トップ > 日直予報士 > 日直・花粉担当

  • 日直・花粉担当
  • 日直・花粉担当
  • 毎年やってくる花粉シーズンに合わせ、各地の花粉飛散情報についてお伝えします。
    スギが終わったらヒノキがやってきますね…。北海道ではシラカバで苦労される方も多いかと思います。

日直・花粉担当が書いた最新の記事(10件)

洗濯物部屋干しのポイント

洗濯ものを花粉から守るために

2017年3月23日 15時32分

花粉症の方にとって、洗濯物をどこに干すかというのは重要な問題ですね。花粉を取り込まないためには、「室内干し」をするのが一番です。屋外では、この時期、大量の花粉が飛んでいるので外干しをすると、洗濯物に大量の花粉が付いてしまう可能性があります。  [詳細を見る]
2017年 春のスギ花粉飛散開始予測・前線図(2017年2月14日発表)

第4回 2017年春の花粉飛散予測

2017年2月14日 18時10分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第4報を発表しました。九州地方で花粉の飛散が確認され、いよいよ本格的な花粉シーズン到来です。お出かけの際は万全の対策を心掛けましょう。  [詳細を見る]
2017年春のスギ花粉前線(2017年1月17日発表)

スギ花粉前線 もうすぐスタート!

2017年2月6日 11時20分

すでに花粉の飛散を感じはじめている方もいらっしゃると思いますが、もうすぐスギ花粉前線がスタートします。早い所で2月上旬から花粉が飛びはじめる見込みです。この時季は「風邪をひいたのか、花粉症なのか、どっち!?」問題がついて回りますが、風邪と花粉症では症状が異なる部分もあります。ご自身やご家族の「症状の出方」を注意深く見てあげてください。  [詳細を見る]
2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

【第3回】2017年春の花粉飛散予測

2017年1月17日 14時30分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第3報を発表しました。2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月には各地で飛散ピークを迎える見込みです。  [詳細を見る]
2017年のスギ花粉の飛散開始予想(2016年12月6日発表)

【第2回】2017年春の花粉飛散予測

2016年12月7日 18時7分

日本気象協会は2回目の2017年春の花粉飛散予測を発表しました。2月上旬に九州北部・山口・高知・静岡から花粉シーズンが始まるでしょう。  [詳細を見る]
2017年の花粉飛散数予測(前シーズン比)

【第1回】2017年春の花粉飛散予測

2016年10月6日 12時45分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測を発表しました。前シーズンと比べて西日本では2倍以上の飛散数となるところが多くなるでしょう。関東地方はやや少なく、北海道、東北地方では少ない見込みです。  [詳細を見る]
4月22日の花粉飛散情報

風邪と花粉症の違いとお子様のケア

2016年4月22日 16時37分

きょう(22日)花粉の飛散数は、東日本を中心にやや多い予想となっていますので、まだまだ油断せずしっかりと対策をすることが大切です。花粉のシーズンに、症状が出ると、花粉症か風邪なのか区別がつきにくい場合もあるかと思います。今回は簡単な区別の仕方を見ていきましょう。花粉症は近年、大人・子ども関係なく発症しやすい病気と言われています。小さなお子様は自力でのケアが難しいため、まわりの大人がより気を付けることで、花粉症から守りましょう。  [詳細を見る]
4月8日6時発表の花粉情報:全国的に「非常に多い」となっていますね

花粉症薬の注意点と目鼻のセルフケア

2016年4月8日 13時14分

花粉の飛散数は、西日本から東北地方にかけての広い範囲で「非常に多い」または「多い」予想となっていますので、しっかりと対策をすることが大切です。花粉症の薬を服用している方も多いと思いますが、今日は薬を服用する際の注意点をもう一度確認していきましょう。また、自分で簡単にできる目と鼻のケアを紹介します。花粉症の時期は、目と鼻の粘膜が敏感になりやすいので、ぜひ試してみてください。  [詳細を見る]
一般的なスギ・ヒノキ花粉のピーク時期(関東地方)

ヒノキ花粉とワセリン塗布

2016年3月31日 13時27分

今週末にかけての花粉の飛散数は、西日本から東北地方にかけての広い範囲で「非常に多い」または「多い」予想となっていますので、しっかりと対策をすることが大切です。 スギ花粉のピークがすぎても、今度はヒノキ花粉が多く飛散しはじめます。ヒノキ花粉へのアレルギーを持っている方は早めの対策をしましょう。 花粉症に対しては様々な対策がありますが、今回はワセリンの使い方を紹介します。  [詳細を見る]
3月25日発表の花粉情報:東日本の花粉飛散量が多めですね

数字で意識する花粉症対策と民間療法

2016年3月25日 12時35分

九州から関東にかけての各地でソメイヨシノが開花し、空気が春めいてきました。ただ、花粉症の方にとっては、まだ、明るい気分とはいかないでしょう。花粉の飛散数は、西日本ではピークを越えてきましたが、東日本や東北地方では今週末も広い範囲で非常に多い予想となっていますので、しっかりと対策をすることが大切です。 今週は、スギ花粉症を“数字”で意識してみましょう。具体的な数字を意識する事で、対策もしやすくなります。また、花粉症の時期には、抗アレルギー効果があるとされるお茶もおすすめです。  [詳細を見る]

最新の5件

滝川市内の様子(2月1日) 撮影:日本気象協会北海道支社 住友静恵

北海道 記録的な積雪に!?NEW!

2月20日 12時35分

道内では20日正午現在、音威子府や滝川、厚沢部町鶉で積雪が150㎝を超え昨冬までの一位の値以上となっている所があります。幌加内では正午現在3...

霧島山(硫黄山) 噴火警戒レベル2にNEW!

2月20日 12時18分

気象台は20日、霧島山のえびの高原・硫黄山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引上げました。

週間 春はお預け 真冬並み寒さ戻るNEW!

2月20日 11時52分

春を感じさせる陽気は一時的。あす21日には真冬の寒さが再びやってきます。この先、冬型の気圧配置になることは少なくなりますが、北陸から北海道で...

霧島山(硫黄山) 火山性地震増加NEW!

2月20日 11時35分

霧島山のえびの高原・硫黄山では、昨日(19日)からごく微小な地震を含む火山性地震が増加しています。気象台は規模の小さな噴出現象、また、火山ガ...

20日 北は真冬 沖縄は4月並み

2月20日 6時43分

20日は、北海道や東北、北陸は引き続き、真冬並みの寒さ。雪でふぶく所があるでしょう。一方、関東から九州は各地で晴れて19日より最高気温が上が...

今日の天気(全国)

20日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ

/