トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 北海道 季節逆戻り あすは路面真っ白

北海道 季節逆戻り あすは路面真っ白

2017年3月21日 13時27分

森 和也森 和也
[日本気象協会北海道支社]気象予報士

昨日(20日)春分の日は、全道的に晴天となりましたが、今朝(21日)の道内は広く雲に覆われており、今日これからは、各地とも下り坂の天気です。夜は雪の降り方が強まり、明日の朝にかけて再び路面が真っ白になる所もある見込みです。

夕方から夜には天気が崩れる

函館や道南の江差など道南方面は沿岸を中心に雨となります。その他も湿った雪となるため、お帰りが遅くなる方は傘が必要です。日付の変わる前後から、札幌や帯広など道央や十勝地方ではワサワサと雪の降り方が強まります。明日の朝にかけて、札幌など道央では、路面はシャーベット状の雪で覆われ、帯広など十勝地方では、再び真っ白の景色に変わる所も出てくるでしょう。

明日 広く雪かきが必要に

今夜から明日の朝にかけては、浦河や帯広など日高や十勝地方が雪の中心となり、20センチから30センチくらいの雪が降るでしょう。湿った雪となるため、雪かきは少し大変になりそうです。次第に活発な雪雲は東へと移動していくため、明日の日中は北見や釧路などオホーツク海側や釧路地方が雪の中心となります。こちらの地域も明日の日中に5センチから10センチの雪が降り、明日は家に帰ってから雪かきが必要になりそうです。湿った雪で濡れた路面が朝晩は凍結し滑りやすい路面に変わります。歩行者の方も、車を運転する方も、まだまだ路面状況の変化には注意が必要です。

(2017年3月21日 13時27分)

最新の5件

週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型 NEW!

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒 NEW!

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影)

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は

1月21日 7時25分

月曜の昼頃から東京で降り始める雪。帰宅ラッシュ時は既に積もっている可能性。火曜の朝は路面凍結の恐れ。  [詳細を見る]

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ