トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 週間天気 冬将軍は二度来る

週間天気 冬将軍は二度来る

2017年11月15日 12時17分

安西浩子安西浩子
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員 ファスティングアドバイザー

今週は冬将軍が二度やってきます。一度目は今夜から明日、二度目は日曜日です。日本海側は雨や雪となり、東日本と西日本の標高の高い所は雪が降ったり、積雪する所もあるでしょう。

あすの天気

あすの木曜日は、冬型の気圧配置が続き、上空5000メートル付近には強い寒気が流れ込むでしょう。どれくらいかというと、北海道の上空で氷点下36度以下、東北の上空で氷点下30度くらい、関東の上空で氷点下25度くらいで、これは真冬並みといえる寒気です。日本海側を中心に大気の状態が不安定になるため、局地的にカミナリ雲が発達するでしょう。北海道は平地は広く雪が降り、東北や北陸、山陰の平地でも雪の降る所がある見込みです。東北や東日本の標高の高い所や山沿いでは積雪する所がありますので、車を運転される方は滑り止めを用意しておくと良さそうです。

<各地の詳しい天気>
北海道の日本海側は雪が降ったり止んだりするでしょう。東北の日本海側や北陸の平地でも雪が交じるかもしれません。雨や雪が降ったり止んだりで、雷を伴う所がありそうです。山陰地方は雲が多いですが、雨や雪は明け方にはやむでしょう。九州北部は昼頃まで雲が多く、朝までは雨の降る所がある見込みです。一方、太平洋側の各地は晴れて、空気が乾くでしょう。ただ、寒気が強いため、北海道や東北では雪が舞ったり、雨の降る所がありそうです。そして、あすの朝は冷え込むでしょう。最低気温は北海道は0℃前後、東北は5度前後まで下がりそうです。関東から九州も10度以下の所が多いでしょう。この秋以降一番の冷え込みになる所がありそうです。日中の最高気温も、ほぼ全国的にきょうより3度前後低くなる予想です。

あさって以降の週間天気

あさって金曜日は西から気圧の谷が近づき、湿った空気が流れ込んでくる見込みです。初めは晴れる所もありますが、次第に雲が多くなり、西日本では雨の降り出す所がありそうです。土曜日は、再び低気圧や前線が通過するため、全国的に雨が降る見込みです。日曜日は、冬型の気圧配置が強まり、今回よりも一段と強い寒気が流れ込んでくるでしょう。日本海側は雨や雪で、東北や北陸の平地でも雪になる見込みです。東日本と西日本の標高の高い所は積雪する恐れがあるでしょう。峠を越える方は十分にご注意下さい。さらに、日中の気温は低く、全国的に師走並みの寒さになる見込みです。日曜日から月曜日は冬の厚手のコートが必要になりますので、寒さの準備を早めにしておくと良さそうです。

(2017年11月15日 12時17分)

最新の5件

東京の雪 帰宅時や朝の通勤時の影響は NEW!

1月21日 7時25分

月曜の昼頃から東京で降り始める雪。帰宅ラッシュ時は既に積もっている可能性。火曜の朝は路面凍結の恐れ。  [詳細を見る]

「強烈寒波」 23日以降大荒れ

1月20日 18時40分

関東に雪をもたらす南岸低気圧は、23日(火)にかけて急速に発達。その後、冬型の気圧配置が強まる。雪の範囲は日本海側へ移り、大雪になる所も。全...  [詳細を見る]
2014年2月14日の大雪(練馬区内にて撮影)

月曜の関東 雪の降る時間と影響は

1月20日 16時55分

22日(月)の関東地方は、早い所では昼頃から本格的に雪が降りだし、夜の帰宅時は平野部でも積雪か。23日(火)朝の通勤時も凍結や積雪により交通...  [詳細を見る]

「南岸低気圧」 大雪のおそれ

1月20日 16時3分

22日(月)は南岸を通る低気圧の影響で、関東や東北の太平洋側を中心に雪となりそうです。関東では平野部でも積雪、東北の太平洋側では夜は雪でふぶ...  [詳細を見る]

「大寒」だけど3月並み 春の陽気

1月20日 15時27分

きょう20日(土)は二十四節気のひとつ「大寒」ですが、きょう20日の最高気温は全国的に平年と同じか高く、3月並みの気温となった所が多くなりま...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日08:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ