トップ > 日直予報士 > 記事概要 > 寒暖差が極端 関東で雪の舞う所も

寒暖差が極端 関東で雪の舞う所も

2016年2月14日 18時10分

相原 恵理子相原 恵理子
[日本気象協会本社]気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

図でわかる15日にかけての注意点

図でわかる15日にかけての注意点

15日は日本海側で雪や吹雪。太平洋側も雲が多い。最高気温は札幌で氷点下。九州から近畿も10度未満。汗ばむ程の気温から一転、関東は午後に所々で雨。雪がまじることも。

冬将軍が春の空気を追い出し、再び列島へ

15日は西高東低の冬型の気圧配置。上空には寒気が流れ込んできます。
日本海側の各地は雪や雨で、特に北海道から東北にかけての日本海側はふぶく所がありそうです。
太平洋側の各地もすっきり晴れる所は少なく、雲が広がりやすいでしょう。
昼過ぎ以降は四国や近畿、関東南部の所々で雨や雪が予想されています。
汗ばむくらいまで気温が上がった14日から一転、雨に雪がまじるほどの冷たい空気に入れ替わるということになります。

14日との気温差は15度以上の所も、15日は冬用の上着で

15日は寒くなります。いったん暖かさを味わった後ですので、体に堪えるでしょう。
最高気温は鹿児島や福岡、広島など九州や中国地方はほとんどで10度未満。
四国や近畿、東海、関東も10度に届くか届かないかくらいです。
北陸や信越、東北は3度前後でしょう。北海道は氷点下で真冬日になる所が多い予想です。

冷たい空気を運んでくるのは北または西よりの風。暴風とまではいきませんが、
強めに吹くため、実際の気温よりもさらに寒く感じられるでしょう。

18日頃から再び春の空気

この先も、冬と春を行ったり来たりと落ち着かない季節感を味わうことになりそうです。
18日から19日頃は日本付近に南風が入ります。この南風が春の空気を運ぶでしょう。
20度を超えるとまではいきませんが、
最高気温は九州から関東で17度前後と4月並みの所もあるでしょう。東北や北海道も寒さが和らぎます。

雪の残っている所は、融けたり凍ったりを繰り返し、路面状況が悪くなりそうです。
車の運転、足元にお気をつけ下さい。
極端な気温の変化で、体調を崩さないようにご注意下さい。

(2016年2月14日 18時10分)

最新の5件

今週の天気(1月23日~1月29日)

今週の天気 週前半は冬の嵐 大雪警戒 NEW!

1月22日 19時0分

24日(火)まで日本海側を中心に冬の嵐。大雪に警戒。27日(金)は再び西から天気が下り坂へ。  [詳細を見る]
22日午後2時ごろの札幌

札幌 記録的に雪が少ない? NEW!

1月22日 18時19分

今日(22日)の北海道は、低気圧の接近によって強い雪が降っています。 札幌でも一時、見通しが悪くなるほどの強い雪になりましたが、午後6時まで...  [詳細を見る]
予想天気図

23日 通勤の朝 大阪中心部も雪

1月22日 16時40分

23日は全国で気温低く、北風強く、厳寒。九州から近畿の太平洋側も雪予想。大阪は朝の通勤時と重なりそう。  [詳細を見る]

22日 九州は平地でも積雪

1月22日 8時37分

きょうは寒冷前線が本州付近を通過。九州では山沿いを中心に大雪となり、平地でも積雪のおそれがあります。また、低気圧が近づく北海道は次第に冬の嵐...  [詳細を見る]

冬の嵐 月曜の朝は太平洋側も雪か

1月21日 18時32分

22日から23日にかけては再び冬の嵐となるでしょう。西日本まで強い寒気が流れ込むため、23日の朝には西日本の太平洋側にも雪雲がかかる可能性が...  [詳細を見る]

日直予報士一覧

    • 南保 勇人
    • 南保 勇人
    • [日本気象協会北海道支社] 気象予報士 第二種電気工事士
    • 松井 渉
    • 松井 渉
    • [日本気象協会九州支社]気象予報士 防災士
    • 篠原 正
    • 篠原 正
    • [日本気象協会本社]気象予報士 防災士
    • 佐藤雅義
    • 佐藤雅義
    • [日本気象協会北海道支社]気象予報士 第一級小型船舶操縦士

今日の天気(全国)

22日20:00発表

全国のコンテンツ

iPhoneアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
iPadアプリ App Storeからダウンロード
推奨環境:iOS8.0以降
Androidアプリ Google playからダウンロード
推奨環境:Android4.2.2以上

このページの先頭へ