トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 【速報】北海道で37度8分 過去最高の暑さ

【速報】北海道で37度8分 過去最高の暑さ

2014年6月3日 14時52分

望月 圭子望月 圭子
[日本気象協会本社]気象予報士 熱中症予防指導員

北海道は猛暑日が続出して、過去に例のない暑さとなっています。十勝地方の音更町駒場北町では最高気温が37度8分と、北海道で観測された気温では、最も暑い記録です。
3日は、北海道で6月とは思えない猛暑になっています。
アメダス(気温)を見てみますと、
東側の地域で、35度以上の「猛暑日」を示す紫色の表示が、あちらこちらに。

14時半までの最高気温は、
駒場で、37度8分まで上がりました。
これは、北海道の観測地点では、過去、最も高い気温です。
過去の1位は、1924年7月12日に帯広で観測された37度8分で、
これに並ぶ、暑さとなりました。


ちなみに、駒場の最低気温は、7度4分でしたから、
1日の気温差が、およそ30度。
朝は、厚手の上着が必要だったのが、日中は、タンクトップで十分なくらい。
これだけ、気温がグンと上がると、体に堪えそうです。

全国の観測地点を比べても、37度台まで上がったのは、今年初めてです。

北海道 真夏日の続く所も

この暑さ、続くのかどうかが、気になるところですが、
あす4日の予想気温は、旭川で33度、札幌は30度です。
旭川は3日連続して「真夏日」になりそうです。

一方、きょう3日に、猛暑日が続出した北海道東部では、
4日は、記録的な暑さは一段落する見込みです。
ただ、気温の変化が大きくなりますので、体調を崩さないよう、ご注意下さい。

(2014年6月3日 14時52分)

最新の5件

26日午前9時の予想天気図

九州雨量増加 来月梅雨前線日本海へ

6月25日 18時33分

25日(日)は、梅雨前線の影響で、九州や四国の沿岸部、紀伊半島の一部の主に西日本の太平洋側で大雨になりました。同日未明には、和歌山県で記録的...  [詳細を見る]
雨が強まった札幌(2017年6月25日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

今月の札幌 107年ぶりの大雨に!

6月25日 17時37分

今日(25日)の北海道は、付近を通過している低気圧の影響で広く雨が降り、札幌でも昼頃には雨脚が強まりました。 今月の札幌は、今日の午後3時の...  [詳細を見る]

今週の天気 梅雨空続き蒸し暑い

6月25日 16時36分

今週は、前半は九州から関東甲信・北陸で梅雨空、後半は東北も梅雨空に戻りそうです。湿度が高く、蒸し暑い日が続くでしょう。  [詳細を見る]
土砂災害や河川の氾濫などに警戒

大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

6月25日 8時30分

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。  [詳細を見る]
紀伊半島の雨雲の様子

和歌山県で記録的短時間大雨

6月25日 4時1分

和歌山地方気象台は、和歌山県内で記録的短時間大雨を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

26日02:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ