トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 台風27号 長期戦のかまえを

関口 元朝関口 元朝
気象予報士 防災士

台風27号 長期戦のかまえを

   2013年10月20日 22時35分

台風27号の予想進路図 午後9時現在

台風27号の予想進路図 午後9時現在

台風27号は動きが遅く、週の後半から影響が長く続く恐れがあります。月曜日と火曜日は、貴重な日差しのでる所が多くなります。台風への備えや洗濯など、早めに済ませましょう。
進路予想図をみると、台風27号は暴風域を伴ったまま水曜日から木曜日頃にかけて沖縄周辺までゆっくりと北上する見込みです。(その後、東へ向きをかえて、金曜日には四国沖へ進む見込みです。)台風が北上するペースが遅く、影響が長く続く恐れがあります。

なぜ遅い?

台風は自分の力ではほとんど動くことができないため、周りの風に流されて移動します。
一般に、台風が熱帯の海から北上するときは、太平洋高気圧のまわりを吹く風におされて北へ進み、日本付近で偏西風の流れにのって東よりへ向きをかえ、一気に速度を速めます。
現在の台風27号の状況をみると、太平洋高気圧ははるか東にあって、近くに台風を押しあげる風が吹いていません。このため、沖縄付近まで北上するのに時間がかかり、台風の影響が長引く見込みです。

備えは火曜日頃までに

水曜日頃からは、沖縄や九州・四国方面から雨の所が多くなり、木曜日頃には東北や北海道まで雨の範囲が広がる見込みです。
週末にかけて雨が続き、台風の進路次第では、大雨の恐れもでてきます。
今回の台風は長期戦のかまえが必要です。
月曜日は九州から関東で、火曜日は東北や北海道でも貴重な日差しのでる所が多くなりますので、大雨などへの備えを早めにしておきましょう。前回の台風26号の際に、冠水した道路などは、再び影響がでる可能性もあります。いざという時に安全に避難できるルートを考えおくのも、大切な備えです。
また、洗濯物は週の後半になると外に干すのがむずかしくなりますので、日差しの有効活用を。

(2013年10月20日 22時35分)

最新の5件

図をクリックすると最新の天気図へジャンプ!

27日早くも西から下り坂 大雨の恐れ NEW!

6月26日 19時2分

26日(日)九州から関東は梅雨の晴れ間となったのも束の間。27日(月)は再び梅雨前線が西から北上。午後は九州から次第に雨で、大雨の恐れ。土砂...  [詳細を見る]

近畿地方は「暑い」夏になりそう

6月26日 16時14分

6月24日発表の3か月予報では、7月~9月の近畿地方は平年より気温が高めに推移する予想。暑気払いをして夏を迎えよう。  [詳細を見る]

梅雨の晴れ間 福岡の空にサクラサク

6月26日 15時6分

きょう26日、福岡市のヤフオク!ドーム上空で、ブルーインパルスの展示飛行がありました。 福岡は久々に雲ひとつない青空が広がり、梅雨の晴れ間に...  [詳細を見る]

今週の天気 九州から関東は梅雨空に

6月26日 14時37分

27日(月)に梅雨前線が北上し、28日(火)以降は本州付近に停滞。九州から関東は梅雨空と蒸し暑さが続く見込みです。西日本では再び大雨のおそれ...  [詳細を見る]
6月26日(日)梅雨の晴れ間に見えた富士山

梅雨の晴れ間に見えた 都心から富士山

6月26日 9時3分

梅雨の時期だが珍しく東京都心から富士山くっきり。日中は九州から関東までと東北の太平洋側は晴れ。でも局地的な雷雨あり。東北の日本海側と北海道は...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

今日の天気(全国)

26日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ