トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 北海道 十五夜を楽しめそう

北海道 十五夜を楽しめそう

2016年9月12日 14時8分

持田 浩持田 浩
[日本気象協会北海道支社] 気象予報士

ここ一か月ほど、北海道では荒れた天気の日が続きました。
しかし今週はようやく天気は落ち着き、今のところ荒れそうな日はなさそうです。
15日は中秋の名月、十五夜ですが、北海道でもきれいな月を眺めることができそうです。
月の見え方などについてお話します。
昔は七月から九月を秋としており、そのちょうど真ん中の日、8月15日を「中秋」としました。
その日の月を「中秋の名月」としてお供えなどをして愛でたのです。
ちょうどこの頃は夏の作物の収穫もほとんど終わり、稲刈りまでの手の空く時期に作物の恵みに感謝したことが始まり、とも言われています。

月表面の色の違い

月のキャンバスには、いろいろな絵が想像できるように色の違いがあります。
色の違いについてお話します。

白っぽい部分はクレーターが沢山ある地域ででこぼこしています。
一方、黒っぽい部分は割と平らで「海」とも呼ばれていますが、これは巨大な隕石がぶつかって、地表を黒っぽい溶岩で埋め尽くしてできた巨大なクレーターです。
これによって月のコントラストが作られました。

世界各地の見え方

さて、日本では「月」と言えば「ウサギの餅つき」ですが、世界各地ではどんな風に見えているのでしょう。

いくつか代表的なものをまとめて見ました。
少し無理があるかな?と思うものもありますが、いろんな見え方がありますね。
「カニ」とか「女性の横顔」などは秀逸です。

いろんな見え方があるのは、その土地の月にまつわる伝説や神話、国民性によるものが影響しているのかもしれませんね。

観察にはよい季節に

9月はまだ秋雨前線や台風の影響を受ける日があります。
しかし台風が通り過ぎた後は、大陸から移動性高気圧がやってきて、乾いた空気に覆われる日が現れてきます。

空が透き通るようになり、また蚊などの虫もいなくなるため、これからは星空の観察には良い季節になります。
ただ、夜は気温が下がりますので、観察の際は一枚羽織る物を準備してお楽しみください。

(2016年9月12日 14時8分)

最新の5件

関東 初真冬日へ 東京では冬日か

12月12日 18時49分

関東地方は、12日(火)は年末年始の寒さとなった所が多くなりました。午後5時までの最高気温は、群馬県草津町や栃木県日光市などで0度に届かない...  [詳細を見る]

記録的な大雪 一日に60センチ以上も

12月12日 17時54分

きょう12日は上空に強い寒気が流れ込み、東北の日本海側から山陰にかけて、所々で大雪となっています。福井県大野市の九頭竜では午後4時までの24...  [詳細を見る]

九州 今シーズン一番の厳しい寒さ

12月12日 17時21分

きょう(12日)の九州は強い冬型気圧配置で、今シーズン一番の強い寒気が流れ込んでいます。九州の北部や東シナ海側は雲が多く所々で雪や雨が降り、...  [詳細を見る]

寒波の影響 長引く 木曜日まで

12月12日 16時32分

寒波の影響が長引きます。あす水曜日も全国的に真冬並みの寒さで、日本海側は大雪や猛吹雪に警戒。木曜日は、風は収まってきますが、雪と厳しい寒さは...  [詳細を見る]

えっ?冬なのに台風のたまご発生

12月12日 15時20分

きょう12日、日本列島は各地で真冬並みの寒さ。一方で、日本の南、フィリピンの東には台風のたまごが発生しました。夏のイメージが強い台風ですが、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

13日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ