トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2016年春の花粉飛散予測 第2報

2016年春の花粉飛散予測 第2報

2015年12月2日 16時13分


日本気象協会は2日、「2016年春の花粉飛散予測(第2報)」を発表しました。来春のスギ花粉の飛散開始は西日本と東日本で例年より早い所が多く、九州と中国、四国、関東は2月上旬から花粉のシーズンが始まるでしょう。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は2日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)第2報を発表しました。
今回は新たに「スギ花粉の飛散開始時期」を発表するとともに、花芽調査などの結果を踏まえて飛散予測を更新しています。
今後も花芽調査や気温予測などのデータをもとに、来年春の花粉対策に向けて予測を発表します。

2016年春 スギ花粉の飛散開始時期

気温が高いと、スギ花粉の飛散開始は早まる傾向にあります。
2016年の1月と2月は、西日本と東日本は冬型の気圧配置が長続きしない一方、北日本は寒気の影響を受ける見込みです。
気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本はほぼ平年並みでしょう。
そのため2016年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本で例年より早く、北日本は例年並みとなる見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される九州から関東は1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

2016年春 花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
九州と四国、東海は今年より多いか、やや多く、非常に多く飛散する所もある見込みです。
中国地方と関東甲信は今年と同じくらい、近畿と北陸、東北、北海道はやや少ないでしょう。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北はやや多いものの、そのほかの地域は例年より少ないでしょう。特に九州と四国は非常に少なく、例年の半分以下となる見込みです。

(2015年12月2日 16時13分)

最新の5件

22日正午ごろ・蔵王

アイスモンスター見頃 東北の天気

2月22日 21時2分

アイスモンスターが見頃です。22日、宮城県では天気の崩れを心配することなく、アイスモンスターとも呼ばれる樹氷を見ることができました。東北の天...  [詳細を見る]
関東の風の予想(23日午前9時)

関東 また春の嵐 ここ一週間で3回も

2月22日 19時12分

23日の関東地方は、また南風が強まり、春の嵐に。この7日間に、3回も荒れた天気に見舞われそうです。東京都心の気温は、今年2回目の20度以上に...  [詳細を見る]

北海道 春と冬を行ったり来たり

2月22日 17時13分

昨日(21日)の道内は、強い冬型の気圧配置で道央圏を中心に雪が降り、札幌中心部も日中は風が強く、ふぶいた時間帯もありました。また、最高気温は...  [詳細を見る]
九州の風の様子(22日午後4時半現在)

九州から風強まる 交通機関の乱れ注意

2月22日 16時58分

あす(23日)にかけて、全国的に荒れた天気に。すでに、九州で風が強まり始めています。帰宅の際は、交通機関の乱れにご注意ください。  [詳細を見る]

荒天注意 あす朝の通勤 横なぐりの雨

2月22日 16時37分

明日(23日)にかけて、また春の嵐に。南風が強まり、荒れた天気になるでしょう。大気の状態が非常に不安定で、傘が全く役に立たないような非常に激...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 福嶋真理子
    • 福嶋真理子
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士 栃木県防災会議委員 酒々楽大使
    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士

今日の天気(全国)

23日04:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ