トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 第1回 2016年春の花粉飛散予測

第1回 2016年春の花粉飛散予測

2015年10月7日 14時51分


日本気象協会は7日、第1回の「2016年春の花粉飛散予測」を発表しました。今年の春の花粉飛散数は西日本を中心に少なく、東北で多くなりました。来年の春の花粉飛散数は、九州から関東甲信にかけて今年の春と同じか上回る見込みです。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は7日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)を発表しました。
今回の予測は、今年の夏の気象条件などを基に作成しています。今後、花芽調査などのデータを加え、更新していく予定です。

花粉の飛散数は夏の天候次第

花粉の飛散数は、前年の夏の天候が大きく影響します。
前年の夏の天候に、気温が高く・日照時間が多く・雨が少ないといった気象条件が揃うと、花芽が多く形成されるため、翌年の花粉の飛散数が多くなると言われています。

今年の夏の天候

北・東日本と西日本で天候が分かれました。

【気温】
東北、関東甲信・・・7月下旬から8月上旬は太平洋高気圧が強まり、平年より高い。
北陸、東海・・・気温の高い時期と低い時期があったため、平年並み。
近畿から西・・・前線や台風、南からの湿った空気の影響を受けやすく、西日本は2年連続の冷夏。

【日照時間】
北海道から関東甲信、北陸・・・ほぼ平年並み。
東海から西・・・少ない。特に西日本太平洋側では特に少なくなりました。

【降水量】
北海道や東北、北陸・・・平年並みか少ない。
関東甲信から西・・・平年並みか多い。西日本太平洋側はかなり多い。

2016年春の花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
西日本ではほとんどの地域で、多くなるでしょう。東北地方はやや少なくなる見込みです。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北は夏の気象条件が揃ったため、多くなる見込みです。その他の地域では、夏の気象条件が揃わなかったため、例年より少なく、非常に少ない地域もあるでしょう。

なお、東京は今年並み、今年少なかった大阪はおよそ2倍近くになる予想です。

(2015年10月7日 14時51分)

最新の5件

雪雲・雨雲の様子(13日夕方)

ねばる冬将軍 交通機関に影響か

12月13日 18時44分

今日(13日)は名古屋や彦根に続いて、夕方には京都や奈良でも「初雪」に。今夜もこの周辺で雪が舞いやすい状態が続きます。あす(14日)の朝は時...  [詳細を見る]

1時間40個!?ふたご座流星群が見頃

12月13日 15時2分

願いごとの準備を!三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が今夜から明日、見頃に。空の暗い場所で観察すれば、多いときで流れ星は1時間に40個程度見...  [詳細を見る]

名古屋など太平洋側でも初雪続々

12月13日 14時15分

今回の寒波の影響で、太平洋側でも初雪ラッシュとなっています。今日(13日)は名古屋からも初雪の便りが届きました。  [詳細を見る]

北海道で記録的大雪 今後は?

12月13日 13時35分

北海道付近は昨日(12日)から強い冬型の気圧配置となり、雪や風が強まりました。昨日一日で函館では37センチの雪が降り、12月としては観測史上...  [詳細を見る]
図は積雪深(13日午前8時現在)

強烈寒波 12月に数年に一度の大雪

12月13日 13時5分

強烈な寒波が襲来中。冬が始まったばかりのこの時期に、数年に一度の大雪になっている所があります。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

14日02:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ