トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 梅雨なのに渇水・・・ 6月の雨と日照

梅雨なのに渇水・・・ 6月の雨と日照

2014年7月1日 23時5分

堀江 万喜堀江 万喜
気象予報士 防災士

関東では連日の雨や雷雨で、6月は記録的な大雨になった所もありましたが、一方で東海から九州北部は雨が少なく、東海を中心に渇水傾向。取水制限の始まっている地域があります。
6月の雨量を振り返ってみますと、上の図にありますように、関東や東北の広い範囲、北海道では多く、かなり多くなった所もありました。(青色の表示が多い、又はかなり多い地域)
上旬は本州南岸の動きの遅い低気圧と湿った気流の影響を受け、中旬には気圧の谷の影響、下旬は上空の強い寒気の影響などにより関東を中心に各地で大雨。日光(栃木県)では6月の月降水量の多さが過去1位となりました。

また、九州南部や奄美、沖縄は梅雨前線の影響で雨量が多くなりました。

一方で、東海から九州北部にかけては、まとまった雨の降る日が少なく、梅雨に入っても雨の少ない、又はかなり少ない状況が続きました。(オレンジの表示が少ない、又はかなり少ない地域)
梅雨前線が奄美付近に離れて停滞することが多かったためです。
近畿地方の月降水量は平年の39%と統計開始以来、6月としては最も少ない値になりました。
また、飯田(長野県)や浜松(静岡県)、神戸(兵庫県)など8地点で、月降水量が過去最も少なくなりました。
こうした状況の中、現在は東海を中心に渇水対策本部が置かれ、一部で取水制限が始まっています。
また、6月の日照時間を見てみますと、関東や東海では多い、又はかなり多く(オレンジの表示)、近畿から九州にかけては平年並みか少なくなっています。
関東では日照はたっぷりあったものの、雨の降る日数が多く、降れば短時間にザッと大雨。東海は日差しが多く、雨も少なかった。近畿から九州にかけての日照は平年並みか少なく、曇りの日が多くなりましたが、梅雨前線による雨域がかからなかったため雨日数が少なかったということです。

6月は、関東や東北では大雨、東海から九州北部では渇水傾向と、それぞれに偏った天気になりました

この先1か月は? 7月の天候

では、7月の天気の傾向はどうでしょうか?
この先の1か月予報によりますと、次第に前線が北上して、西日本や東日本の太平洋側では曇りや雨の日が多くなる予想です。北日本でも後半は雨の日が増える予想。沖縄や奄美は晴れる日が多くなるでしょう。適度に雨が降って、東海を中心とした渇水傾向も解消されるといいですね。

(2014年7月1日 23時5分)

最新の5件

22日 関東は残暑厳しい 雷雨の所も

8月21日 18時40分

22日の関東は、午前中を中心に日差しが届いて、厳しい残暑となるでしょう。午後は雷雨になる所も。  [詳細を見る]

北海道 約2週間ぶりに真夏日

8月21日 18時6分

今日(21日)午後3時までの最高気温が道内で最も高くなったのは、網走地方の津別で31.0℃でした。道内では、8月8日以来13日ぶりに真夏日と...  [詳細を見る]

御嶽山 噴火警戒レベル1へ引き下げ

8月21日 17時29分

気象庁は、きょう(21日)、御嶽山の火口周辺警報を解除して、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)に引き下げまし...  [詳細を見る]
21日午後1時30分現在の雲のようす

台風13号「ハト」 遠くても影響あり

8月21日 16時52分

台風13号の影響で、先島諸島は22日(火)も雨や雷雨の所があります。台風から離れた九州から東北も油断大敵。台風周辺の湿った空気が入り、非常に...  [詳細を見る]

九州 あすまで不安定な天気

8月21日 16時21分

きょう(21日)の九州は、南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になっています。九州の西海上には発達した積乱雲が発生し、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ