トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 東北や北陸は猛ふぶきや暴風、高波に警戒 大雪の恐れも

東北や北陸は猛ふぶきや暴風、高波に警戒 大雪の恐れも

2013年12月13日 13時11分

tenkiニュース速報tenkiニュース速報
tenkiニュース速報

アメダスの風
アメダスの風
東北や北陸では、13日夜にかけて西よりの風が雪を伴って非常に強く吹き、日本海側の海上は大しけとなる見込み。猛吹雪や暴風、高波に警戒が必要だ。また、東北の山沿いを中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる恐れがある。(日本気象協会)

秋田市で突風

低気圧が発達しながら東北北部を通過中で、低気圧から延びる寒冷前線が本州を南下している。最大瞬間風速は秋田市で29.8メートル、新潟県佐渡市相川で25.5メートルを観測するなど、全国的に強い風が吹いている。また、日本海側を中心に雪や雨が降っており、13日12時までの24時間に、山形県西川町で47センチ、岩手県雫石町で35センチ、秋田市で31センチの雪が降った。秋田市では12時現在、31センチの雪が積もっており、この時期としては積雪がかなり多くなっている。

交通障害の恐れも

13日夜にかけて、東北の日本海側と北陸では、沿岸を中心に非常に強い風が吹き、雪を伴って猛ふぶきとなる所がある見込み。 13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸地方の海上で22メートル(35メートル)、東北の日本海側の海上と、北陸の陸上で20メートル(30メートル)、東北の日本海側の陸上で16メートル(30メートル)。また、日本海側の海上では波の高さが6メートルの大しけとなる。13日に予想される波の高さは、東北の日本海側と新潟県、石川県で6メートル、福井県5メートル、富山県4メートル、東北の太平洋側3メートルの見込み。

さらに、東北では山沿い中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる見込み。14日12時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、日本海側の山沿い60センチ、日本海側の平地と太平洋側の山沿い40センチとなっており、その後もさらに雪の降る量が増える見込み。

気象庁では、暴風や猛ふぶきによる交通障害、高波に警戒するとともに、大雪や着雪、落雷や突風にも注意を呼びかけている。

(2013年12月13日 13時11分)

最新の5件

10(土)昼前の東京都心の空

日曜は土曜より寒い 空気カラカラ関東 NEW!

12月10日 16時35分

関東地方は11(日)も晴れますが、土曜より寒く、朝は氷が張る寒さ。日中も北風が冷たく、空気カラカラ。本格的な乾燥の季節に突入。インフルエンザ...  [詳細を見る]

東北地方 太平洋側にも雪雲流れ込む

12月10日 14時32分

冬型の気圧配置が強まり東北地方では雪雲が日本海側だけではなく太平洋側にまで流れ込んでいます。  [詳細を見る]

北陸から続々冬の便り 金沢でも初雪

12月10日 12時50分

今朝の富山に続き、金沢からも初雪の便りが届きました。  [詳細を見る]
10日午前10時頃の札幌中心部の様子

札幌 大雪に警戒を!

12月10日 11時55分

昨夜(9日)から今日(10日)にかけて北海道では道央を中心に大雪となっており、札幌では12月上旬としては15年ぶりに積雪が50cmを超えまし...  [詳細を見る]

富山で初雪を観測

12月10日 10時7分

富山地方気象台は、富山で初雪を観測したと発表しました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持

今日の天気(全国)

10日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ