トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 大雪を宇宙からとらえた

大雪を宇宙からとらえた

2014年2月17日 23時27分

関口 元朝関口 元朝
[日本気象協会東北支局]気象予報士 防災士

関東甲信地方の衛星画像 (2014年2月17日 日本時間午後1時頃)

関東甲信地方の衛星画像 (2014年2月17日 日本時間午後1時頃)

関東甲信の大雪の余波が続いていますが、雪が積もった様子を衛星写真がとらえました。甲府盆地は雪で地形がわかるほどに白くなり、群馬県から多摩地方にかけても雪に覆われています。

雪に覆われる甲府盆地

衛星画像をご覧いただくと、甲府盆地は雪で地形がわかるほどに白くなり、群馬県や東京の多摩地方周辺も、多くの雪で覆われています。
17日午後11時現在の積雪は、甲府47センチ、河口湖102センチ、(碓氷峠に最も近い)軽井沢81センチ、前橋23センチ、秩父52センチなど、多くの雪が残っています。

日差しでるも、雪解け進まず(18日)

関東甲信地方の18日は、おおむね晴れますが、北風が強く気温は低め。
記録的な大雪をとかしきるには、まだ時間がかかりそうです。ただ、日差しがあると、屋根などに降り積もった雪が緩み、一気に滑り落ちる危険性が高まります。軒下を歩く際などは、頭の上に十分注意なさってください。また、朝晩は冷えて路面の凍結する所が多くありそうです。足元にも引き続き気をつけましょう。
関東甲信の天気と気温(18日)

関東甲信の天気と気温(18日)

大雪の可能性は低いが、最新情報に注意(20日)

週の中ごろにかけて南岸低気圧が予想され、甲府と前橋の週間予報では20日に雪マークがついています。
気温は低いため降れば雪になる見込みですが、17日現在の予想資料では、低気圧の進むコースがやや南に下がりました。このため、これまでのような大雪になる可能性は低いとみています。ただ、低気圧の微妙なコースの違いによって、降り方が大きく変わってしまうのが、南岸低気圧の特徴のひとつ。今後もtenki.jpや日直予報士で、最新の気象情報を確認するようになさってください。
甲府と前橋の10日間予報

甲府と前橋の10日間予報

(2014年2月17日 23時27分)

最新の5件

週間天気 まだまだ真冬並みの寒さも NEW!

2月21日 11時36分

あす22日は北海道と東北、北陸では日本海側を中心に雪、太平洋側でも雲が広がりやすいでしょう。あさって23日以降、低気圧や前線が日本海と日本の...  [詳細を見る]

21日 一転 冬の空気に 春遠ざかる

2月21日 6時34分

きょう21日は日本の南海上に前線が延びるでしょう。一方、北日本を中心に、強い寒気の流れ込みが続く見込みです。北海道や東北の日本海側を中心に雪...  [詳細を見る]

明日 全国で冬戻る 寒暖差に注意

2月20日 18時53分

明日(21日)は全国的に冬が戻ります。日本海側は雪や雨で、北海道や東北ではふぶく所もあるでしょう。太平洋側も雲が広がりやすく、関東以西も寒さ...  [詳細を見る]

2月下旬でも真冬の寒さ 東京は一桁

2月20日 16時43分

金メダルのように日差しが輝く「光の春」だけでなく、「気温の春」も待ち遠しい時期ですが、全国的にまだ寒い日が続きそう。東京は、最高気温でも一桁...  [詳細を見る]

春への歩み 今年は遅め

2月20日 16時32分

今年は長引く寒気の影響などで、春への歩みがスローペースとなっています。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ