまったく役に立ちません。
首都圏は台風が接近する5日(日)から、すでに前線の影響でザーザー降りとなっている所があります。レーダーをみると、台風本体の雨雲とは別に関東など本州付近には前線による発達した雨雲が広くかかっています。地盤が緩んでいる所に、台風本体の雨雲がくるため一層の警戒が必要です。
雨雲レーダー

雨雲レーダー

6日(月)は首都圏の通勤・通学に大きな影響がでる恐れがあります。最新の台風情報をこまめにチェックして下さい。

なお、関東への上陸は2005年の台風11号(8月26日)千葉市付近に上陸以来です。
上陸時気圧の低かった台風(表参照)

(2014年10月5日 14時12分)

最新の5件

ムシムシ暑い北海道!

北海道 蒸し暑さが続く!

6月28日 19時38分

この先一週間、北海道では蒸し暑い日が続きそうです。熱中症や食中毒には注意が必要です。  [詳細を見る]

関東 7月初めは猛暑 熱中症厳重警戒

6月28日 18時57分

もうすぐ7月。関東では7月3日(月)から4日(火)をピークに、今年一番の体にこたえる暑さに見舞われそうです。群馬県や埼玉県など暑さで有名な所...  [詳細を見る]

週末から酷暑 まだ実感わかない37度

6月28日 16時37分

週末から真夏のような暑さに。真夏日地点は全国のアメダスの半数以上にのぼり、37度まで気温の上がる所も。東京都心では夜も気温が下がりにくく、熱...  [詳細を見る]

6月の九州 北は少雨、南は多雨

6月28日 15時59分

6月下旬に入り、九州は梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続いています。今月の降水量は、九州南部は平年並みか平年より多くなっていますが...  [詳細を見る]

梅雨入り後の雨の量は?

6月28日 15時2分

九州から関東は梅雨入りから20日ほどたっていますが、太平洋側と日本海側で雨の量が大きく違っています。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

28日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ