トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 今週後半 オリオン座流星群を楽しんで

今週後半 オリオン座流星群を楽しんで

2014年10月21日 13時48分

望月 圭子望月 圭子
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

21日はオリオン座流星群が極大を迎えますが、星空は沖縄だけになりそう。ただ、流れ星のチャンスは今月末まで。今週後半は全国的に晴天が戻るので、空を見上げてみては。

星降る夜 北は雪が降り 西は激しい雨が降る

21日は、オリオン座流星群が極大を迎えます。

秋の夜空を飾る流れ星を楽しみたいところですが、
あいにく、今夜晴れるのは、沖縄だけとなりそうです。

上空に寒気が入るため、
北海道では、22日明け方にかけて、平地でも雪の降る可能性があります。
「初雪」が観測されれば、今シーズン、全国で初めてです。

東北から九州も、夜にかけて曇りや雨の天気が続くでしょう。
九州では、夜は、雨の降り方が強まる所がありますので、注意が必要です。

でも、オリオン座流星群が見られるのは、21日だけではありません。
21日ほど、流れ星の数は多くはありませんが、
10月いっぱいは、流れ星の見られるチャンスが続くのです。
そして、今週の後半になると、天気も回復してきます。
札幌の10日間予報

札幌の10日間予報

東京の10日間予報

東京の10日間予報

福岡の10日間予報

福岡の10日間予報

オリオン座流星群を見るポイント

週の後半は、全国的に晴れるので、
ぜひ秋の夜空の天体ショーを楽しんでいただきたいですね。

そこで、オリオン座流星群を見るためのポイントを3つ。

①いつ?
時間は、オリオン座が空の高い所にある、深夜0時過ぎ~午前4時くらいがオススメ。

②どこで?
流星の光は、それほど明るくはありません。
街灯などの人工の明かりや、月明かりに邪魔されない所が良さそうです。
建物などに遮られず、視界の開けた所の方が、見られる可能性が高くなります。

③方向は?
放射点(流星がやってくる方向)は、オリオン座とふたご座の間。
でも、放射点のあるオリオン座の付近だけに、流れ星が見られるわけではありません。
空のどこへ星が流れていくか分からないので、空全体を大きく眺めてみて下さい。


寒気の影響で、北日本~西日本は、23日頃まで気温が低めですが、
今週末は、気温は平年並みか高くなりそうです。
それでも、流星群にオススメの時間帯は、一日で、最も気温が下がっていく頃。
流れ星を見る際には、風邪をひかないよう、暖かくして下さいね。

(2014年10月21日 13時48分)

最新の5件

雪雲・雨雲の様子(13日夕方)

ねばる冬将軍 交通機関に影響か

12月13日 18時44分

今日(13日)は名古屋や彦根に続いて、夕方には京都や奈良でも「初雪」に。今夜もこの周辺で雪が舞いやすい状態が続きます。あす(14日)の朝は時...  [詳細を見る]

1時間40個!?ふたご座流星群が見頃

12月13日 15時2分

願いごとの準備を!三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が今夜から明日、見頃に。空の暗い場所で観察すれば、多いときで流れ星は1時間に40個程度見...  [詳細を見る]

名古屋など太平洋側でも初雪続々

12月13日 14時15分

今回の寒波の影響で、太平洋側でも初雪ラッシュとなっています。今日(13日)は名古屋からも初雪の便りが届きました。  [詳細を見る]

北海道で記録的大雪 今後は?

12月13日 13時35分

北海道付近は昨日(12日)から強い冬型の気圧配置となり、雪や風が強まりました。昨日一日で函館では37センチの雪が降り、12月としては観測史上...  [詳細を見る]
図は積雪深(13日午前8時現在)

強烈寒波 12月に数年に一度の大雪

12月13日 13時5分

強烈な寒波が襲来中。冬が始まったばかりのこの時期に、数年に一度の大雪になっている所があります。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

14日02:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ