トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 天候不順の8月 歴史的な日照不足に

榊原淳子榊原淳子
気象予報士

天候不順の8月 歴史的な日照不足に

   2014年8月31日 16時25分

8月の日照時間(平年比)

8月の日照時間(平年比)

8月は西日本を中心に記録的な日照不足に。8月1日から30日までの日照時間は、九州北部や中国、四国で平年の30~40%程度。31日分を含めても、冷夏多雨だった1980年以来の日照時間の少なさとなりそうです。9月に入っても、日差しの少ない傾向はすぐには解消しない見込みです。

西日本の8月は、冷夏の1980年に並ぶ日照不足

8月の日照時間(平年比)
8月の日照時間(平年比)
今年の8月の天候不順の影響が、野菜の高騰にもあらわれてきました。九州から東北にかけて、平年より日照の少ない所が多くなりましたが、特に西日本で顕著。九州北部や中国、四国は平年の30~40%程度しか日照時間がなく、1980年以来の日照不足となりそうです。1980年は、全国的に冷夏多雨で、九州や四国では豪雨に見舞われました。

統計開始の1890年代から約100年の間で、西日本の8月で最も日照不足だったのは1980年。今年の8月の日照時間は、1980年と同じか更に下まわる所もある見込み。100年に1度クラスの日照不足といっても良いかもしれません。

8月は西日本の雨量も記録的。1日~30日までの速報値でも、大阪市や京都市は平年の8月の約4倍、広島市や鳥取市、福岡市は約3倍の雨量となっています。8月上旬に数日間で1000ミリを超える大雨となった徳島県や高知県では、平年の5~6倍の雨量となっている所があります。

東京も8月下旬は記録的な日差しの少なさ

東京の8月下旬の日照時間(31日は午後3時まで)
東京の8月下旬の日照時間(31日は午後3時まで)
関東の8月の日照時間は平年並みかやや少ない程度ですが、それは8月上旬やお盆明けに晴天が続いたため。東京の8月下旬の日照時間をみると、かなり日差しの少ない状態が続いていることがわかります。東京では25日~30日にかけて6日続けて日照時間が2時間未満、31日も2時間未満となれば一週間連続です。8月に、これだけ日差しの少ない状態が続くのは、冷夏だった2003年以来のことです。

9月に入っても、日照不足はすぐには解消されず

西日本を中心に記録的な日照不足になったのは、8月に太平洋高気圧の勢力が弱かったのが最も大きな原因。特に、平年より西への張り出しが弱かったため、西日本は台風の通り道になったり、湿った空気の流れ込みが続いたり、前線が停滞したりしました。

今週は高気圧に覆われて広く晴れる日もありますが、一時的となりそうです。週の後半は高気圧の勢力が弱まるため、雲が広がりやすく、雨の降る日もある見込みです。
大阪の10日間予報

大阪の10日間予報

(2014年8月31日 16時25分)

最新の5件

図をクリックすると、最新の北陸アメダス気温へ!

富山県高岡で36度超 全国で今年初 NEW!

7月2日 11時59分

きょうは北陸地方で午前中から35度以上の猛暑日が続出。富山県の高岡市伏木では36度3分まで上がり、全国で今年初の36度超えの暑さになりました...  [詳細を見る]
7月2日(土)の天気ポイント

局地的な大雨 局地的に猛烈な暑さ

7月2日 9時5分

2日は北海道、東北、北陸は局地的に滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。関東から九州にかけて日差しは少なくても気温は33度前後まで上昇しか...  [詳細を見る]

土日は大雨の所も!土砂災害に警戒を

7月1日 19時40分

土日は北日本や東日本、西日本の日本海側で雨が降りやすく、大雨になる所もありそうです。一方、東日本や西日本の太平洋側では日差しの出る所が多く、...  [詳細を見る]

6月は九州、北海道で雨が多かった

7月1日 18時6分

6月の天気を振り返ってみると、九州や北海道で降水量は平年よりも多くなりました。  [詳細を見る]
十三番山笠 新天町の飾り山

博多祇園山笠が始まりました!

7月1日 17時25分

夏本番を思わせる厳しい暑さとなったきょう7月1日の九州地方。博多の街では、博多祇園山笠の「飾り山」がお目見えしました。 これから15日の祭り...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

今日の天気(全国)

02日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ