トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 日本列島 暴風雪に警戒

日本列島 暴風雪に警戒

2016年1月20日 8時39分

安西浩子安西浩子
[日本気象協会本社] 気象予報士 ファスティングアドバイザー

名古屋の今朝の様子

名古屋の今朝の様子

けさは名古屋で雪が降り、午前6時の積雪は5センチとなっています。きょうは全国的に風が強まり、日本海側は大雪や猛吹雪に警戒。太平洋側にも雪雲が流れ込み、平野部でも積もる所があるでしょう。

けさの姫路城の雪景色

(撮影:日本気象協会関西支社 櫻井雪彦)

日本海側は山沿いを中心に大雪 太平洋側でも所々で雪

きょうは北海道の東で発達した低気圧の動きが遅くなり、日本列島は冬型の気圧配置が強まります。北西の風が全国的に強まり、日本海側は大雪や吹雪に警戒が必要です。 午前7時現在の積雪ですが、青森県八甲田山系の酸ヶ湯は219センチとなっており、山形県金山では午前7時までの24時間に49センチの雪が降りました。昨日からすでに大雪になっている所もあり、さらに積雪が増えるでしょう。急に雪が増えると雪崩が発生しやすくなりますので、傾斜地では注意や警戒が必要です。

一方、太平洋側も雪雲が流れ込みやすいため、山沿いは大雪になる所があるでしょう。平野部でも積雪する所がある見込みです。東日本や西日本では湿った雪となるため、着雪により停電などが発生するかもしれません。備えをしておくと良さそうです。

また、北海道の東部も低気圧の影響で、大雪となっています。遠軽町白滝では午前7時までの24時間に91センチの雪が降りました。東部の雪は朝までがピークで、日中は次第に弱まるでしょう。ただ、引き続き高潮や高波に警戒して下さい。

全国的に暴風に警戒

全国的に北西の風が強く吹くでしょう。沿岸部は突風が吹いて、車が横転するくらいの風が吹く恐れもあります。車の運転は無理のないようにしましょう。強い風は、西から次第に緩んできますが、東北や北海道はあすにかけても続く見込みです。

(2016年1月20日 8時39分)

最新の5件

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

冬将軍 週明けにまた襲来

1月21日 16時36分

22日(日)に低気圧や前線が日本列島を通過したあと、強い寒気が流れ込むでしょう。また冬の嵐になりそうです。  [詳細を見る]

関東 強い北風 都心19.8メートル

1月21日 16時9分

関東地方は北よりの風が強まっており、都心は午後1時過ぎに最大瞬間風速19.8メートルを観測しました。午後6時頃にかけて強い風に注意が必要です...  [詳細を見る]

長野周辺はドカ雪 群馬北部にも雪雲

1月21日 14時9分

長野県の小谷村では、わずか半日で50センチ近い雪が積もりました。また、菅平高原の正午の積雪は122センチと、1月の最深積雪の記録を更新。群馬...  [詳細を見る]

東北の太平洋沿岸部 積雪が急増

1月21日 12時38分

岩手県では沿岸部で積雪が一気に増えています。久慈市や岩泉町ではわずか半日で約20センチの雪が積もりました。  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

22日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ