トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 第1回 2016年春の花粉飛散予測


第1回 2016年春の花粉飛散予測

   2015年10月7日 14時51分

日本気象協会は7日、第1回の「2016年春の花粉飛散予測」を発表しました。今年の春の花粉飛散数は西日本を中心に少なく、東北で多くなりました。来年の春の花粉飛散数は、九州から関東甲信にかけて今年の春と同じか上回る見込みです。

日本気象協会の花粉飛散予測

日本気象協会は7日、全国・都道府県別の2016年春の花粉飛散予測(スギ・ヒノキ花粉、北海道はシラカバ)を発表しました。
今回の予測は、今年の夏の気象条件などを基に作成しています。今後、花芽調査などのデータを加え、更新していく予定です。

花粉の飛散数は夏の天候次第

花粉の飛散数は、前年の夏の天候が大きく影響します。
前年の夏の天候に、気温が高く・日照時間が多く・雨が少ないといった気象条件が揃うと、花芽が多く形成されるため、翌年の花粉の飛散数が多くなると言われています。

今年の夏の天候

北・東日本と西日本で天候が分かれました。

【気温】
東北、関東甲信・・・7月下旬から8月上旬は太平洋高気圧が強まり、平年より高い。
北陸、東海・・・気温の高い時期と低い時期があったため、平年並み。
近畿から西・・・前線や台風、南からの湿った空気の影響を受けやすく、西日本は2年連続の冷夏。

【日照時間】
北海道から関東甲信、北陸・・・ほぼ平年並み。
東海から西・・・少ない。特に西日本太平洋側では特に少なくなりました。

【降水量】
北海道や東北、北陸・・・平年並みか少ない。
関東甲信から西・・・平年並みか多い。西日本太平洋側はかなり多い。

2016年春の花粉飛散数

【今年と比べた花粉飛散数】
西日本ではほとんどの地域で、多くなるでしょう。東北地方はやや少なくなる見込みです。

【例年と比べた花粉飛散数】
東北は夏の気象条件が揃ったため、多くなる見込みです。その他の地域では、夏の気象条件が揃わなかったため、例年より少なく、非常に少ない地域もあるでしょう。

なお、東京は今年並み、今年少なかった大阪はおよそ2倍近くになる予想です。

(2015年10月7日 14時51分)

最新の5件

8月~10月の北海道

北海道の8月~10月 秋の訪れが遅い NEW!

7月25日 18時8分

25日、札幌管区気象台は北海道地方の3ヶ月予報を発表しました。 北海道の8月~10月は、気温は平年より高く、降水量は平年並みか多い予想です。...  [詳細を見る]

九州 残暑長引きそう NEW!

7月25日 17時17分

きょう、気象台から、8月~10月の3か月予報が発表されました。 九州はこの先3か月を通して気温が高く、本格的な秋の訪れは遅くなりそうです。  [詳細を見る]

関東 9年ぶりヒンヤリにだまされるな NEW!

7月25日 16時39分

東京の今日の午後3時までの最高気温は27度9分で、6日連続で真夏日になっていません。7月後半に6日以上連続で真夏日にならないのは9年ぶりです...  [詳細を見る]

地震相次ぐ 伊豆大島近海

7月25日 13時59分

24日未明から、伊豆大島近海で地震が相次いでいます。以下、詳しい内容です。  [詳細を見る]

石垣空港から竜巻を目撃

7月25日 10時37分

午前9時45分頃、石垣空港付近の海上で竜巻などの激しい突風が発生したと見られます。以下詳しい内容です。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持
    • 持田 浩
    • 持田 浩
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士
    • 筒井幸雄
    • 筒井幸雄
    • [日本気象協会関西支社]気象予報士
    • 田嶌 恵
    • 田嶌 恵
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 熱中症予防指導員

今日の天気(全国)

25日16:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ