トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 2016年春の花粉飛散予測 第2報

2016年春の花粉飛散予測 第2報

2015年12月2日 16時13分


日本気象協会は2日、「2016年春の花粉飛散予測(第2報)」を発表しました。来春のスギ花粉の飛散開始は西日本と東日本で例年より早い所が多く、九州と中国、四国、関東は2月上旬から花粉のシーズンが始まるでしょう。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は2日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)第2報を発表しました。
今回は新たに「スギ花粉の飛散開始時期」を発表するとともに、花芽調査などの結果を踏まえて飛散予測を更新しています。
今後も花芽調査や気温予測などのデータをもとに、来年春の花粉対策に向けて予測を発表します。

2016年春 スギ花粉の飛散開始時期

気温が高いと、スギ花粉の飛散開始は早まる傾向にあります。
2016年の1月と2月は、西日本と東日本は冬型の気圧配置が長続きしない一方、北日本は寒気の影響を受ける見込みです。
気温は、西日本と東日本は平年並みか平年より高く、北日本はほぼ平年並みでしょう。
そのため2016年春のスギ花粉の飛散開始は、西日本と東日本で例年より早く、北日本は例年並みとなる見込みです。
ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される九州から関東は1月のうちから花粉対策を始めるとよいでしょう。

2016年春 花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
九州と四国、東海は今年より多いか、やや多く、非常に多く飛散する所もある見込みです。
中国地方と関東甲信は今年と同じくらい、近畿と北陸、東北、北海道はやや少ないでしょう。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北はやや多いものの、そのほかの地域は例年より少ないでしょう。特に九州と四国は非常に少なく、例年の半分以下となる見込みです。

(2015年12月2日 16時13分)

最新の5件

連日冷えてるが、明日の朝も相当冷える

連日冷えてるが、明日の朝も相当冷える

12月17日 18時37分

連日、朝の冷え込みが厳しいが、18日の朝も全国で気温がグンと下がり、特に関東は今季、最も低くなりそう。  [詳細を見る]

寒気の影響 週の中頃まで

12月17日 16時34分

向こう一週間は、日本海側で雪や雨の降る日が多いでしょう。太平洋側は、晴れる日が多くなる見込みです。今回の寒気の影響は週の中頃で、一旦おさまる...  [詳細を見る]

北海道 局地的な猛ふぶき大雪

12月17日 10時51分

昨日(16日)の道内は、日本海側を中心に雪となり、留萌地方の留萌では一日で降った雪の量が35センチと、局地的に大雪となりました。今日の道内は...  [詳細を見る]

各地で真冬の寒さ 日本海側は大雪吹雪

12月17日 9時17分

きょう(17日)は寒波襲来。日本海側は広く雪で、大雪となる所も。特に北陸では猛吹雪に警戒が必要です。全国的に真冬のような寒さとなりますので、...  [詳細を見る]

真冬並みの寒さの日曜日

12月16日 18時32分

あす17日(日)は、日本付近は冬型の気圧配置となり、上空1500メートル付近にはこのまえと同レベルまたは、この冬一番の寒気が流れ込む見込みで...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

17日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ