トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 週間天気 週明け太平洋側で広く雨や雪

週間天気 週明け太平洋側で広く雨や雪

2018年2月15日 11時41分

白石 圭子白石 圭子
[日本気象協会本社] 気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

17日(土)から18日(日)は冬型の気圧配置。北陸から北海道は雪で大荒れのおそれも。全国的に北風が強く吹くでしょう。19日(月)から20日(火)は日本の南を低気圧が東へ進む。九州から関東は広く雨や雪。関東の平野部も雪の可能性があります。

あすの天気

日本の南に前線が延びるでしょう。また、前線を伴った低気圧が日本海に進んでくる見込みです。九州から近畿は雲に覆われて、午後は九州や四国で雨の降る所があるでしょう。東海や関東、北陸は雲が多いながらも晴れ間がありそうです。東北、北海道は日本海側は雲が多く、朝まで雪の降る所がありますが、日中は雪は止む見込みです。太平洋側は日差しが届くでしょう。日本の南の前線は南西諸島を南下するため、沖縄は日中は雨が降る見込みです。カミナリが鳴り、降り方が強まることもあるでしょう。

最高気温は、九州はきょう(15日)と同じくらいで、四国や中国地方から北海道はきょうよりやや低くなるでしょう。全国的にこの時期らしい寒さとなりそうです。

あさって以降の天気

17日(土)は北海道付近を低気圧が通過。18日(日)にかけて日本付近は冬型の気圧配置となる見込みです。北陸から北海道は雪が降り、吹雪く所もあるでしょう。日本海側を中心に大荒れのおそれがあります。関東から九州、沖縄は大体晴れる見込みです。全国的に真冬の寒さでしょう。

19日(月)は東シナ海に延びる前線上に低気圧が発生し、本州の南を東へ進む見込みです。沖縄や九州から東海は広く雨が降り、標高の高い所を中心に雪が降るでしょう。太平洋側の山沿いで雪や雨の降り方が強まる所がありそうです。雨や雪の範囲は次第に東へと移り、20日(火)は関東の平野部でも雪の可能性があります。今後の最新の気象情報をご確認下さい。

(2018年2月15日 11時41分)

最新の5件

21日 一転 冬の空気に 春遠ざかる

2月21日 6時34分

きょう21日は日本の南海上に前線が延びるでしょう。一方、北日本を中心に、強い寒気の流れ込みが続く見込みです。北海道や東北の日本海側を中心に雪...  [詳細を見る]

明日 全国で冬戻る 寒暖差に注意

2月20日 18時53分

明日(21日)は全国的に冬が戻ります。日本海側は雪や雨で、北海道や東北ではふぶく所もあるでしょう。太平洋側も雲が広がりやすく、関東以西も寒さ...  [詳細を見る]

2月下旬でも真冬の寒さ 東京は一桁

2月20日 16時43分

金メダルのように日差しが輝く「光の春」だけでなく、「気温の春」も待ち遠しい時期ですが、全国的にまだ寒い日が続きそう。東京は、最高気温でも一桁...  [詳細を見る]

春への歩み 今年は遅め

2月20日 16時32分

今年は長引く寒気の影響などで、春への歩みがスローペースとなっています。  [詳細を見る]
滝川市内の様子(2月1日) 撮影:日本気象協会北海道支社 住友静恵

北海道 記録的な積雪に!?

2月20日 12時35分

道内では20日正午現在、音威子府や滝川、厚沢部町鶉で積雪が150㎝を超え昨冬までの一位の値以上となっている所があります。幌加内では正午現在3...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ