トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 来春の花粉は 前年比で東京は2倍以上

来春の花粉は 前年比で東京は2倍以上

2014年10月8日 23時32分

安西浩子安西浩子
[日本気象協会本社] 気象予報士 熱中症予防指導員 ファスティングアドバイザー

日本気象協会は、来シーズン(2015年春)の花粉飛散予測を発表しました。昨シーズン(2014年春)の飛散数に比べると、特に、関東や東北では非常に多くなる所がある見込みです。東海、北陸や近畿も多い予想です。中国、四国や九州はほとんどの所が少ないと予想しています。

●2014年夏の天候が飛散数を左右する

花粉の飛散数は前年の夏の気象条件が大きく影響します。
一般に、「気温が高い」「日照時間が多い」「雨が少ない」と、花粉のもとになる花芽が多く形成され、
翌シーズンの花粉の飛散数は多くなります。

2014年の夏は太平洋高気圧の西への張り出しが弱く、
日本付近には湿った空気が流れ込みやすい状態でした。
●雨は、九州から四国、中国で雨の所が多く、豪雨による災害も発生しました。
●日照時間は、九州から東海では、いわゆる「日照不足」でした。
●気温は、「北暑西冷」と表現できる傾向で、福岡と広島など猛暑日の回数がゼロという所もありました。
こうした夏の気象条件から、特に、九州や四国、中国は花芽は形成されにくい気象条件になりました。
こうしたことから、来シーズン(2015年春)の飛散数は、前年(2014年春)に比べると、九州と中国・四国は少ない予想です。
しかし、近畿から東北にかけては多くなる見込みで、特に関東や東北では非常に多くなる所があると予想されます。
大阪はおよそ1.5倍、東京では2倍を超えると予想されます。

日本気象協会では、来シーズンも皆様のお役に立つ「花粉飛散予測」や「花粉情報」をお届けする予定です。

(2014年10月8日 23時32分)

最新の5件

月~火曜は「南岸低気圧」 雪の影響は

2月18日 19時8分

19日(月)~20日(火)、低気圧が本州の南岸を東へ進む見込み。太平洋側でも雪の降る所がありそう。20日(火)朝の通勤通学時は路面凍結に要注...  [詳細を見る]

札幌の寒さ 5年ぶりの厳しさに

2月18日 18時16分

今日(18日)の北海道付近は上空に強い寒気が流れ込んだ影響で気温が上がらず、午後3時までの最高気温は道内全地点が氷点下となっています。 札幌...  [詳細を見る]

今週の天気 太平洋側も晴れは少ない

2月18日 15時8分

19日(月)から20日(火)は本州の南を低気圧が東へ進むため、九州から関東の太平洋側を中心に広く雨や雪。この先は太平洋側も雲の広がる日が多く...  [詳細を見る]

各地で真冬の寒さ 北は猛吹雪

2月18日 7時38分

今日も北海道や東北、北陸は荒れた天気。その他は晴れるが空気は冷たい。きのうの日中寒さが和らいだ関東も、真冬並みに。  [詳細を見る]

全国で極寒 猛吹雪・暴風・高波に警戒

2月17日 18時40分

18日(日)は強い冬型の気圧配置となり、北日本の上空に強烈な寒気が居座る。関東の上空にも寒気が流れ込み、全国の広い範囲で厳しい寒さ。北日本や...  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

19日00:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ