トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 不安定な天気 太平洋側も所々で雪や雨

不安定な天気 太平洋側も所々で雪や雨

2016年2月9日 9時31分

安西浩子安西浩子
[日本気象協会本社] 気象予報士 ファスティングアドバイザー

気象衛星

気象衛星

きょうは北海道と本州は大気の状態が不安定になり、日本海側では雷を伴う所もあるでしょう。強く降ったり、落雷や突風の恐れがあるので注意が必要です。太平洋側も一時的に雨や雪が降る変わりやすい天気でしょう。

日本海側は雷を伴い強く降る恐れも

きょうは北海道に低気圧が近づき、上空に寒気を伴った気圧の谷が本州を通過するでしょう。北海道と本州付近は大気の状態が不安定になりそうです。北海道は広く雪が降り、ふぶく所があるでしょう。日本海側では昼過ぎまで雷を伴う所がありそうです。東北の日本海側や北陸から山陰にかけても雪や雨が降るでしょう。こちらも、ふぶいたり、雷を伴って強く降る所がありそうです。積乱雲が発達しやすいので、落雷や突風の恐れがあるでしょう。風も強まってきますので、車の運転などは注意してください。

太平洋側も所々でにわか雪や雨

一方、東北から四国にかけての太平洋側は日差しは出ますが、一時的に雲が広がりやすいでしょう。所々でにわか雪やにわか雨があるかもしれません。きょうの外出には雨具があると安心です。傘が必要になりそうな時間帯は四国や山陽は朝までですが、近畿や東海、関東、東北は昼前から夕方にかけてとなりそうです。四国や近畿では落雷や突風の恐れもありますので、空模様の変化にご注意ください。九州や沖縄は晴れるでしょう。

関東は寒暖の差が大きいので注意

最高気温は関東から北で、きのうより高く、3月上旬から中旬並みの所が多くなるでしょう。札幌はきのうより6度高い4度の予想で、5日ぶりに真冬日から解放されそうです。東京や横浜、千葉などの関東南部は13度くらいまで上がり、春先の陽気になるでしょう。ただ、関東は午後は寒気が流れ込んでくるため、北部の山沿いは雪が降り出し、平野部でも夜は風が冷たくなってきそうです。昼間と夜との寒暖の差が大きくなりますから、夜まで外出される方は油断せずに厚手のコートを羽織って出かけた方が良さそうです。東海や西日本はきのうと同じくらいで、10度前後の予想です。名古屋は9度と、寒さが続くでしょう。那覇は19度で、きのうより3度高く、過ごしやすくなりそうです。

(2016年2月9日 9時31分)

最新の5件

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

冬将軍 週明けにまた襲来

1月21日 16時36分

22日(日)に低気圧や前線が日本列島を通過したあと、強い寒気が流れ込むでしょう。また冬の嵐になりそうです。  [詳細を見る]

関東 強い北風 都心19.8メートル

1月21日 16時9分

関東地方は北よりの風が強まっており、都心は午後1時過ぎに最大瞬間風速19.8メートルを観測しました。午後6時頃にかけて強い風に注意が必要です...  [詳細を見る]

長野周辺はドカ雪 群馬北部にも雪雲

1月21日 14時9分

長野県の小谷村では、わずか半日で50センチ近い雪が積もりました。また、菅平高原の正午の積雪は122センチと、1月の最深積雪の記録を更新。群馬...  [詳細を見る]

東北の太平洋沿岸部 積雪が急増

1月21日 12時38分

岩手県では沿岸部で積雪が一気に増えています。久慈市や岩泉町ではわずか半日で約20センチの雪が積もりました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

22日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ