トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 冬空に輝く『ダイヤモンド富士』

冬空に輝く『ダイヤモンド富士』

2016年1月26日 19時40分

瀬田 繭美瀬田 繭美
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

東京都豊島区から見たダイヤモンド富士(2016年1月26日)

東京都豊島区から見たダイヤモンド富士(2016年1月26日)

『ダイヤモンド富士』を見るための2大条件をクリアした東京都内・池袋では、夕暮れの中、美しいダイヤモンド富士を見ることができました。

空に輝く『ダイヤモンド富士』とは?

『ダイヤモンド富士』とは、日の出または日没時の富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象のことです。
ダイヤモンド富士を見ることができる条件その1は、「富士山と太陽の方角が一致すること」。この条件に合致する地点では、年に2回。ダイヤモンド富士を見るチャンスがあります。なお、富士山の西側の地点では東の空に富士山を臨むので「日の出」が、東側の地点では西の空に富士山を臨むので「日没」が対象時間となります。
そして条件その2は、ずばり「天気」。当然、雲に覆われては富士山も太陽も見えないため、「晴れていること」が重要なポイントとなります。

冬は『ダイヤモンド富士』の好条件

さて、条件1「富士山と太陽の方角が一致すること」ですが、太陽の高さと方位は季節によって変化するため、ダイヤモンド富士を見ることができる場所と期間も、これに合わせて刻々と変化していきます。ですから、実はほぼ1年を通じてどこかの場所で見るチャンスがあるのです。
そして、西高東低の冬型の気圧配置が強まる冬季は、関東地方平野部で晴天に恵まれることが多くなり、比較的、条件2「晴れていること」をクリアしやすい季節と言えます。
きょうの関東地方は冬型の気圧配置が弱まりつつあるものの、快晴の夕暮れとなりました。2つの条件をばっちりクリアした東京都内豊島区のサンシャシン60からは、美しい『ダイヤモンド富士』を見ることができました。

あすも晴天続き、あたたかさも戻る

あすも関東地方は、移動性高気圧に覆われて晴れ間が広がり、気温も3月並のあたたかさとなる見込みです。5日ぶりに気温が2ケタに届くところが多くなるでしょう。
「気象条件」の好条件は続きます。あすもどこかで『ダイヤモンド富士』が見られるかも!?
あす1月27日の天気予報(2016年1月26日18時発表)

あす1月27日の天気予報(2016年1月26日18時発表)

(2016年1月26日 19時40分)

最新の5件

金曜日 都心も雪が降る? NEW!

1月17日 16時33分

20日(金)は、都心周辺も含めて、関東の平野部でも雪が降る可能性があります。  [詳細を見る]
2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

【第3回】2017年春の花粉飛散予測

1月17日 14時30分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第3報を発表しました。2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月...  [詳細を見る]

寒波去り 東京4日ぶり10度以上

1月17日 14時6分

今日(17日)は日本列島からは強烈な寒波は抜けて、日本海側の雪は弱まっています。太平洋側は晴れて、日差しの温もりを感じられる所が多くなってい...  [詳細を見る]

北海道 次の大雪は来週に

1月17日 13時21分

昨日(16日)も道北やオホーツク海側を中心に雪が降り、週末から月曜日にかけて連日30センチくらい雪の降った所があり、週のスタートを雪かきに追...  [詳細を見る]

12月の世界平均気温 2番目に高い

1月17日 11時43分

気象庁は、2016年12月の世界の月平均気温を発表しました。平年より0.33度高く、1891年の統計開始以来、2番目に高い値となりました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

17日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ