トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 7日 行楽日和だが黄砂に注意

7日 行楽日和だが黄砂に注意

2017年5月5日 18時35分

平出 真有平出 真有
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

GW最終日の7日は広く晴れて行楽日和に。ただ、黄砂が飛来する可能性がありますのでご注意を。

行楽日和だけど 黄砂が飛ぶかも…

7日は、全国的に晴れるでしょう。夕方以降は北海道や関東の一部でにわか雨の可能性がありますが、そのほかは天気の崩れはない見込みです。日差しがたっぷりで、各地で行楽日和になりそうです。

ただ、黄砂が飛んでくる可能性がありますので油断はできません。5月5日現在、中国大陸では黄砂が飛んでおり、見通しが2キロ未満になっている所もあります。この黄砂が上空の西よりの風に乗って日本列島に飛んでくる予想です。黄砂が飛ぶとぜんそくやアレルギー症状が悪化するなど呼吸器系に影響が出たり、肌が荒れるという方も中にはいらっしゃると思いますので、気になる方はマスクをしたり、洗濯物は部屋干しにするなど対策をなさって下さい。実際、私は黄砂が飛んでいる日はわかりやすく肌が荒れるので、大きめのマスクが欠かせません…。

いつからいつまで飛ぶ?

九州や中国では6日の夜から、7日になると全国的に黄砂が飛ぶ予想です。8日は、東海や北陸から西では引き続き影響が残る可能性があります。

今年はまだ一度も黄砂が観測されていません。昨年の5月8日に観測されて以来、黄砂の飛来がない期間の最長記録を更新中ですが、約一年ぶりに黄砂の観測となるかもしれません。

(2017年5月5日 18時35分)

最新の5件

21日 一転 冬の空気に 春遠ざかる

2月21日 6時34分

きょう21日は日本の南海上に前線が延びるでしょう。一方、北日本を中心に、強い寒気の流れ込みが続く見込みです。北海道や東北の日本海側を中心に雪...  [詳細を見る]

明日 全国で冬戻る 寒暖差に注意

2月20日 18時53分

明日(21日)は全国的に冬が戻ります。日本海側は雪や雨で、北海道や東北ではふぶく所もあるでしょう。太平洋側も雲が広がりやすく、関東以西も寒さ...  [詳細を見る]

2月下旬でも真冬の寒さ 東京は一桁

2月20日 16時43分

金メダルのように日差しが輝く「光の春」だけでなく、「気温の春」も待ち遠しい時期ですが、全国的にまだ寒い日が続きそう。東京は、最高気温でも一桁...  [詳細を見る]

春への歩み 今年は遅め

2月20日 16時32分

今年は長引く寒気の影響などで、春への歩みがスローペースとなっています。  [詳細を見る]
滝川市内の様子(2月1日) 撮影:日本気象協会北海道支社 住友静恵

北海道 記録的な積雪に!?

2月20日 12時35分

道内では20日正午現在、音威子府や滝川、厚沢部町鶉で積雪が150㎝を超え昨冬までの一位の値以上となっている所があります。幌加内では正午現在3...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ