トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2016年春の花粉飛散予測 第2報

2016年春の花粉飛散予測 第2報

2015年12月2日 16時13分


日本気象協会は2日、「2016年春の花粉飛散予測(第2報)」を発表しました。来春のスギ花粉の飛散開始は西日本と東日本で例年より早い所が多く、九州と中国、四国、関東は2月上旬から花粉のシーズンが始まるでしょう。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は2日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)第2報を発表しました。
今回は新たに「スギ花粉の飛散開始時期」を発表するとともに、花芽調査などの結果を踏まえて飛散予測を更新しています。
今後も花芽調査や気温予測などのデータをもとに、来年春の花粉対策に向けて予測を発表します。

2016年春 スギ花粉の飛散開始時期

気温が高いと、スギ花粉の飛散開始は早まる傾向にあります。
2016年の1月と2月は、西日本と東日本は冬型の気圧配置が長続きしない一方、北日本は寒気の影響を受ける見込みです。
気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本はほぼ平年並みでしょう。
そのため2016年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本で例年より早く、北日本は例年並みとなる見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される九州から関東は1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

2016年春 花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
九州と四国、東海は今年より多いか、やや多く、非常に多く飛散する所もある見込みです。
中国地方と関東甲信は今年と同じくらい、近畿と北陸、東北、北海道はやや少ないでしょう。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北はやや多いものの、そのほかの地域は例年より少ないでしょう。特に九州と四国は非常に少なく、例年の半分以下となる見込みです。

(2015年12月2日 16時13分)

最新の5件

台風「嵐」列島へ 衆院選は大雨か NEW!

10月17日 16時37分

台風21号は「嵐」という意味の「ラン」という名前で、沖縄・奄美は、21日土曜日頃から大荒れか。台風が湿った空気を運ぶので、秋雨前線の活動が活...  [詳細を見る]
10月1日から10月16日までの日照時間(速報値)

西・東日本 日照不足と長雨の全般情報 NEW!

10月17日 16時31分

西・東日本では10月はじめから曇りや雨の日が多く、日照時間の少ない状態となっています。この状態は、今後10日間程度続くとみられ、きょう17日...  [詳細を見る]

都心 2日連続15度未満 44年ぶり

10月17日 13時5分

きょう17日、都心の正午の気温は13度9分と、2日連続で15度に届いていません。秋になって10月中旬までに、都心の正午の気温が2日連続で15...  [詳細を見る]
週間天気

週間天気 この先も日差しは少なめ

10月17日 12時34分

あす(18日)は近畿から東北で晴れ間の広がる所が多くなりますが、一時的で長続きしません。あさって以降は、曇りや雨の降る日が続きそうです。台風...  [詳細を見る]

9月の世界平均気温偏差 過去4位に

10月17日 11時28分

気象庁は16日、2017年9月の世界の月平均気温を発表しました。平年より0.34度高く、1891年の統計開始以来、4番目に高い値となりました...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

17日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ