トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 秋雨前線とはどういうものか

秋雨前線とはどういうものか

2016年9月10日 21時22分

石榑亜紀子石榑亜紀子
[日本気象協会本社]気象予報士 ジョギングインストラクター

季節が夏から秋へ移り変わる頃には、夏の高気圧の勢力が弱まり、その北側には秋雨前線が発生するようになります。その仕組みについて解説します。

秋雨前線とは

「前線」というのは、違う性質をもった空気と空気の境目のことを言います。詳しく言えば、空気の境目となる地上の線のことです。「梅雨前線」は梅雨の頃に現れますが、「秋雨前線」は、季節が夏から秋へ移り変わる、ちょうど今頃に現れはじめます。早ければ8月下旬頃から現れる年もあります。

発生の仕組みは、日本の夏に暑さをもたらす太平洋高気圧の勢力が弱まり、逆に北から、冷たく湿った性質をもったオホーツク海高気圧や、中国大陸から冷たく乾いた性質をもった秋の移動性高気圧が日本付近へ進んできます。夏の暑い空気と、秋の少し涼しい空気、これらの性質の違う空気と空気がちょうど日本付近でぶつかり合い、せめぎ合って、相撲を取るような形になります。ここに秋雨前線が発生します。空気がぶつかり合って、行き場がなくなり、上空へ持ち上げられます。持ち上げられた空気は、上空で次第に冷えて雲が発生します。このため、秋雨前線が停滞しやすくなると、曇りや雨の日が続き、天気がぐずつくようになります。

今年は、夏の高気圧が2つに分かれていたため、夏の間も太平洋高気圧の勢力は強くありませんでしたが、北からの少し涼しい秋の高気圧が張り出してきたために、秋雨のシーズンに入り始めるとみられます。

来週は秋雨続く

11日(日)以降は、本州付近に秋雨前線が停滞しやすくなるため、曇りや雨とすっきりしない天気が続く所が多いでしょう。12日(月)から13日(火)にかけては、強く降る所もあり、まとまった雨になりそうです。秋雨の雨は、梅雨の雨に比べると、湿った暖かい空気の流れ込みは弱まることが多く、割と長くシトシトと降るタイプの雨が多くなります。とはいえ、秋雨前線の南側から台風や熱帯低気圧が接近するなど、かなり大気の状態が不安定になることがあり、真夏に起こるような豪雨になることもあり、まだまだ大雨に気をつけなければなりません。

平成27年9月関東・東北豪雨から1年

ちょうど1年前の2015年(平成27年)9月7日~11日にかけて、西日本から北日本にかけての広い範囲で大雨となり、特に関東地方と東北地方では記録的な大雨となりました。総降水量は関東で600ミリを超えた所もあり、茨城県常総市付近で鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な災害となり、「平成27年9月関東・東北豪雨」と名付けられています。

この時の大雨の理由は、台風18 号やその後、台風から変わった低気圧に向かって南から湿った空気が流れ込んだということが大きく影響しましたが、台風が接近する前の7日~9日頃にかけて、日本付近には前線も停滞していたため、雨量が増えたことが考えられます。

きょう10日(土)は、新たにフィリピンの東海上に台風14号が発生しました。まだ秋雨前線や台風などと、災害の起こりやすいシーズンは続きます。特に、雨が予想されている日は、雨の量や降り方など、気象情報にご注意ください。

(2016年9月10日 21時22分)

最新の5件

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]
2014年2月14日の大雪(練馬区内にて撮影)

月曜の関東 雪の降る時間と影響は

1月20日 16時55分

22日(月)の関東地方は、早い所では昼頃から本格的に雪が降りだし、夜の帰宅時は平野部でも積雪か。23日(火)朝の通勤時も凍結や積雪により交通...  [詳細を見る]

「南岸低気圧」 大雪のおそれ

1月20日 16時3分

22日(月)は南岸を通る低気圧の影響で、関東や東北の太平洋側を中心に雪となりそうです。関東では平野部でも積雪、東北の太平洋側では夜は雪でふぶ...  [詳細を見る]

「大寒」だけど3月並み 春の陽気

1月20日 15時27分

きょう20日(土)は二十四節気のひとつ「大寒」ですが、きょう20日の最高気温は全国的に平年と同じか高く、3月並みの気温となった所が多くなりま...  [詳細を見る]

月曜 都心でも積雪か 交通の乱れ注意

1月20日 12時20分

穏やかな週末から一転、22日月曜日は関東の沿岸部では荒れた天気に。平野部でも積雪の可能性が高くなっています。通勤通学の時間帯は問題なくても、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ