トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 9日(月) 今季最強クラスの寒気

9日(月) 今季最強クラスの寒気

2015年2月6日 23時25分

藤野 勝成藤野 勝成
[日本気象協会本社]気象予報士・防災士・熱中症予防指導員

気圧の谷が通過後、9日(月曜日)は冬型の気圧配置が強まるでしょう。今季最強クラスの寒気が流れ込み、真冬の寒さが戻りそうです。体調を崩さないよう、お気をつけ下さい。

7日(土曜日)

高気圧は足早に東へ移動し、本州付近に気圧の谷が近づく
九州は雲が広がりやすく、昼頃から広く雨雲がかかるでしょう。中国・四国~北陸・東海は天気は下り坂です。昼過ぎまでは晴れますが、夕方から雲が広がるでしょう。次第に雲が厚みを増し、夜になると雨や雪の降る所がある見込です。外出をされる際、お帰りが夜になる方は雨具を忘れないようにしましょう。関東から北海道は日中はおおむね晴れる見込みです。関東は夕方から雲が増えますが、7日いっぱいは天気の崩れはなさそうです。

8日(日曜日)

本州付近を気圧の谷が通過。通過後は寒気が流れ込む。
九州と四国は天気が回復して、雲が多めながら晴れ間がある見込です。山陰から東北の日本海側は雨が降ったりやんだり。寒気の影響で次第に雪に変わるでしょう。近畿の太平洋側から関東の雨や雪は、お昼頃にはやむ所が多い見込みです。雨や雪がやんだあとは、北寄りの風がやや強まるでしょう。

9日(月曜日)

冬型の気圧配置で最強クラスの寒気
山陰から東北の日本海側、北海道は断続的に雪が降るでしょう。北陸では雪の降る量が増えそうです。太平洋側は晴れる所が多いですが、厳しい寒さでしょう。札幌上空5000メートル付近では今シーズン12月に観測したマイナス43度がこれまで最も低い値でした。9日はそれよりも低いマイナス45度以下になる予想です。今季最強クラスの寒気が流れ込むでしょう。全国的に冷たい北寄りの風が強まり、真冬の寒さが戻りそうです。特に北陸、関東から北海道にかけては前日との気温差がかなり大きくなるでしょう。日差しがあっても厳しい寒さ。春はまだ少し先のようです。体調を崩さないようお気をつけ下さい。

(2015年2月6日 23時25分)

最新の5件

10日午前10時頃の札幌中心部の様子

札幌 大雪に警戒を! NEW!

12月10日 11時55分

昨夜(9日)から今日(10日)にかけて北海道では道央を中心に大雪となっており、札幌では12月上旬としては15年ぶりに積雪が50cmを超えまし...  [詳細を見る]

富山で初雪を観測 NEW!

12月10日 10時7分

富山地方気象台は、富山で初雪を観測したと発表しました。  [詳細を見る]
札幌 風向風速計をとめる程の雪と寒さ

札幌 風向風速計をとめる程の雪と寒さ NEW!

12月10日 10時2分

札幌は昨夜から一気に積雪が増えています。降った雪が風向風速計に凍りついて、測定が不能になりました。  [詳細を見る]
勢いづく冬将軍

冬将軍 ここぞとばかりに勢いづく NEW!

12月10日 9時10分

10日は全国で寒さが戻り、夜から11日の朝にかけては底冷えしそう。北海道や東北は一気に積雪増の所も。  [詳細を見る]
東京23区に今季初の乾燥注意報

東京23区 今季初の乾燥注意報

12月10日 6時50分

10日(土)は風が強いため、火の取り扱いにはいっそうの注意を。喉のイガイガや肌のガサガサにも要注意。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持

今日の天気(全国)

10日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ