トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 札幌の雪は60年ぶりの粘り強さ

札幌の雪は60年ぶりの粘り強さ

2017年3月19日 13時48分

岡本 肇岡本 肇
[日本気象協会北海道支社]気象予報士 防災士

札幌市内も小さな道は…(2017年3月19日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

札幌市内も小さな道は…(2017年3月19日) 撮影:日本気象協会北海道支社 岡本肇

ここ数日は北海道でも広く晴れて気温も上がり、各地で雪解けが進んでいます。札幌も今日(19日)の午後1時で積雪は52センチまで減りました。
札幌では昨日(18日)の日最深積雪が59センチで約3か月ぶりに60センチを下回りましたが、ここまで長い期間60センチ以上の積雪が続いたのは1957年以来のことになりました。

60センチの雪が86日も!

札幌では昨年12月22日~23日にかけての大雪で、12月としては50年ぶりの積雪90センチを記録しました。
そして、その後は極端な大雪はなくとも、少し解けては少し積もりを繰り返し、昨日(3月18日)日最深積雪が59センチとなるまで、実に86日間もの間、日最深積雪は60センチ以上を記録し続けました。
日ごとの積雪データが残っている1953年以降のデータを振り返っても、86日以上も60センチの雪が継続したケースは、1956~1957年の冬に一度あるだけで(この冬は87日継続)、60年振り2度目の記録となりました。

この先の雪解けは?

記録的な粘り強さを見せたこの冬の札幌の積雪ですが、この先の雪解けは順調に進みそうです。
この先一か月の予想を見ると、札幌を含む北海道の日本海側は気温はほぼ平年並みで経過しそうですので、雪解けが極端に早くなることはなさそうですが、平年より雪や雨の降る日が少ないため、この先の積雪はあまり増えることなく順調に減ってくれそうです。
平年だと札幌の根雪(長期積雪)終日は4月3日ですが、その頃には積雪もほぼなくなる見込み。徐々に春の足音も聞こえてきそうです。

(2017年3月19日 13時48分)

最新の5件

土砂災害や河川の氾濫などに警戒

大雨続く 土砂崩れ、川の氾濫に警戒を

6月25日 8時30分

全国的に雨の日曜日。九州から東海は局地的な大雨。関東も沿岸部の一部で激しく降る。北海道も雷を伴う所あり。  [詳細を見る]
紀伊半島の雨雲の様子

和歌山県で記録的短時間大雨

6月25日 4時1分

和歌山地方気象台は、和歌山県内で記録的短時間大雨を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

近畿地方、再び大雨の恐れ

6月24日 19時8分

近畿地方では25日未明から昼前にかけて、梅雨前線や湿った空気の影響で局地的に雷を伴って非常に激しい雨の降る恐れがあります。26日以降も雨の降...  [詳細を見る]

日曜の関東 どしゃ降りの雨や雷に注意

6月24日 18時40分

あす(25日)日曜日の関東は、南部を中心に本降りの雨。カミナリを伴って、バケツをひっくり返したように降る所も。一度止んでも傘が手放せない一日...  [詳細を見る]
25日(日)午前9時~12時 分布予報

あす日曜 梅雨前線活発 滝のような雨

6月24日 16時36分

あす25日(日)は、全国的に雨で、九州から東海では滝のような雨の所も。関東も午前中は本降りとなりそうです。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

25日10:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ