トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東以北の太平洋側 大雪に警戒

関東以北の太平洋側 大雪に警戒

2016年1月18日 9時49分

安西浩子安西浩子
気象予報士 ファスティングアドバイザー

画像:18日午前7時、広瀬川(仙台)にかかる旧愛宕橋付近の様子

画像:18日午前7時、広瀬川(仙台)にかかる旧愛宕橋付近の様子

都心では午前6時に積雪は6センチとなりましたが、午前7時には雨に変わり、雪は少し解けてきました。関東の内陸は昼ごろまで大雪に警戒、さらにこの後は、東北と北海道の太平洋側でも大雪に警戒が必要です。

東北や北海道の太平洋側も大雪に警戒

きょうは本州の南の海上を低気圧が発達しながら進んでいます。

午前8時、都心の雪は雨に変わっていています。積雪は午前6時に6センチでしたが、午前8時は4センチです。また、前橋は16センチ、宇都宮は4センチ、甲府11センチ、河口湖38センチとなっています。積雪や路面の凍結により交通障害が発生していますので、外出の際は時間に余裕をもってお出かけ下さい。

関東の内陸では昼ごろまで雪が続くため、このあとも大雪に警戒してください。次第に、雪の中心は東北の太平洋側に移り、夕方以降は北海道の東部でも大雪に警戒が必要です。

一方、北陸や東海から九州にかけては雨の所もありますが、午後は寒気が流れ込んでくるため、次第に雪に変わるでしょう。今夜からあす19日にかけては、冬型の気圧配置が強まるため、西日本の日本海側でも大雪になる恐れがあるでしょう。西日本の太平洋側や東海にも雪雲が流れ込み、積雪となる所がある見込みです。

今夜から明日以降は日本海側で大雪

あす朝までに予想される降雪量とその後、
あす午前6時から明後日の午前6時までに予想される降雪量です。
あすから明後日は日本海側で大雪に警戒です。

夕方以降は全国的に大荒れ

きょうの夕方以降、あすにかけては全国的に風が強まり、大荒れになる予想です。
雪だけでなく、外出の際は風にも十分に注意して下さい。

(2016年1月18日 9時49分)

最新の5件

台風の予想進路図

台風10号 再び大型 東北が暴風域に NEW!

8月30日 13時21分

強い台風10号は、正午に再び「大型」になりました。東海から東北北部が広く強風域に入っており、午後1時頃には東北南部の一部が暴風域に入ったと見...  [詳細を見る]
台風情報

台風10号 関東沖から東北へ

8月30日 9時30分

強い台風10号は、関東の東海上を北上していて、午前8時には宮城県から福島県の一部が台風の強風域に入っています。このあとも台風は北上を続け、昼...  [詳細を見る]
気象衛星と雨雲レーダー合成図

台風は寒気の影響を受けて強まる恐れも

8月30日 9時9分

関東甲信地方のピークは午前中です。昼前までは雷を伴い激しく降る所があるでしょう。東北は昼過ぎから荒れてきそうです。台風の北上とともに、寒気の...  [詳細を見る]
長野県内の雨雲の様子

長野県に土砂災害警戒情報

8月30日 7時33分

大雨のため、長野県川上村では土砂災害の危険度が非常に高くなっています。土砂災害に厳重な警戒が必要です。  [詳細を見る]
台風進路図

台風10号 今後の雨と風の見通し

8月30日 6時22分

強い台風第10号は、昼過ぎから夕方にかけて東北地方に接近し、上陸するおそれがあります。台風の接近に伴い、北日本では海上を中心に猛烈な風が吹き...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士
    • 住友 静恵
    • 住友 静恵
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 北海道防災教育アドバイザー 理科教員免許所持
    • 持田 浩
    • 持田 浩
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士

今日の天気(全国)

30日12:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS7.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ