トップ > 日直予報士 > 記事概要 > PM2.5 西日本で今夜まで高め予想

PM2.5 西日本で今夜まで高め予想

2016年1月4日 14時14分

石上 沙織石上 沙織
気象予報士

1月4日18時のPM2.5分布予測

1月4日18時のPM2.5分布予測

tenki.jpのPM2.5分布予測では、今夜にかけて九州などの西日本で高めの濃度が予想されています。午後1時現在、長崎県は、PM2.5 の濃度に関する注意喚起を行っています。自治体が発表する情報を確認し、体調の変化に注意しましょう。

PM2.5  高い濃度が予想される地域は

上の図は、tenki.jpのきょう18時のPM2.5分布予測です。今夜にかけて、九州など西日本では高めの濃度が予想されています。

長崎県の測定によると、長崎県内では午前9時から11時の毎時間、PM2.5の濃度が1時間に100μg/m3を超えた所がありました。
環境省が定めた、注意喚起のための暫定的な値は、1日を通した平均で70μg/m3超とされています。
午後1時現在、長崎県は対馬地区において、「PM2.5 の濃度が暫定的な指針となる値を超えると予想される」として注意喚起を行っています。

また、福岡県でも午後1時現在、濃度が1時間に100μg/m3を超えた所があります。

PM2.5の吸入を減らすには

PM2.5の濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合、その吸入を減らすため、以下の点が有効だと言われています。

①屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らす
②外出時はマスクを適切に着用する
③換気や窓の開閉を必要最小限にする

また、PM2.5は粒子が小さく、呼吸器系や循環器系の疾患をもつ方、子ども、高齢者は影響を受けやすい可能性があります。
普段から健康管理を心がけるとともに、体調の変化に注意するなど、慎重に行動することが大切です。

実際の濃度は自治体等が公表する測定値を参考にしてください。また、自治体が発表する注意喚起等の情報を確認しましょう。

tenki.jpでは、日々のPM2.5の予測結果を公開し、分布予測を発表しています。
PM2.5の濃度予測は風の流れなどにより、変わる可能性がありますので、天気予報と同様、最新の予測をご確認ください。

(2016年1月4日 14時14分)

最新の5件

           

日本海側は落雷注意 太平洋側も急な雨 NEW!

12月9日 8時26分

寒冷前線が通過。日本海側は雨や雪。山陰や北陸を中心に大気の状態が不安定で、カミナリ雲が発達しやすい。太平洋側は大体晴れるが、東海や近畿など所...  [詳細を見る]

近畿の1か月、この時季らしい寒さに

12月8日 20時56分

8日に発表された1か月予報によると、この先1か月、近畿地方の気温は、ほぼ平年並みの見込みです。日本海側では平年と同様曇りや雨、または雪の降る...  [詳細を見る]
天気傾向

北海道の1ヶ月 ダイヤモンドダストも

12月8日 19時11分

8日、札幌管区気象台は北海道の1ヶ月予報を発表しました。気温はほぼ平年並みですが、16日にかけては平年より低い日が多くなる見込みです。ダイヤ...  [詳細を見る]

週末 北日本を中心に荒れた天気に

12月8日 18時35分

この週末は北日本を中心に荒れた天気になるおそれがあり、厳しい寒さになる所もありそうです。  [詳細を見る]

明日は暖か 土曜から寒気入りブルブル

12月8日 16時38分

明日の東京は11月中旬並みの暖かさになりますが、この暖かさにだまされないで。土曜日以降は寒気が流れ込み、急に寒くなりそうです。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持

今日の天気(全国)

09日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ