トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 1か月予報 冬の出戻りに注意


1か月予報 冬の出戻りに注意

   2016年1月28日 18時21分

気象庁は28日、1か月予報を発表。立春に向けて、一時的に春めく所もありますが、2月半ば頃までは冬の寒さが続きそうです。低温に関する異常天候早期警戒情報も発表中。予報期間は1月30日から2月29日です。

気温の傾向 西ほど寒暖差大きく

●1週目(1月30日~2月5日)
北日本は平年並みか低く、寒さが続くでしょう。
東日本は平年並みか高く、西日本や沖縄・奄美では高い見込みです。
西日本以西では、一時的に春の訪れを感じられるかもしれません。

●2週目(2月6日~12日)
北からの寒気が流れ込みやすく、冬の寒さの所が多いでしょう。
北日本は平年並みですが、東日本~沖縄・奄美にかけては平年より低くなる見込みです。
西日本以西では1週目からの気温の変動が大きく、冬の出戻りとなりそうです。

九州南部・奄美と沖縄には、低温に関する異常天候早期警戒情報も発表されています。
2月5日頃からの約一週間、気温が平年よりかなり低くなる見込みです。
体調の管理や、農作物の管理にご注意ください。

※「低温に関する異常天候早期警戒情報」とは、7日間平均気温が「かなり低い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に発表されます。

●3~4週目(2月13日~26日)
北日本はほぼ平年並みでしょう。
東日本から沖縄・奄美にかけては平年並みか高い見込みです。
順調に季節は進み、次第に春めくでしょう。

天候の傾向 西ほど日差し少なく

【北日本】
平年と同様、気圧の谷や寒気の影響を受ける見込みです。
降水量、日照時間、降雪量ともにほぼ平年並みでしょう。

【東日本・西日本】
●日本海側
1週目~2週目(1月30日~2月12日)は冬型の気圧配置になりやすく、寒気の影響を受ける見込みです。
このため、曇りや雪または雨の日が多いでしょう。
3週目~4週目(2月13日~26日)は冬型の気圧配置が長続きせず、雪や雨の日は少ない見込みです。

●太平洋側
1週目~2週目(1月30日~2月12日)は晴れる日が多いでしょう。
3週目~4週目(2月13日~26日)は低気圧や前線の影響を受け、晴れる日は少ない見込みです。

【沖縄・奄美】
低気圧や前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。
このため、降水量は平年並みか多く、日照時間は少ない見込みです。
北日本:北海道、東北 東日本:関東~東海 西日本:近畿~九州

北日本:北海道、東北 東日本:関東~東海 西日本:近畿~九州

(2016年1月28日 18時21分)

最新の5件

関東北部や山沿いで雷雨の恐れ

26日カラッと晴天 関東は雷雨も

6月25日 19時20分

26日は久しぶりに乾いた空気に覆われ、カラッと晴れる所が多いでしょう。ただ、関東の山沿いではにわか雨や雷雨の所があります。  [詳細を見る]
図をクリックすると最新のレーダーへジャンプ!

あすは梅雨空ひと休み 貴重な晴れ

6月25日 16時36分

あす26日(日)は、貴重な晴れ間!梅雨前線は一時南の海上に南下。ただ、27(月)は再び西から北上し九州など西日本は雨。来週は九州から本州は断...  [詳細を見る]

渡良瀬川 取水制限20パーセントへ

6月25日 15時23分

今月11日から、渡良瀬川の10%取水制限が開始されましたが、ダムを潤すほどの雨は降らず、貯水率が減り続けています。25日午前9時から渡良瀬川...  [詳細を見る]
図をクリックすると最新の雲画像へ

ダブル台風の卵 発生か

6月25日 13時24分

フィリピンの西、南シナ海には熱帯低気圧が発生しています。また、フィリピンの東にある赤丸で囲んだ雲は低気圧に伴う雲ですが、25日午後9時には「...  [詳細を見る]

北海道と東北 暴風 土砂災害に警戒

6月25日 9時30分

日本海を急速に発達しながら北東へ進んでいる低気圧の影響で、北海道と東北は今日の昼過ぎにかけて荒れた天気になりそうです。暴風や大雨による土砂災...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

今日の天気(全国)

25日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ