トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東 台風7号による雨や風のピークは

関東 台風7号による雨や風のピークは

2016年8月15日 22時10分


台風7号は15日午後9時現在、八丈島の南東約550キロを1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいます。このあと、関東地方に次第に近づく見込み。関東地方の雨や風のピークについて以下にまとめました。

関東地方 雨や風のピークは?

台風7号は15日午後9時現在、八丈島の南東約550キロを1時間におよそ25キロの速さで北北西へ進んでいます。
このあと、関東地方に近づく見込み。
最新の台風情報ですと、関東地方に最も近づくのが、16日(火)夜から17日(水)明け方にかけて。
この時間帯が雨や風のピークとなりそうです。
台風が近づく前の16日(火)お昼頃から、先行する雨雲が関東地方にかかりはじめます。
夕方以降は次第に台風本体の活発な雨雲が関東地方にかかってくるでしょう。
そして、17日(水)明け方まで、雷を伴った激しい雨が降り、大雨になる所がある見込みです。
土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水、落雷や突風などにご注意ください。
また、17日(水)、お盆休み明けの通勤は、交通機関に大きな乱れが生じる可能性があります。
最新の交通情報を確認するようになさってください。
風が強まるということで、海上は大しけとなる恐れがあります。
沿岸部では、高波に注意し、海岸付近には絶対に近づかないようにしてください。

台風7号が関東地方を離れた後も、17日(水)夕方頃までは、風の強い状態は続きますので、強風にはご注意ください。

迫る台風への準備

台風は事前に準備ができる災害です。
今から準備をしっかりとして、迫る台風への対策をしておきましょう。
①非常用品が揃っているかどうか確認をする。
②水害に備え、側溝や排水溝の掃除をしておき、水はけをよくする。
③最新の台風情報をこまめにチェックする
④窓や雨戸の補強をする
⑤ライフラインが途絶えた時のために、スマートフォンを前もって充電しておいたり、飲料水を事前に準備しておく。
など、一人一人が「自分たちの身は自分たちで守る」という意識をもって、台風への備えをしておきましょう。

(2016年8月15日 22時10分)

最新の5件

23日 猛烈な暑さと局地的な雷雨注意

8月22日 18時43分

23日(水)は朝から汗がふきでるような蒸し暑さで、日中は関東から西は広く猛烈な暑さとなるでしょう。午後は局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要で...  [詳細を見る]
真木予報士撮影

仙台市 1か月ぶりの真夏日 明日も

8月22日 17時52分

低温の続いていた仙台市も今日(22日)はようやく最高気温が30度を超えて真夏日になりました。1か月ぶりの真夏日です。  [詳細を見る]

九州 厳しい残暑 猛暑日のところも

8月22日 17時20分

きょう(22日)の九州は強い日差しが照りつけ、最高気温は各地で33度前後まで上がり、厳しい残暑になりました。九州北部では36度を超え、猛烈な...  [詳細を見る]

処暑を過ぎても猛暑日 東京は4年ぶり

8月22日 16時34分

明日は二十四節気の「処暑」。暦の上では暑さが収まる頃ですが、暦とは裏腹に、関東から西では猛暑日の所も。東京は金曜日が暑さのピークで、8月下旬...  [詳細を見る]

大気不安定 日本海側で 落雷多数

8月22日 16時19分

大気の状態が不安定で、北海道から山陰は日本海側を中心に所々に雨雲や雷雲が発達しています。落雷も多数発生しており、注意が必要です。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

22日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ