トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 関東以北の太平洋側 大雪に警戒

関東以北の太平洋側 大雪に警戒

2016年1月18日 9時49分

安西浩子安西浩子
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員 ファスティングアドバイザー

画像:18日午前7時、広瀬川(仙台)にかかる旧愛宕橋付近の様子

画像:18日午前7時、広瀬川(仙台)にかかる旧愛宕橋付近の様子

都心では午前6時に積雪は6センチとなりましたが、午前7時には雨に変わり、雪は少し解けてきました。関東の内陸は昼ごろまで大雪に警戒、さらにこの後は、東北と北海道の太平洋側でも大雪に警戒が必要です。

東北や北海道の太平洋側も大雪に警戒

きょうは本州の南の海上を低気圧が発達しながら進んでいます。

午前8時、都心の雪は雨に変わっていています。積雪は午前6時に6センチでしたが、午前8時は4センチです。また、前橋は16センチ、宇都宮は4センチ、甲府11センチ、河口湖38センチとなっています。積雪や路面の凍結により交通障害が発生していますので、外出の際は時間に余裕をもってお出かけ下さい。

関東の内陸では昼ごろまで雪が続くため、このあとも大雪に警戒してください。次第に、雪の中心は東北の太平洋側に移り、夕方以降は北海道の東部でも大雪に警戒が必要です。

一方、北陸や東海から九州にかけては雨の所もありますが、午後は寒気が流れ込んでくるため、次第に雪に変わるでしょう。今夜からあす19日にかけては、冬型の気圧配置が強まるため、西日本の日本海側でも大雪になる恐れがあるでしょう。西日本の太平洋側や東海にも雪雲が流れ込み、積雪となる所がある見込みです。

今夜から明日以降は日本海側で大雪

あす朝までに予想される降雪量とその後、
あす午前6時から明後日の午前6時までに予想される降雪量です。
あすから明後日は日本海側で大雪に警戒です。

夕方以降は全国的に大荒れ

きょうの夕方以降、あすにかけては全国的に風が強まり、大荒れになる予想です。
雪だけでなく、外出の際は風にも十分に注意して下さい。

(2016年1月18日 9時49分)

最新の5件

22日 厳しい冷え込み この冬一番も NEW!

2月21日 19時6分

22日の朝は、全国的に21日より冷え込みが強まるでしょう。2月も下旬ですが、盛岡など北日本ではこの冬一番の冷え込みになる所もありそうです。  [詳細を見る]

北海道 全地点で真冬日!?

2月21日 16時48分

今日(21日)の道内は、上空に真冬並みの寒気が流れ込んでいる影響で、日中の気温の上がり方が鈍くなっています。午後3時までの最高気温は各地で氷...  [詳細を見る]

桜はいつ咲く? 日本気象協会予想

2月21日 16時1分

日本気象協会は2018年の桜開花予想(第2回)を発表。平年並みの所が多いでしょう。桜前線は宮崎・熊本・高知で3月20日にスタートし、東京都心...  [詳細を見る]

春遠く 夜は関東も雪舞う冷え込み

2月21日 15時20分

季節は真冬に逆戻り、春は遠のいています。関東地方は今夜も雲に覆われ、沿岸部を中心に雪の降る所も。明日(22日)も午後は雲に覆われ、北部を中心...  [詳細を見る]

週間天気 まだまだ真冬並みの寒さも

2月21日 11時36分

あす22日は北海道と東北、北陸では日本海側を中心に雪、太平洋側でも雲が広がりやすいでしょう。あさって23日以降、低気圧や前線が日本海と日本の...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

21日18:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ