トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 滝のような雨 看板を飛ばす暴風

滝のような雨 看板を飛ばす暴風

2016年2月20日 9時23分

相原 恵理子相原 恵理子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

図でわかる21日にかけて予想される雨と風

図でわかる21日にかけて予想される雨と風

活発な雨雲が昼過ぎには九州から東北まで拡大。太平洋側沿岸部は滝のように非常に激しく降る恐れ。東・北日本は瞬間的に看板が落下する程の暴風。北海道は夜から湿った大雪。

局地的に滝のように降る 総雨量200ミリ超え

【気圧配置】
きょう(20日:土曜日)からあす(21日:日曜日)にかけて低気圧が発達しながら太平洋沿岸を沿うようにして北東へ進むでしょう。

【予想されること】
低気圧の動きが速いため、急に雨や風が強まることが予想されます。
低気圧周辺は大気の状態が非常に不安定で、活発な雨雲が発生しやすくなります。
低気圧の進むコースに近い太平洋側ほど活発な雨雲がかかりやすいため、大雨となる恐れがあります。

【予想される雨の強さ(太平洋側で局地的に)】
1時間雨量50ミリ以上(滝のようにゴーゴーと非常に激しく降る)
⇒水しぶきであたり一面が白っぽくなることがある。都市部では地下街などに雨水が流れ込む場合がある。また短い時間に激しく降ると道路が冠水することも。

【予想される24時間雨量~あす(21日:日曜日)の午前6時まで~】
東海250ミリ、関東甲信、四国、近畿180~150ミリ
九州南部、東北、伊豆諸島、奄美地方120~100ミリ
⇒土砂災害、低い土地の浸水、川の増水が起こる危険性が高まります。

瞬間的に看板が落下する程の暴風 海上は大しけ

全国的に風が強いですが、特に東海、関東、東北、北海道で非常に強く吹く恐れがあります。

【予想される風の強さ】
最大瞬間風速35メートル
⇒何かに掴まらないと立っていられない程。看板が落下したり道路標識が傾いたり、細い木の幹が折れたりすることも。走行中の車は通常の速度で運転するのが困難なほど。

発達した雨雲の下では竜巻などの激しい突風が吹くこともあるため、注意が必要です。

今夜から北海道は湿った大雪、猛吹雪

低気圧が北海道東部を進むのはあす(21日:日曜日)の朝です。
北海道は夜から雪が降り、あすにかけて太平洋側東部(釧路地方や根室地方など)では湿った雪が一気に降る所があるでしょう。湿った雪での大雪の恐れがあります。今後の情報にご注意ください。

(2016年2月20日 9時23分)

最新の5件

ムシムシ暑い北海道!

北海道 蒸し暑さが続く!

6月28日 19時38分

この先一週間、北海道では蒸し暑い日が続きそうです。熱中症や食中毒には注意が必要です。  [詳細を見る]

関東 7月初めは猛暑 熱中症厳重警戒

6月28日 18時57分

もうすぐ7月。関東では7月3日(月)から4日(火)をピークに、今年一番の体にこたえる暑さに見舞われそうです。群馬県や埼玉県など暑さで有名な所...  [詳細を見る]

週末から酷暑 まだ実感わかない37度

6月28日 16時37分

週末から真夏のような暑さに。真夏日地点は全国のアメダスの半数以上にのぼり、37度まで気温の上がる所も。東京都心では夜も気温が下がりにくく、熱...  [詳細を見る]

6月の九州 北は少雨、南は多雨

6月28日 15時59分

6月下旬に入り、九州は梅雨前線の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続いています。今月の降水量は、九州南部は平年並みか平年より多くなっていますが...  [詳細を見る]

梅雨入り後の雨の量は?

6月28日 15時2分

九州から関東は梅雨入りから20日ほどたっていますが、太平洋側と日本海側で雨の量が大きく違っています。  [詳細を見る]

今日の天気(全国)

28日22:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.4以上

このページの先頭へ