トップ > 日直予報士 > 記事概要 > こんな猛暑日 見たことない

こんな猛暑日 見たことない

2016年7月7日 13時10分

石榑亜紀子石榑亜紀子
[日本気象協会本社]気象予報士 ジョギングインストラクター

午前9時の実況天気図

午前9時の実況天気図

今朝の東京の最低気温は21度9分と明け方は比較的涼しかったものの、午後1時までに36度7分まで上がっています。最低気温と最高気温との日較差は14.8度となり、7月として過去141年間で最大となりました。
きょうは関東地方で朝からみるみる気温が上昇しています。
今朝の東京の最低気温は21度9分と明け方は比較的涼しかったものの、午後1時までに36度7分まで上がっています。最低気温と最高気温との日較差は14.8度となり、7月として過去141年間で最大となりました。

過去、7月として最も日較差が大きかった2004年7月13日の天気図ときょうの天気図を比べてみると、類似点が見られました。(2004年7月13日は、最低気温が21度7分、最高気温が36度3分と日較差14.6度でした。)

どちらの天気図も、梅雨前線が関東の北側に停滞し、南には太平洋高気圧が広がっています。その太平洋高気圧の西には台風または、熱帯低気圧があります。
また、太平洋高気圧の縁にあたる等圧線が、少し日本海へ向けて北への張り出しが見られます。
また、天気図からは分かりにくいですが、どちらも関東地方の上空には、北西の風が入っていて、山を吹き降りるフェーン現象が起こりやすくなりました。

地上付近の気温が上昇するほど、大気の状態が不安定となります。このあと、突然の雨や雷雨となる可能性がありますので、空の変化にご注意ください。

(2016年7月7日 13時10分)

最新の5件

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]
2014年2月14日の大雪(練馬区内にて撮影)

月曜の関東 雪の降る時間と影響は

1月20日 16時55分

22日(月)の関東地方は、早い所では昼頃から本格的に雪が降りだし、夜の帰宅時は平野部でも積雪か。23日(火)朝の通勤時も凍結や積雪により交通...  [詳細を見る]

「南岸低気圧」 大雪のおそれ

1月20日 16時3分

22日(月)は南岸を通る低気圧の影響で、関東や東北の太平洋側を中心に雪となりそうです。関東では平野部でも積雪、東北の太平洋側では夜は雪でふぶ...  [詳細を見る]

「大寒」だけど3月並み 春の陽気

1月20日 15時27分

きょう20日(土)は二十四節気のひとつ「大寒」ですが、きょう20日の最高気温は全国的に平年と同じか高く、3月並みの気温となった所が多くなりま...  [詳細を見る]

月曜 都心でも積雪か 交通の乱れ注意

1月20日 12時20分

穏やかな週末から一転、22日月曜日は関東の沿岸部では荒れた天気に。平野部でも積雪の可能性が高くなっています。通勤通学の時間帯は問題なくても、...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ