トップ > 日直予報士 > 記事概要 > ハリケーンが台風13号に

望月 圭子望月 圭子
[日本気象協会本社]気象予報士

ハリケーンが台風13号に

   2014年8月7日 18時14分

台風情報

台風情報

ミッドウェー諸島近海を進んできたハリケーンが、東経180度を超えたことで、台風第13号になりました。名前はアメリカ気象局がつけた「ジェヌヴィーヴ」のままです。

アメリカ生まれの台風13号

ミッドウェー諸島近海を西よりに進んできたハリケーンが、東経180度を超えたことで、
7日15時に、台風第13号になりました。

ハリケーンと台風は、現象は同じものですが、
発生した地域などで、区分けされています。

同じ北太平洋で発生しても、東経180度を境に、
アメリカ大陸側では「ハリケーン」ですが、日本側では「台風」と呼ばれます。

「ハリケーン」として発生しても、
東経180度を超えて、西へ進んでくると、今回のように「台風」と呼び方が変わるのです。

名前は アメリカで命名されたまま

今回は、ハリケーンが台風に変わりましたが、
台風として発生した場合、
台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)の加盟国などが提案した名前が
あらかじめ140個用意されていて、そこから発生順に名前が付けられます。

ただ、これはハリケーンとして誕生したので、
名前は、アメリカ気象局がつけた「ジェヌヴィーヴ」のままです。

これにより、台風委員会が次に用意していた名前は、先送りになりました。

ちなみに、アメリカ気象局では、ハリケーンが発生すると、
あらかじめ、作成した名前の一覧表から順番に選んで、割り当てています。
用意されている名前は、実は、男性や女性の名前なのです。

非常に強い勢力だが まだ遠い

台風13号は、7日15時現在、「非常に強い」勢力で
太平洋上の日本からかなり離れた所を、進んでいます。

上記の地図でも、10日15時の予報円が、やっと見えてくるくらいです。

当面は、台風13号よりも、
日本に近づいている台風11号の動きに注意が必要です。

(2014年8月7日 18時14分)

最新の5件

九州 引き続き土砂災害に警戒を NEW!

6月30日 11時1分

九州には現在も活発な雨雲がかかり、雷を伴って雨の降っている所があります。降り始めからの雨量が多く地盤の緩んでいる所も多くなっています。引き続...  [詳細を見る]

30日 九州から東北は梅雨空

6月30日 8時26分

九州から東北にかけては梅雨空が続くでしょう。九州では再び局地的な大雨になるおそれがあります。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所では土砂災害に...  [詳細を見る]

関東 あすにかけて広い範囲で雨

6月29日 18時46分

今夜、関東地方では広い範囲で雨が降りそうです。今、雨の降っていない所でも雨が降り始めますから、これから外出する際は雨具を忘れないようにしてく...  [詳細を見る]

九州 あすまで大雨に警戒!

6月29日 17時1分

きょう29日の九州は、活発な梅雨前線の影響で、断続的に雨が降り、大雨となっています。九州は、あす30日まで大雨が降りやすく、引き続き警戒が必...  [詳細を見る]
画像をクリックすると各地の気温予想へ

昼は不快な蒸し暑さに 夜も暑い 関東

6月29日 16時36分

関東は7月から気温が急上昇。最高気温30度以上の真夏日が続出。湿度も高めで、かなり蒸し暑くなりそう。また、夜間も気温があまり下がらず、これま...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

今日の天気(全国)

30日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ