トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 【第1回】2017年春の花粉飛散予測

【第1回】2017年春の花粉飛散予測

2016年10月6日 12時45分


2017年の花粉飛散数予測(前シーズン比)

2017年の花粉飛散数予測(前シーズン比)

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測を発表しました。前シーズンと比べて西日本では2倍以上の飛散数となるところが多くなるでしょう。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。

前シーズンと比べると・・・西日本を中心に17府県で2倍以上

前シーズンは、春のスギおよびヒノキの花粉(北海道はシラカバ)の総飛散数が、東北地方、関東地方で多くなりました。北陸地方より西の地域では少なく、非常に少ない地域もありました。
2017年春の花粉飛散予測は、近畿地方、四国地方と九州地方で、前シーズンの2倍以上の飛散数となる見込みです。また、東海地方、中国地方は多く、北陸地方はやや多く飛散する予測となっています。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。

例年と比べると・・・北日本・東日本は少なめ、西日本は例年並~多め

例年比でみると、東北地方と関東地方でやや少なく、北海道では非常に少ないでしょう。そのほかの地域では例年並みか例年を上回るでしょう。
2017年の花粉飛散数予測(例年比)

2017年の花粉飛散数予測(例年比)

2016年の夏からみた来シーズンの花粉への影響

西日本を中心に花粉が多くなる傾向が予想されている理由は、今年の夏の天候にあります。花粉の飛散数は前年夏の気象条件が大きく影響します。気温が高く、日照時間が多く、雨の少ない夏は花芽が多く形成され、翌春の花粉の飛散数が多くなるといわれています。それでは、2016年の夏を振り返ってみましょう。
2016年の夏は、全国的に気温が高く、日照時間も多くなりました。また、北海道では降水量が記録的に多くなりました。

【気温】
7月は、西日本、東日本で気温が高くなり、北日本では平年並みとなりました。8月は、全国的に気温が高くなりました。

【日照時間】
北海道や東北地方、北陸地方、東海地方、九州地方のほとんどのところで多く、特に九州北部では非常に多くなりました。一方、関東地方と中国地方では平年並みとなりました。

【降水量】
北海道では、7月から8月にかけて、前線や低気圧、台風の接近や上陸などの影響を大きく受け、夏の降水量が1946年の統計開始以来1位となったところもありました。
北陸地方、東海地方、近畿地方では平年並み、そのほかの地域では平年並みか多くなりました。

こうした夏の天候を受けて、高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件が揃った地域では、例年を上回る予測となっています。なお、近畿地方では前シーズンと比べると花粉飛散数が360%と、かなりの増加が予想されています。四国地方や九州地方でも前シーズンとくらべると200%を超える予想となっています。
2017年の花粉飛散数予測(地方別)

2017年の花粉飛散数予測(地方別)

あきらめないで!早めの花粉症対策をはじめよう

最近では、花粉シーズンの前からはじめておく治療法も知られています。また、日々の食生活でポリフェノールや乳酸菌を摂取することも効果的と言われており、以前に比べると、花粉症の症状を和らげるための事前の対策が増えてきたようです。「来シーズンは多いから・・・」とあきらめずに、自分にあった対策を調べて実践してみるなど、今から少しずつ花粉症の対策をはじめてみませんか。

(2016年10月6日 12時45分)

最新の5件

25日(日)午前9時~12時 分布予報

あす日曜 梅雨前線活発 滝のような雨 NEW!

6月24日 16時36分

あす25日(日)は、全国的に雨で、九州から東海では滝のような雨の所も。関東も午前中は本降りとなりそうです。  [詳細を見る]
東京都心の空(6月24日午後1時の様子)

都心 見納めの青空 熱中症に要注意

6月24日 13時50分

きょう(24日)の東京都心は、青空が広がり、気温も湿度も高くなっています。熱中症に要注意。あす(25日)以降は梅雨空が続き、日差しとはしばら...  [詳細を見る]
今日(24日)昼前の大通り公園4丁目 撮影:気象協会北海道支社 杉山友衣可

「花フェスタ2017札幌」 開幕

6月24日 11時35分

札幌では、今日(24日)から今回で25回目となる「花フェスタ」が開幕。先週は久しぶりに晴れの週末となり、日傘が活躍した道内ですが、この週末は...  [詳細を見る]
九州は大雨 その範囲があすは東海まで

九州は大雨 その範囲があすは東海まで

6月24日 8時52分

今日の昼過ぎから九州で大雨。その範囲が明日は東海まで拡大し明後日まで長引く恐れ。関東も明日は梅雨空に。  [詳細を見る]

多雨のち猛暑長く続く 3か月予報

6月23日 18時40分

最新の3か月予報によると、7月は東日本や西日本で平年より降水量が多くなるでしょう。8月と9月は全国的に平年より気温が高く、9月に入っても厳し...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

24日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ