トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 釧路でカエデの紅葉 この秋全国初

釧路でカエデの紅葉 この秋全国初

2017年10月13日 16時1分


13日、釧路地方気象台でカエデ(イタヤカエデ)の紅葉を観測しました。全国の気象台で紅葉が観測されるのは、この秋初めてです。

色づくカエデ

秋も深まり、北海道では木々が色づき始めています。きょう13日(金)、釧路地方気象台はカエデ(イタヤカエデ)の紅葉を観測しました。平年より2日早く、昨年より2日早い観測です。全国の気象台でカエデの紅葉が観測されるのは、この秋初めてのことです。

※カエデの紅葉日とは、標本木の大部分の葉の色が紅色に変わった状態になった最初の日のことです。主に「イロハカエデ」を標本木としますが、イロハカエデが生育しない地域では、「ヤマモミジ」、「オオモミジ」、「イタヤカエデ」を観測します。

2017年 紅葉見ごろ予想をチェック!

今年の紅葉は平年並みか遅い所が多いでしょう。紅葉の見ごろは秋の気温が低いと早まり、高いと遅くなります。今後の10月から11月にかけての気温は平年並みか高い所が多い見込みです。このため、まだ見ごろになっていない北日本から西日本にかけての紅葉の見ごろは、平年並みか遅い所が多くなるでしょう。
tenki.jpの紅葉情報では、全国約770地点の紅葉情報と、最新の紅葉関連記事を更新しています。ぜひ、お出かけの参考にしてください。

紅葉の赤は糖分?紅葉の豆知識

秋が深まり気温が下がると樹木は葉を落とす準備をはじめます。葉と枝のあいだに仕切りを作り、葉の中にできた糖分が枝のほうに運ばれなくなり、葉の中に残ります。この糖分が原料となり、赤い色素ができるのです。つまり、紅葉の赤い成分は糖分から作られているのです。

(2017年10月13日 16時1分)

最新の5件

15日 寒気は撤退 でも西から雨雲 NEW!

12月15日 6時58分

居座っていた強い寒気は、ようやく離れます。きょう15日、穏やかに晴れる所が多く、日本海側の雪も止むでしょう。ただ、西からはジワジワと雨雲が近...  [詳細を見る]
北海道1か月の天気傾向

北海道1か月 冬将軍・下旬は一休み

12月14日 19時13分

14日、札幌管区気象台は1か月予報を発表しました。12月中旬を中心に寒気の影響を受けるため、気温は平年より低いでしょう。12月中旬はまだ厳し...  [詳細を見る]

寒さと雪はどうなる? 1か月予報

12月14日 18時43分

最新の1か月予報が発表されました。クリスマスなどイベントも多くなってきますが、引き続き、厳しい寒さや雪に注意が必要です。  [詳細を見る]
14日の星空指数(14日12時発表)

ふたご座流星群ピーク 月と木星接近も

12月14日 14時41分

きょう14日(木)は、三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」が見頃です。月明かりの影響は少なく、観察しやすいでしょう。また、あす15日(金)の...  [詳細を見る]

週間天気 日曜日は再び寒波

12月14日 11時49分

寒波が17日(日)に再び襲来。日本海側は広く雪で、北陸から北では雪や風が強まって荒れた天気になるおそれがあります。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

15日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ