トップ > 日直予報士 > 記事概要 > インフルエンザ 記録的大流行か

インフルエンザ 記録的大流行か

2018年2月2日 18時56分

小林 万梨恵小林 万梨恵
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

インフルエンザが大流行しています。厚生労働省が2日に発表した平成30年第4週目(1/22~1/28)のインフルエンザの発生状況によると、前週にくらべて、インフルエンザの定点あたり報告数が2週続けて増加しています。来週は、再び大規模寒波の襲来が予想されることもあり、さらなるインフルエンザ拡大のおそれもあります。体調管理に十分な注意が必要です。

インフルエンザ大流行中

1月は最強寒波が襲来し、各地で記録的な大雪や寒さとなりました。また、2月1日から2日にかけても、南岸低気圧の影響で、広い範囲で雪となりました。この寒さの影響か、厚生労働省からの発表によると、2018年第4週のインフルエンザの定点当たり報告数は52.35となり、2週続けて高い値を記録し、大流行の状態が続いている模様です。

2005年の大流行時との比較

今から13年前の2005年もインフルエンザが大流行した年でした。下の図は今年と2005年の平均気温の経過のグラフです。
青い線が日平均気温、オレンジの線が平年値です。2018年は1月中旬までは平均気温は平年を上回る日が多くなりましたが、その後、一気に気温が下がり、下旬は記録的な低温となりました。この頃から、インフルエンザの定点当たり報告数は倍増しました。
そして2005年を見てみると、2月は気温のアップダウンが激しく、乱高下していたことがわかります。また、流行のピークとなった2月29日頃には気温がガクッと下がっている様子が見られます。
気温が下がると、どうしても暖房を使わざるを得ないため、空気が乾燥します。インフルエンザウイルスは、低温・低湿度の環境を好むようです。空気が乾燥すると粘膜の機能が低下して、インフルエンザにかかりやすくなります。来週も大規模寒波の襲来が予想されますので、体調管理にいっそう注意が必要です。

来週は再び強烈寒波

寒さのトンネルの出口はこの先も見えてきません。4日頃からは西から強烈な寒気が押し寄せる予想です。4日から7日頃にかけて、日本海側の広い範囲で大雪となり、太平洋側でも山地を中心に大雪となるおそれがあります。雪だけではありません。6日ごろからは、沖縄から東北の広い範囲で気温が平年よりかなり低くなりそうです。この寒さや大雪の影響で、インフルエンザはさらに拡大し、記録的大流行となるおそれもありそうです。室内の湿度を50~60パーセントくらいに保ち、インフルエンザ、風邪の予防を心がけましょう。

(2018年2月2日 18時56分)

最新の5件

今週の天気 春の嵐で気温上昇 NEW!

2月25日 19時17分

週の中頃は春の嵐となりそうです。雨風ともに強く、沿岸部を中心に大荒れの天気に。春一番が吹く所が多い見込み。暖かい南風で、各地で気温は一気に上...  [詳細を見る]

2月の北海道 70年ぶりの寒さに?

2月25日 18時38分

今日(25日)の北海道も気温が低く、午後3時までの最高気温は最も高い十勝地方の広尾でも氷点下1.0度にとどまっています。 1月の北海道は地域...  [詳細を見る]

関東の雨や雪は朝まで 天気は回復へ

2月25日 17時52分

今夜(25日)からあす(26日)にかけて、本州の南を低気圧が東へ進む見込み。この低気圧は南に離れた所を通る予想。関東では、雨雲や雪雲がかかる...  [詳細を見る]

26日 寒さと暖かさの境界は東海付近

2月25日 14時46分

東海から西は最高気温15度以上の所も。関東から北は真冬並み。関東は通勤の朝に雨の所もあり一段と寒い。  [詳細を見る]

九州は広く雨 夜は関東でも雪の所が

2月25日 9時37分

きょう(25日)は前線を伴った低気圧が南西諸島付近から本州の南を進む。九州・沖縄は広く雨。四国から関東にかけても雨雲や雪雲がかかるでしょう。...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

25日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ