トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 最強寒気はいつまで 11日の祝日は?

最強寒気はいつまで 11日の祝日は?

2015年2月9日 23時16分

堀江 万喜堀江 万喜
気象予報士 防災士

9日(月)雪雲の様子(午後8時20分現在)

9日(月)雪雲の様子(午後8時20分現在)

今季最強クラスの寒気は新潟県など日本海側の地域に大雪をもたらしています。10日(火)も寒気が居座り、日本海側は大雪に警戒が必要。北海道は猛ぶぶきにも警戒。太平洋側でも東海から西では昼前まで所々で雪が降り、平地でも積もる恐れがあります。11日(水・祝)は日本海側の雪も弱まるでしょう。

10日(火)も日本海側は大雪に警戒 太平洋側の平地でも雪の積もる恐れ

9日(月)は、日本付近は強い冬型の気圧配置となっていて、
上空には今季最強クラスの寒気が居座っています。
日本海側は新潟県を中心に大雪となっている所があり、
9日午後9時までの24時間に、新潟県十日町では83センチ、
同じく新潟県小出では78センチという記録的な雪が降りました。
また、太平洋側の一部にも雪雲が流れ込んでいて、
9日午後9時現在、岐阜県岐阜市でも2センチの雪が積もっています。

この最強寒気の影響は、10日(火)にかけても続く見込みです。
北海道から山陰にかけての日本海側を中心に雪が続き、大雪になる所があるでしょう。
特に朝にかけて降り方が強まる所もありそうです。
一方、太平洋側では晴れ間がありますが、
東海から西では一部で雪雲が流れ込み、平地でも雪の積もる恐れがあります。
路面の状況には十分に注意なさってください。

10日午後6時までに予想される雪の降る量は、いずれも多い所で、
北陸地方 80センチ
東北地方 70センチ
北海道地方、東海地方(岐阜県)50センチ
関東甲信地方(長野県)40センチ
近畿地方 30センチの見込みです。

また、海上を中心に風が非常に強く吹き、暴風雪や大しけとなる所があるでしょう。
猛ふぶきによる交通障害、高波にも警戒してください。

11日(水)建国記念の日は雪も弱まり 寒さ和らぐ

11日(水)は強い寒気は東へ抜けるでしょう。
日本海側の雪は弱まり、雪が雨に変わる所もありそうです。
太平洋側はスッキリと晴れることはないものの、
晴れ間がでて、お出かけにはまずまずの一日になりそうです。

厳しい寒さも和らぎ、関東から西の最高気温は広く10度を超える見込みです。
今季最強寒気の大きな影響は、10日(火)までとなりそうです。

(2015年2月9日 23時16分)

最新の5件

今週の天気 春の嵐で気温上昇

2月25日 19時17分

週の中頃は春の嵐となりそうです。雨風ともに強く、沿岸部を中心に大荒れの天気に。春一番が吹く所が多い見込み。暖かい南風で、各地で気温は一気に上...  [詳細を見る]

2月の北海道 70年ぶりの寒さに?

2月25日 18時38分

今日(25日)の北海道も気温が低く、午後3時までの最高気温は最も高い十勝地方の広尾でも氷点下1.0度にとどまっています。 1月の北海道は地域...  [詳細を見る]

関東の雨や雪は朝まで 天気は回復へ

2月25日 17時52分

今夜(25日)からあす(26日)にかけて、本州の南を低気圧が東へ進む見込み。この低気圧は南に離れた所を通る予想。関東では、雨雲や雪雲がかかる...  [詳細を見る]

26日 寒さと暖かさの境界は東海付近

2月25日 14時46分

東海から西は最高気温15度以上の所も。関東から北は真冬並み。関東は通勤の朝に雨の所もあり一段と寒い。  [詳細を見る]

九州は広く雨 夜は関東でも雪の所が

2月25日 9時37分

きょう(25日)は前線を伴った低気圧が南西諸島付近から本州の南を進む。九州・沖縄は広く雨。四国から関東にかけても雨雲や雪雲がかかるでしょう。...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

25日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ