トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 東北や北陸は猛ふぶきや暴風、高波に警戒 大雪の恐れも

東北や北陸は猛ふぶきや暴風、高波に警戒 大雪の恐れも

2013年12月13日 13時11分

tenkiニュース速報tenkiニュース速報
tenkiニュース速報

アメダスの風
アメダスの風
東北や北陸では、13日夜にかけて西よりの風が雪を伴って非常に強く吹き、日本海側の海上は大しけとなる見込み。猛吹雪や暴風、高波に警戒が必要だ。また、東北の山沿いを中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる恐れがある。(日本気象協会)

秋田市で突風

低気圧が発達しながら東北北部を通過中で、低気圧から延びる寒冷前線が本州を南下している。最大瞬間風速は秋田市で29.8メートル、新潟県佐渡市相川で25.5メートルを観測するなど、全国的に強い風が吹いている。また、日本海側を中心に雪や雨が降っており、13日12時までの24時間に、山形県西川町で47センチ、岩手県雫石町で35センチ、秋田市で31センチの雪が降った。秋田市では12時現在、31センチの雪が積もっており、この時期としては積雪がかなり多くなっている。

交通障害の恐れも

13日夜にかけて、東北の日本海側と北陸では、沿岸を中心に非常に強い風が吹き、雪を伴って猛ふぶきとなる所がある見込み。 13日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北陸地方の海上で22メートル(35メートル)、東北の日本海側の海上と、北陸の陸上で20メートル(30メートル)、東北の日本海側の陸上で16メートル(30メートル)。また、日本海側の海上では波の高さが6メートルの大しけとなる。13日に予想される波の高さは、東北の日本海側と新潟県、石川県で6メートル、福井県5メートル、富山県4メートル、東北の太平洋側3メートルの見込み。

さらに、東北では山沿い中心に断続的に雪が降り、15日にかけて大雪となる見込み。14日12時までに予想される24時間降雪量は、多い所で、日本海側の山沿い60センチ、日本海側の平地と太平洋側の山沿い40センチとなっており、その後もさらに雪の降る量が増える見込み。

気象庁では、暴風や猛ふぶきによる交通障害、高波に警戒するとともに、大雪や着雪、落雷や突風にも注意を呼びかけている。

(2013年12月13日 13時11分)

最新の5件

西から下り坂 傘の出番の所が多い NEW!

1月18日 8時24分

きょうは気圧の谷が近づくため、西から天気は下り坂です。  [詳細を見る]

金曜 荒れた天気や局地的な大雪の恐れ

1月17日 19時7分

穏やかな天気は続かず、20日(金)の「大寒」から広く荒れた天気となる恐れがあります。  [詳細を見る]

金曜日 都心も雪が降る?

1月17日 16時33分

20日(金)は、都心周辺も含めて、関東の平野部でも雪が降る可能性があります。  [詳細を見る]
2017年春のスギ花粉飛散開始予測 前線図

【第3回】2017年春の花粉飛散予測

1月17日 14時30分

日本気象協会は2017年春の花粉飛散予測第3報を発表しました。2月上旬に九州北部や中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンがはじまり、3月...  [詳細を見る]

寒波去り 東京4日ぶり10度以上

1月17日 14時6分

今日(17日)は日本列島からは強烈な寒波は抜けて、日本海側の雪は弱まっています。太平洋側は晴れて、日差しの温もりを感じられる所が多くなってい...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

18日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ