トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 今週の天気 週の前半雨風強まる

今週の天気 週の前半雨風強まる

2017年4月9日 18時33分

平出 真有平出 真有
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

週の前半は、低気圧が発達しながら本州の南岸や日本海を進む影響で、太平洋側を中心に雨や風が強まりそうです。気温が大幅にダウンし、関東など冬のような寒さになる所も。

週の前半 雨風強まり荒れる

10日(月)は、本州付近は高気圧に覆われますが、低気圧や前線が西から近づく見込みです。天気は西から下り坂へと向かうでしょう。九州は一日雨で、中国・四国は昼前後から、近畿は夕方以降雨で、東海でも夜になると雨雲のかかる所がありそうです。九州や四国には暖かく湿った空気が流れ込み、雨雲が発達して激しく降る所もあるでしょう。東日本、北日本は日差しの出る所が多い見込みです。11日(火)は、低気圧が本州の南岸を発達しながら進み、日本海を別の低気圧が進む見込みです。雨の範囲は東へ北へと広がり、沖縄から東北にかけて雨が降るでしょう。東日本、西日本の太平洋側では本降りとなり、雨の量が多くなる可能性があります。風も強く吹いて、沿岸部などでは横殴りの雨になりそうですので、大きめのしっかりした傘でお出かけした方が良さそうです。

週の中頃 太平洋側を中心に晴れる

12日(水)は、北海道付近で低気圧が発達する見込みです。13日(木)にかけて北日本を中心に冬型の気圧配置になるでしょう。北陸から北の日本海側は雨や雪が降りそうですが、太平洋側では広く晴れる見込みです。14日(金)は日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。

週の後半 すっきりしない

15日(土)と16日(日)は気圧の谷の影響で、全国的に雲が広がりやすくなりそうです。所々で雨が降る可能性がありますが、今の段階では予想にまだ幅がありますので、お花見などのお出かけは最新の情報をご確認下さい。

今週は気温の変化が大きい

上の週間予報の図を見ると、前半は水色や青色の表示の所が多く、最高気温は平年より低くなりそうです。特に11日(火)は、関東では最高気温が10度前後の予想で、冬のような寒さに逆戻り。雨や風が強まるため、よりいっそう寒く感じられるでしょう。コートやマフラーが活躍しそうです。週の後半になると各地で平年を上回る暖かさになり、関東から西では日中の気温が20度以上の所が多くなりそうです。今週は気温の変化が大きくなりますので、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

(2017年4月9日 18時33分)

最新の5件

26日午前9時の予想天気図

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

6月25日 18時33分

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的...  [詳細を見る]
雨が強まった札幌(2017年6月25日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

今月の札幌 107年ぶりの大雨に!

6月25日 17時37分

今日(25日)の北海道は、付近を通過している低気圧の影響で広く雨が降り、札幌でも昼頃には雨脚が強まりました。 今月の札幌は、今日の午後3時の...  [詳細を見る]

今週の天気 梅雨空続き蒸し暑い

6月25日 16時36分

今週は、前半は九州から関東甲信・北陸で梅雨空、後半は東北も梅雨空に戻りそうです。湿度が高く、蒸し暑い日が続くでしょう。  [詳細を見る]
土砂災害や河川の氾濫などに警戒

大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

6月25日 8時30分

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。  [詳細を見る]
紀伊半島の雨雲の様子

和歌山県で記録的短時間大雨

6月25日 4時1分

和歌山地方気象台は、和歌山県内で記録的短時間大雨を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

26日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ