トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 第1回 2016年春の花粉飛散予測

第1回 2016年春の花粉飛散予測

2015年10月7日 14時51分


日本気象協会は7日、第1回の「2016年春の花粉飛散予測」を発表しました。今年の春の花粉飛散数は西日本を中心に少なく、東北で多くなりました。来年の春の花粉飛散数は、九州から関東甲信にかけて今年の春と同じか上回る見込みです。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は7日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)を発表しました。
今回の予測は、今年の夏の気象条件などを基に作成しています。今後、花芽調査などのデータを加え、更新していく予定です。

花粉の飛散数は夏の天候次第

花粉の飛散数は、前年の夏の天候が大きく影響します。
前年の夏の天候に、気温が高く・日照時間が多く・雨が少ないといった気象条件が揃うと、花芽が多く形成されるため、翌年の花粉の飛散数が多くなると言われています。

今年の夏の天候

北・東日本と西日本で天候が分かれました。

【気温】
東北、関東甲信・・・7月下旬から8月上旬は太平洋高気圧が強まり、平年より高い。
北陸、東海・・・気温の高い時期と低い時期があったため、平年並み。
近畿から西・・・前線や台風、南からの湿った空気の影響を受けやすく、西日本は2年連続の冷夏。

【日照時間】
北海道から関東甲信、北陸・・・ほぼ平年並み。
東海から西・・・少ない。特に西日本太平洋側では特に少なくなりました。

【降水量】
北海道や東北、北陸・・・平年並みか少ない。
関東甲信から西・・・平年並みか多い。西日本太平洋側はかなり多い。

2016年春の花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
西日本ではほとんどの地域で、多くなるでしょう。東北地方はやや少なくなる見込みです。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北は夏の気象条件が揃ったため、多くなる見込みです。その他の地域では、夏の気象条件が揃わなかったため、例年より少なく、非常に少ない地域もあるでしょう。

なお、東京は今年並み、今年少なかった大阪はおよそ2倍近くになる予想です。

(2015年10月7日 14時51分)

最新の5件

週間天気 まだまだ真冬並みの寒さも NEW!

2月21日 11時36分

あす22日は北海道と東北、北陸では日本海側を中心に雪、太平洋側でも雲が広がりやすいでしょう。あさって23日以降、低気圧や前線が日本海と日本の...  [詳細を見る]

21日 一転 冬の空気に 春遠ざかる

2月21日 6時34分

きょう21日は日本の南海上に前線が延びるでしょう。一方、北日本を中心に、強い寒気の流れ込みが続く見込みです。北海道や東北の日本海側を中心に雪...  [詳細を見る]

明日 全国で冬戻る 寒暖差に注意

2月20日 18時53分

明日(21日)は全国的に冬が戻ります。日本海側は雪や雨で、北海道や東北ではふぶく所もあるでしょう。太平洋側も雲が広がりやすく、関東以西も寒さ...  [詳細を見る]

2月下旬でも真冬の寒さ 東京は一桁

2月20日 16時43分

金メダルのように日差しが輝く「光の春」だけでなく、「気温の春」も待ち遠しい時期ですが、全国的にまだ寒い日が続きそう。東京は、最高気温でも一桁...  [詳細を見る]

春への歩み 今年は遅め

2月20日 16時32分

今年は長引く寒気の影響などで、春への歩みがスローペースとなっています。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ