トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 17日 低気圧、台風並みに猛発達

17日 低気圧、台風並みに猛発達

2014年12月16日 23時29分

堀口 貴行堀口 貴行
[日本気象協会本社]気象予報士

16日22時30分の衛星画像

16日22時30分の衛星画像

17日(水)は、低気圧が北海道付近で台風並みに発達する見込みです。特に、北海道では雪を伴って猛烈な風の吹く所があるでしょう。屋外での行動は極めて危険です。
低気圧が日本付近を発達しながら進んでいます。衛星画像を見ると低気圧の西側にある東シナ海や日本海にはスジ状の雲が広がっており、寒気が流れ込んでいるのがわかります。一方、北海道では、すでに最大瞬間風速が30メートル以上となっている所があります。また、吹雪のため通行止めになっている道路もでています。
17日9時の予想天気図

17日9時の予想天気図

17日(水)は低気圧が北海道付近で発達し、朝9時には948hPaまで気圧が下がる見込みです。北海道では雪を伴い、猛烈な風となりそうです。予想される最大瞬間風速は50メートルで、走行中のトラックが横転するくらいです。また、多くの樹木が倒れ、電柱や街灯でも倒れるものがでてくるくらいの風です。屋外での行動は極めて危険です不要・不急の外出はできるだけ控えたほうがよいでしょう。また、湿った雪が降りますので、雪の重みで電線が切れ、停電になるおそれもあります。


北海道以外でも風が強まります。

【17日にかけて予想される最大瞬間風速】
東北地方、北陸地方 40メートル
関東甲信地方、東海地方、四国地方、山陰地方 35メートル
近畿地方、九州北部地方、九州南部地方 30メートル


また、日本海側では広く大雪に警戒が必要です。太平洋側でも雪の積もる所があるでしょう。

【17日18時までの24時間に予想される雪の降る量】

いずれも多いところで
北陸地方 100センチ
北海道地方 80センチ
関東甲信地方 70センチ
東北地方、東海地方、中国地方 60センチ
近畿地方北部 50センチ
九州北部地方、西日本太平洋側 10センチから30センチ


波も高くなり、北日本と北陸地方では猛烈なしけとなる見込みです。
18日9時の予想天気図

18日9時の予想天気図

18日(木)も日本付近は冬型の気圧配置が続きます。全国的に風が強く吹き、北日本と北陸地方では猛烈なしけが続くでしょう。また、日本海側を中心に引き続き大雪に警戒が必要です。

(2014年12月16日 23時29分)

最新の5件

週間予報

今週の天気 南岸低のち強い冬型 NEW!

1月21日 14時26分

あす22日(月)は、低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進むでしょう。このため、西日本から東日本の太平洋側でも雪が降り、平野部でも積もるおそ...  [詳細を見る]
東京で5センチ以上の最深積雪(過去5年間) 写真は2014年の横浜市内

東京の大雪 ここ5年で4回 月曜警戒 NEW!

1月21日 13時15分

22日(月)は、南岸低気圧の影響で関東地方は内陸を中心に大雪、東京23区など平地でも積雪の恐れがあります。過去5年間、南岸低気圧による首都圏...  [詳細を見る]
写真:練馬区付近(都築 未来撮影)

初霜 例年並みで終着

1月21日 10時42分

きょう(21日)は、下関から初霜の便りがありました。今シーズンの初霜は帯広からスタートし、下関で終着。例年並みです。  [詳細を見る]

東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は

1月21日 7時25分

月曜の昼頃から東京で降り始める雪。帰宅ラッシュ時は既に積もっている可能性。火曜の朝は路面凍結の恐れ。  [詳細を見る]

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日14:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ