トップ > 日直予報士 > 記事概要 > エルニーニョ 夏までに発生の可能性は

エルニーニョ 夏までに発生の可能性は

2017年4月10日 16時12分


気象庁は10日、エルニーニョ監視速報を発表しました。2017年3月の時点では、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない状態が続いています。夏の終わりまでにエルニーニョ現象が発生する可能性は50%となっています。

3月の実況:エルニーニョもラニーニャも発生していない

2017年3月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+0.5度で、基準値より高い値でした(2月と同じ)。

大気と海洋の状態にはエルニーニョ、ラニーニャ現象時の特徴が明瞭ではなく、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続いています。

今後の見通し

今後、エルニーニョ監視海域の海面水温は、春のうちは基準値より高い値、夏は基準値に近い値か基準値より高い値で推移する予想です。夏の終わりまでにエルニーニョ現象が発生する可能性は50%、平常の状態が続く可能性も50%となっています。

※エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象。ラニーニャ現象は、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象。

【定義】
気象庁では、エルニーニョ監視海域の海面水温の 基準値との差の 5か月移動平均値が6か月以上続けて +0.5℃以上となった場合を「エルニーニョ現象」、−0.5℃以下となった場合を「ラニーニャ現象」と定義しています。

(2017年4月10日 16時12分)

最新の5件

各地で真冬の寒さ 北は猛吹雪

2月18日 7時38分

今日も北海道や東北、北陸は荒れた天気。その他は晴れるが空気は冷たい。きのうの日中寒さが和らいだ関東も、真冬並みに。  [詳細を見る]

全国で極寒 猛吹雪・暴風・高波に警戒

2月17日 18時40分

18日(日)は強い冬型の気圧配置となり、北日本の上空に強烈な寒気が居座る。関東の上空にも寒気が流れ込み、全国の広い範囲で厳しい寒さ。北日本や...  [詳細を見る]
気象衛星

関東 夜はグンと冷えて明日は寒さ戻る

2月17日 15時5分

今夜はグンと冷える。明日(18日)は風も強く、寒さが戻る。その先も寒さは続き、20日は関東で雪予報。  [詳細を見る]

都心に雨雲 気温変化にも注意

2月17日 14時9分

きょう(17日)、昼頃までは南よりの風とたっぷりの日差しで、比較的過ごしやすかった関東。午後になって雲が増え、都心など弱い雨雲の発生している...  [詳細を見る]
今朝(17日)の札幌中心部 撮影:日本気象協会北海道支社 杉山友衣可

北海道 週末は猛吹雪や大雪に警戒

2月17日 10時40分

今日(17日)6時現在、積丹半島付近にある前線を伴った低気圧の影響で、札幌で今朝は雪の降り方が強まり、車もライトを点灯しながら走行しています...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

18日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ