トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 大雪を宇宙からとらえた

大雪を宇宙からとらえた

2014年2月17日 23時27分

関口 元朝関口 元朝
[日本気象協会東北支局]気象予報士 防災士

関東甲信地方の衛星画像 (2014年2月17日 日本時間午後1時頃)

関東甲信地方の衛星画像 (2014年2月17日 日本時間午後1時頃)

関東甲信の大雪の余波が続いていますが、雪が積もった様子を衛星写真がとらえました。甲府盆地は雪で地形がわかるほどに白くなり、群馬県から多摩地方にかけても雪に覆われています。

雪に覆われる甲府盆地

衛星画像をご覧いただくと、甲府盆地は雪で地形がわかるほどに白くなり、群馬県や東京の多摩地方周辺も、多くの雪で覆われています。
17日午後11時現在の積雪は、甲府47センチ、河口湖102センチ、(碓氷峠に最も近い)軽井沢81センチ、前橋23センチ、秩父52センチなど、多くの雪が残っています。

日差しでるも、雪解け進まず(18日)

関東甲信地方の18日は、おおむね晴れますが、北風が強く気温は低め。
記録的な大雪をとかしきるには、まだ時間がかかりそうです。ただ、日差しがあると、屋根などに降り積もった雪が緩み、一気に滑り落ちる危険性が高まります。軒下を歩く際などは、頭の上に十分注意なさってください。また、朝晩は冷えて路面の凍結する所が多くありそうです。足元にも引き続き気をつけましょう。
関東甲信の天気と気温(18日)

関東甲信の天気と気温(18日)

大雪の可能性は低いが、最新情報に注意(20日)

週の中ごろにかけて南岸低気圧が予想され、甲府と前橋の週間予報では20日に雪マークがついています。
気温は低いため降れば雪になる見込みですが、17日現在の予想資料では、低気圧の進むコースがやや南に下がりました。このため、これまでのような大雪になる可能性は低いとみています。ただ、低気圧の微妙なコースの違いによって、降り方が大きく変わってしまうのが、南岸低気圧の特徴のひとつ。今後もtenki.jpや日直予報士で、最新の気象情報を確認するようになさってください。
甲府と前橋の10日間予報

甲府と前橋の10日間予報

(2014年2月17日 23時27分)

最新の5件

台風18号 来週 西日本に接近の恐れ NEW!

9月29日 16時37分

台風18号は今後も発達しながら西よりへ進み、3日(月)頃には沖縄の南へ進む予想。来週前半には西日本に接近の恐れもでてきました。来週も前線が本...  [詳細を見る]
最新の台風情報

台風18号 今後の進路に注意

9月29日 12時41分

来週、台風18号が日本へかなり近づくおそれが出てきました。今後の進路をこまめに確認するようにしてください。  [詳細を見る]
画像をクリックすると「各地の天気と気温に」 

日中は激しい雨 夜は急にヒンヤリ

9月29日 7時49分

きょうの日中、ほぼ全国で雨。東海以西は激しく降る所もあり、道路の冠水など注意。夜は各地でヒンヤリした北風。今朝に比べて夜の帰宅時間帯の方が、...  [詳細を見る]
台風17号 熱帯低気圧に

台風17号 熱帯低気圧に変わる

9月28日 23時11分

台風17号(メーギー)は28日午後9時、華南で熱帯低気圧に変わりました。  [詳細を見る]
福岡県八女市付近で竜巻目撃情報

福岡県で竜巻の目撃情報

9月28日 21時57分

本日28日午後8時過ぎに福岡県八女市付近で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持
    • 持田 浩
    • 持田 浩
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士

今日の天気(全国)

29日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ