トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2日 2018年で一番大きな満月

2日 2018年で一番大きな満月

2018年1月1日 19時0分

木村 健一木村 健一
[日本気象協会本社]気象予報士

2日は“スーパームーン”早起きをして、今年最も大きな満月を眺めてみてはいかがでしょうか。

スーパームーン

2日は満月となり、今年一番大きくなります(天文学の正式な用語ではありませんが、スーパームーンとも呼ばれています)。冒頭のイラストを見て頂きますと、今年最も小さい満月となる7月28日と比べると一目瞭然ですね。明るさも30%明るく、新年早々、何か良いことが起こりそうな気持ちさえしてきます。なぜ、このように大きさに違いがでるかと言うと、月は、地球の周りを楕円の軌道を描いてまわっており、月と地球との距離によって月の見かけの大きさが変わるからです。2日は、月が地球に最も近づく頃に満月となるため、より大きく見えるのです。

太平洋側は見られそう

2日の日の出前に西の空に目を向けると、晴れていれば、大きな満月が、沈んでいくようすを見ることができます。気になるのは2日朝の天気ですね。日本付近は冬型の気圧配置で、その中で北海道の西に低気圧が停滞します。結論から言うと北海道と本州の日本海側は見られそうにありません。北海道は太平洋側も含めて雪の降る所が多く、東北の日本海側も雪。北陸は雪や雨です。北海道から北陸は、雪や風が強まって荒れた天気になる恐れがあります。近畿北部から山陰も雲が多く、雪雲や雨雲のかかる所があるでしょう。一方、本州の太平洋側と山陽、四国、九州と沖縄は大体晴れて、見られそうです。

防寒対策を

月が見られそうな主な都市の、朝7時の予想気温は、東京都心2度、名古屋3度、大阪4度、広島1度、高知0度、福岡4度です。朝の冷え込みに加え、北風も強く吹きますので、防風対策もしっかりしましょう。

(2018年1月1日 19時0分)

最新の5件

都心周辺 雪や雨が降り始めました

1月22日 7時57分

22日、関東地方は午前6時頃から弱いみぞれや雨の降り始めた所があります。昼頃までは所々で雪がちらついたり、雨がぱらついたりそうです。昼頃から...  [詳細を見る]

22日 関東甲信大雪 交通機関に影響

1月22日 6時38分

22日、関東甲信地方でも大雪となるおそれ。東京23区も含め広い範囲で積雪となる見込み。午後から夜は風が強まってくるでしょう。大雪による交通障...  [詳細を見る]

関東 雪の降りはじめとピークは

1月22日 5時30分

きょう22日、関東地方は平野部でも雪が積もり、大雪の恐れ。広い範囲で本格的に雪が降るのは昼頃からで、雪のピークは夕方から夜。交通機関の乱れに...  [詳細を見る]

関東も含めて 太平洋側で大雪の恐れ

1月21日 21時0分

月曜日は、関東も含めて、普段あまり雪の降らない太平洋側で、大雪となる可能性。  [詳細を見る]
関東の降雪量予想(写真は2014年2月8日横浜市内)

東京23区 10センチ以上の降雪予想

1月21日 18時6分

関東地方は22日(月)昼頃から雪が降り始め、23日(火)明け方にかけて大雪となる恐れがあります。東京23区でも10センチ以上の降雪が予想され...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ