トップ > 日直予報士 > 記事概要 > スギ花粉の飛散 そろそろ終盤へ

スギ花粉の飛散 そろそろ終盤へ

2016年3月23日 21時7分


花粉症の方にとっては、つらい時期が続いていますが、東京でこれまでに飛散した花粉の数は、今シーズンの予想総飛散数に近づき、スギ花粉の飛散はそろそろ終盤となってきています。このあとはヒノキ花粉がピークを迎えそうです。
上の図は、東京のこれまでの飛散数(赤の実線)と今シーズン予想される総飛散数(オレンジ)との比較です。
これまでに実際に飛散した花粉の数は、この一週間で総飛散数にグッと近づき、
花粉の飛散もそろそろ終盤となってきているようです。

15日(火)から16日(水)は日差しがでて、暖かさが戻ったため、花粉の飛散数が一気に増えました。
17日(木)から19日(土)は、雨が降るなどして、いったん飛散数が落ち着いたものの、
20日(日)以降は再び大量の花粉が飛びました。

赤の点線は今後の飛散予想をイメージしたものですが、このあと大幅に増えるようなことはないでしょう。
例年、3月末にはスギ花粉の飛散は落ち着きはじめます。
ただ、その後もヒノキの花粉が飛ぶため、花粉症の方にとってはまだしばらく辛いシーズンが続きそうです。

下記リンクの花粉情報も参考にして、万全の対策でお過ごしください。

(2016年3月23日 21時7分)

最新の5件

週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型 NEW!

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒 NEW!

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影)

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は

1月21日 7時25分

月曜の昼頃から東京で降り始める雪。帰宅ラッシュ時は既に積もっている可能性。火曜の朝は路面凍結の恐れ。  [詳細を見る]

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ