トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 日本列島は真夏と秋が同居

日本列島は真夏と秋が同居

2017年8月13日 16時36分

木村 健一木村 健一
[日本気象協会本社]気象予報士

日本列島は、西日本は夏の空気に覆われていますが、北日本は秋の空気に覆われ、その一部が東日本にも流れ込んでいます。

九州から東海は暑さ対策を

月曜日は、九州から東海にかけて、最高気温が33度前後と予想されています。九州は西から前線が近づくため、雲が多く、午後は雨が降ります。強い日差しによる暑さはないものの、湿気がたっぷりで、かなり蒸し暑いでしょう。福岡は33度です。服装は風通しがよく、汗をかいてもすぐ乾く素材の物がオススメです。中国・四国や近畿、東海、北陸は晴れ間の出る所が多いでしょう。松山、岡山、大阪、名古屋で33度、京都と岐阜は34度の見込みです。日差しがあれば、それだけで体で感じる温度は高くなります。外を歩く場合は、なるべく日陰を選んで歩きましょう。帽子や日傘を使うものよさそうです。暑さを和らげる夕立は、山沿いを中心とした比較的狭い範囲になるでしょう。また、お盆休み中で、車を運転される方が、大勢いらっしゃると思いますが、車内は特に高温になりやすいため、熱中症に注意してください。

関東から北海道は気温低め

関東や東北、北海道は、秋田沖に停滞する低気圧やオホーツク海高気圧からの湿った空気により、天気は曇りや雨。関東は気温が30度に届かない所が多く、東京都心の予想最高気温は29度と9月上旬並みです。真夏はどこへ行ってしまったのでしょうか。東北や北海道は各地とも、この時期としては気温が低い予想です。特に太平洋側の地域は、東の海上から冷涼な空気が流れ込むため、ヒンヤリする所もあるでしょう。仙台は26度の見込みです。宮古は10月上旬並みの20度(平年より7度くらい低い)、八戸は21度、釧路は17度と、羽織る物がないと過ごせないくらいでしょう。帰省中の方も、故郷がこの時期、こんなに気温が低いのかと、思われるかもしれませんね。

(2017年8月13日 16時36分)

最新の5件

真木予報士撮影

仙台市 1か月ぶりの真夏日 明日も NEW!

8月22日 17時52分

低温の続いていた仙台市も今日(22日)はようやく最高気温が30度を超えて真夏日になりました。1か月ぶりの真夏日です。  [詳細を見る]

九州 厳しい残暑 猛暑日のところも NEW!

8月22日 17時20分

きょう(22日)の九州は強い日差しが照りつけ、最高気温は各地で33度前後まで上がり、厳しい残暑になりました。九州北部では36度を超え、猛烈な...  [詳細を見る]

処暑を過ぎても猛暑日 東京は4年ぶり NEW!

8月22日 16時34分

明日は二十四節気の「処暑」。暦の上では暑さが収まる頃ですが、暦とは裏腹に、関東から西では猛暑日の所も。東京は金曜日が暑さのピークで、8月下旬...  [詳細を見る]

大気不安定 日本海側で 落雷多数 NEW!

8月22日 16時19分

大気の状態が不安定で、北海道から山陰は日本海側を中心に所々に雨雲や雷雲が発達しています。落雷も多数発生しており、注意が必要です。  [詳細を見る]
週間天気

週間天気 関東 まちにまった洗濯日和

8月22日 12時13分

23日(水曜日)以降は、北海道や東北は金曜日頃まで雨の降る日が多いですが、関東から九州、沖縄は晴れて、残暑が厳しいでしょう。関東も8月らしい...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ