トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東 雪の降るタイミングは2回

関東 雪の降るタイミングは2回

2016年1月29日 15時44分

関口 元朝関口 元朝
[日本気象協会東北支局]気象予報士 防災士

30日朝の予想天気図

30日朝の予想天気図

このあと関東南部でも雨が雪にかわる所がある見込みですが、雪の降るタイミングはもう一度。あすの夜、気温が下がると、再び南部平野部でも雪にかわる所がある見込みです。土曜も日曜も、朝は路面の状況にご注意ください。

あすの夜も再び雪に

今夜は関東の内陸を中心に雪になって、南部でも雨が雪にかわる所があるでしょう。(詳しくは下記リンク、『関東 夜から広く雪に 早めの帰宅を』をご覧ください。)
あす土曜日の日中は、いったん雪が雨にかわったり、雪や雨のやむ所もありますが、あすの夜になると再び雪や雨の降り始める所が多くなる予想です。南部でも気温が下がり、再び雪になる所がありそうです。
今回の雪や雨は、長く降ることが特徴のひとつです。その理由は、南海上に前線が延びて、前線の上を低気圧が通過していくため。
今夜、一つ目の低気圧が通過したあと、あす土曜日の夜からもう一つ、小さな低気圧が前線上を通過する予想です。小さな低気圧が通過するタイミングで、北から冷たい空気が引き込まれるため、再び南部でも雪になる所があるでしょう。また、雨の所も、千葉県の沿岸部などでは、土曜日の深夜から日曜日の朝にかけて、一時的に降り方が強まる見込みです。

路面がシャーベット状になることも

今夜から土曜日の朝と、土曜日の深夜から日曜日の朝にかけて、南部でも雪の所は路面がシャーベット状になる所がありそうです。
足元が悪くなりますので、歩く際、車を運転する際は、路面の状況にご注意ください。
≪特に注意が必要な場所≫
・横断歩道などの白線部分
・マンホール
・横断歩道や橋の上など

今回は関東の内陸ほど雪が降りやすく、北部では路面も雪の積もる所が多いでしょう。車で関東の内陸方面へ向かう際は、雨になったり雪になったり、路面の状況が変わりやすくなります。ロードコンディションをよく見極めながら、車間距離を多くとって、いつも以上に慎重な運転を心がけましょう。くれぐれも、急ブレーキ、急ハンドル、急発進は控えましょう。

関東の雪は、気温の微妙な変化や低気圧のコースによって、降り方が変わってしまいます。このあとも最新の情報を確認するようになさってください。

(2016年1月29日 15時44分)

最新の5件

週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型 NEW!

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒 NEW!

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影)

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は

1月21日 7時25分

月曜の昼頃から東京で降り始める雪。帰宅ラッシュ時は既に積もっている可能性。火曜の朝は路面凍結の恐れ。  [詳細を見る]

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ